デビュー25周年を迎えたミュージカル界のスター・海宝直人が、記念アルバム『Break a leg!』を発売しました。昨年のNHK連続テレビ小説『エール』出演や、1月27日(水)に始まるミュージカル『イリュージョニスト』(コロナ禍の影響で期間の延期・短縮と演出を変更して公演)主演など、まさに脂がのった活躍ぶりを見せている海宝に、今回のアルバムの聴きどころについてはもちろん、コロナ禍を経た自分、そして今後の夢に至るまで幅広く語ってもらいました!

端正な顔立ちと、あたたかみのある天性の歌声。海宝直人は、その2つを兼ね備えた稀有なミュージカル俳優です。これまで、『ライオンキング』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『アラジン』などの名だたるミュージカル作品に出演し、その実力は折り紙付き。最近では、NHK連続テレビ小説『エール』にオペラ歌手役で出演して話題を呼び、さらに1月27日に始まる日英共同制作のミュージカル『イリュージョニスト』では、コロナ禍の影響で一部公演の中止と公演開始時期の延期、演出内容もコンサートバージョンに変更されるなどしたものの、世界初演作の主演として国内外での評価はますます高まっています。

デビューは、7歳のときに出演した劇団四季『美女と野獣』のチップ役。それから25年、32歳になったいま、舞台芸能活動25周年を記念したニューアルバム『Break a leg!』 (ブレイク・ア・レッグ)を昨年12月2日(水)に発売しました。今回は、そんな海宝直人の“現在地”に迫りました。

“いまの自分”が投影されたニューアルバム

――さっそくですが、新作『Break a leg!』はどんなアルバムに仕上がりましたか?

ひと言でいうなら、「いまの自分」ですね。2020年はコロナ禍の影響で、出演するはずだった舞台がなくなったり、そういう“不測の事態”が起きたわけですが、時間ができたことで、かなり自分を見つめ返せたなと思うんです。歌に関しても、自分の表現をより客観視してブラッシュアップできた期間だった。そういう意味では、自分にとっての新しい発見や、練習してきたこと、これから表現したいことなど、いまの自分の集大成がここに詰まっていると思います。

――新型コロナの影響で生の舞台から離れていた期間は、どんな気持ちでしたか?

何年かぶりにこれだけ時間が急にできた。それこそ自分を見つめ直して、自分の時間が持てる期間でもありました。そういうなかで、コロナ禍でなければ始められなかったであろう配信のトーク番組や、リモートセッションは新しいチャレンジだったと思っています。

もちろん、自分が出演するはずだった公演がなくなった瞬間は悔しさがありましたけど、あまりネガティブになるようなことはなかったです。

アルバムタイトルは舞台の合言葉

――25年の舞台生活のなかで、数えきれないほどのステージを踏んできました。今回のアルバムでは、そのなかから厳選して10曲(初回生産限定盤は11曲)を選んだわけですね。

そうですね、タイトルの『Break a leg!』という言葉。これは舞台に出る前にお互いに掛け合う言葉なんです。「GOOD LUCK(幸運を!)」という意味合いで使われているんですが、そういう元気づけたり、思いをシェアしたり、寄り添ったりということをコンセプトにしています。

――とくにMV(ミュージックビデオ)が公開されている、8曲目の「Defying Gravity由を求めて」は圧倒的な表現力です。

いろいろあるミュージカルのなかでも、(この曲が使われている)『Wicked(ウィキッド)』という作品(『オズの魔法使い』をもとにしたミュージカルの名作)は3本の指に入るぐらいに好きな作品です。

この曲と初めて出合ったのは、(2004年の)トニー賞の授賞式のときです。『アナと雪の女王』の歌でも知られているイディナ・メンゼルさんがパフォーマンスをしていたのを観てしびれました。すぐに手に入れて、ずっとCDで聞いていたんです。しばらくしてから劇団四季で上演されたのも観に行って、なんて素晴らしい作品なんだろうと。

音楽も素晴らしいんですけど、エンターテイメントとしてすごい作品で、言うなれば120点満点の出来です。『オズの魔法使い』という誰もが知っているストーリーを基盤にしつつも、じつはそこに社会的なメッセージも織り交ぜている。人種差別などアメリカが抱える問題を織り込みながらもエンターテイメントとして磨き上げていて、これこそエンターテイメント・ミュージカルの醍醐味だな、と。そういう意味では、作品と音楽にすごく思い入れがあります。

「ヤングシンバ」から「シンバ」へと成長

――ほかにアルバム収録曲で、これを聴いてほしいというものは?

