出典: 西野亮廣/「映画 えんとつ町のプペル」製作委員会

世界累計60万部を突破、世界中で愛される、絵本「えんとつ町のプペル」が構想8年の時を経てついに映画化。
この度『映画 えんとつ町のプペル』12月25日(金)全国公開を記念して「えんとつ町のプペル光る絵本展in六本木ヒルズ」の開催が決定したというニュースが届きました!

六本木ヒルズがえんとつ町色に染まる

2019年には東京タワーや、日本人アーティスト初となるエッフェル塔での個展開催もされた『にしのあきひろ 光る絵本展』。今回は『映画 えんとつ町のプペル』全国公開記念開催として、キングコング・西野亮廣の絵本作品合計105点が巨大LEDパネルで展示され、光と音の幻想的な空間が広がります。
会場内では、プペルバスのプロジェクションマッピング投影や、SHIBUYA FREE COFFEEの提供、西野の絵本や映画関連本の物販もされるのだとか!

移動式個展会場も登場

「『えんとつ町のプペル』の光る絵本展を “個展に行けない子供たちにも見せてあげたい”」。この想いから生まれた移動できる個展会場『プペルバス』。
今回は夜間(19:00~22:00)に”プロジェクションマッピング”を使った光り輝く演出をお楽しみ頂けます。

同作の星空のシーンでラッピングされた『星空のバス』もあわせて展示します。

また、えんとつ町の住人が飲んでいるコーヒーをイメージして作られたSHIBUYA CHIMNEY COFFEEは、ラオスの貴重な豆を使用したスペシャルティコーヒー。ラオスの支援にも繋がっています。
このコーヒーを、知らない誰かにギフトできる権利を販売し、サロンメンバーのお店で渋谷フリーコーヒーとして無料提供していますが、今回はクリスマスギフトとして数量限定で無料配布されます。

イベント概要

『えんとつ町のプペル光絵本展in六本木ヒルズ』

期間:12月24日(木)~12月26日(土) 11:30-22:30
会場:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6-10-1)
料金:入場無料
主催:株式会社NISHINO
制作:吉本興業株式会社

物販ラインナップ

「映画 えんとつ町のプペル」ムビチケ前売り券(カード)(24日のみ)
「えんとつ町のプペル」(幻冬舎) 価格 2000円+税
「チックタック~約束の時計台~」(幻冬舎) 価格 2000円+税
「ほんやのポンチョ」(幻冬舎) 価格 1500円+税
「別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣 特装版」(カドカワムック) 価格 1818円+税
「ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある」(KADOKAWA) 価格 1400円+税

作品概要

『映画 えんとつ町のプペル』

出典: 西野亮廣/「映画 えんとつ町のプペル」製作委員会

12月25日(金)より全国公開
声のキャスト:窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、伊藤沙莉、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉/ 國村隼
製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣
監督:廣田裕介
オープニング主題歌:「HALLOWEEN PARTY -プペル Ver.-」 HYDE (Virgin Music)
エンディング主題歌:「えんとつ町のプペル」ロザリーナ(ソニー・ミュージックレーベルズ)
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:吉本興業株式会社
配給:東宝=吉本興業
映画コピーライト: ©西野亮廣/「映画 えんとつ町のプペル」製作委員会
原作:「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著(幻冬舎刊)
原作コピーライト:©AKIHIRO NISHINO, GENTOSHA 2016
公式サイトはこちらから!


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」