すべての曲に思い入れはあるんですが、これからも、そして今後も自分自身の“指標”になるだろうなと思うのが、6曲目の「Gethsemane」です。『ジーザス・クライスト・スーパースター』という作品の中の曲なんですけど、この曲を歌いこなせるようになることが自分自身に課した使命というか、永遠の目標なんです。

これまで何度もこの曲と対峙してきましたが、そのたびに変化しています。父が好きな作品だったので、家にオリジナルブロードウェイ盤のCDがあって、小さいころから聴いていました。

2019年10月に『ジーザス・クライスト=スーパースター inコンサート』というステージに出演したんですが、そのときにジーザス・クライストを演じたデクラン・ベネットさんが歌った「Gethsemane」にも感動しました。素朴だし、人間らしく語りかけるようで、彼の思いがビシビシ伝わってくるもので素晴らしかった。そのときに、この作品への理解も一段と深まった気がします。なので、今回、収録したものを聴いてもらえれば、「変化」をわかりやすく感じていただける1曲だと思っています。

――ボーナストラックには『ライオンキング』の曲「早く王様になりたい」が収録されました。

子役時代に3年間、ヤングシンバの役をやってたんです。そのときに歌っていた曲を今回、ボーナストラックで入れました。『ライオンキング』という作品は、自分にとって特別な作品です。子役時代も出演していて、大人になってからシンバ(主演)としてもう一度携われたので、この作品に育ててもらったと言っても過言ではないと思っています。今回、25周年ということで、自分の原点ともいえるこの曲を入れられたのはよかったです。1999年版のCDで、僕の子どものときの声と今回のものをぜひ聴き比べてもらいたいなと思います!

新喜劇名物の“コケ”は得意!?

――2020年はNHKの連続テレビ小説『エール』への出演も話題になりましたが、今後、舞台だけでなく、活動の幅は広がっていきそうですか?

『エール』も楽しかったですし、この間、お笑いコンビ・ミキのおふたりに歌を教えるみたいなことをやらせていただいたのも楽しかったです。そういうふうに新しい世界を広げていくのはすごくいいし、どんどんやっていきたいですね。いろんな経験をすることが役者にとっての“引き出し”になっていくので。

――そのうち、海宝さんが吉本新喜劇のステージに立つ日も来るかもしれませんね!

新喜劇はハードル高いなぁ(笑)。もちろんチャレンジできるなら、ぜひやらせていただきたいですけど、あの舞台に立つのは生半可じゃないですから。まわりの芸人さんにご迷惑になってしまわないかと。下手な素人が入るほど迷惑なことはないですから。

ただ、じつは僕、コケるのは得意なんですよ! 2019年にやった『ロカビリー ジャック』という作品でコケ担当だったので公演中で何回コケたか数えきれない。だからコケには自信あります。芸人さんに負けないコケができるかもしれないです(笑)。

ロンドンと共同制作の「イリュージョニスト」

――これから25年先を見据えて、今後どうなっていきたいですか?

海外でステージに立ちたいという思いはずっと持っているので、それがまず大きな目標です。ロンドンで仕事がしたいな、という思いが強いです。これまで仕事をしてきて、その夢は少しずつ近づいている手応えがあります。海外の俳優さんたちと一緒にステージに立たせていただいたり、演出家の方とつながったり。これから上演されるミュージカル『イリュージョニスト』もロンドンとの共同制作の作品なので、みなさんとご一緒するのも楽しみにしています。

アルバム概要

『Break a leg!』(通常盤)

内容:CD(10曲収録)、歌詞Booklet
定価:3,300円+税

『Break a leg!-mare-』(初回生産限定)

内容:CD(11曲収録)、歌詞Booklet、Blu-ray、パンフレット
定価:7,200円+税

『Break a leg!-luna-』(初回生産限定)

内容:CD1(11曲収録)、歌詞Booklet、CD2(カラオケ)、2021年Calendar、Serial Card
定価:7,200円+税

【収録曲】

  1. Something’s Coming
  2. I’m Alive
  3. Anthem
  4. 道化をよこして
  5. Run away with me
  6. Gethsemane
  7. Suddenly, Seymour duet with Alexandra Burke
  8. Defying Gravity 〜 ⾃由を求めて
  9. Cold Enough to Snow
  10. Sheridan Square
  11. 早く王様になりたい duet with Ema, w/Naruhito Murai (I Just Can’t Wait to Be King)

詳細はこちらから。


【関連記事】
【話題】山田花子、息子を公開
【共感】“こがけんさんって”…発言に「私も思ってました」
【写真】ぼる塾あんりに「痩せた」の声
【衝撃】月亭方正の「男前」な別人級ショット
【激似】ノンスタ石田家の三姉妹「そっっっくりです」
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」