漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』(ABCテレビ・テレビ朝日系)が、12月20日(日)に放送されます。ラフマガでは、史上最多となる5081組から勝ち残ったファイナリストたちに連続インタビュー。今回は、“因縁”のM-1決勝で雪辱を誓うマヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)に、その意気込みを聞きました。

コロナ禍で大会の開催自体が危ぶまれた2020年。激戦を勝ち抜いたのは、アキナ(山名文和、秋山賢太)、マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)、見取り図(盛山晋太郎、リリー)、錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆)、ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)、おいでやすこが(こがけん、おいでやす小田)、オズワルド(畠中悠、伊藤俊介)、東京ホテイソン(たける、ショーゴ)、ウエストランド(井口浩之、河本太)の計9組です。決勝では、これに敗者復活組を含めた10組が優勝を目指して争います。

マヂカルラブリーは近年、2017年にM-1ファイナリスト、2018年には『キングオブコント』(TBS系)ファイナリスト、さらには野田が今年3月の『R-1ぐらんぷり2020』(関西テレビ・フジテレビ系)優勝と賞レースで好成績。勢いに乗る2人の本番直前の声をお届けします。

嬉しさと不安でいっぱい

――まずは決勝進出の率直な感想から聞かせてください。

野田 嬉しさと不安でいっぱいです。(前回の決勝で)痛い目をみていますので、不安のほうが大きいかもしれないですね。

村上 怖さはありますけど、とりあえず、一旦は浮かれようかなって思っています。

――準決勝の手ごたえはどうでしたか?

野田 ありました。

村上 “確定だろ!”って感じではなかったですけど、“呼ばれるだろうな”と待てるような感じではありましたね。ただ、呼ばれるなら早めに呼ばれてくれって思っていました。

野田 (決勝メンバー発表が)アルファベット順だったんですよ。(マヂカルラブリーの)“M”ってだいぶ後半だと思っていたら、今年、アルファベット後半組がめっちゃ多かったですね。アキナ(A)の次、もうMだったんで。

――今年は、コロナ禍でネタ作りも厳しかったと思います

野田 単独ライブを5~6月に計画していたら、(コロナ禍で)延期という話になりまして。延期したらまず、『キングオブコント』(TBS系)が間に合わない。ふだん僕らはコントをしないんですけど、(2018年に)決勝に出ちゃったもんだから、大会に出るイメージがついちゃって。いつも単独ライブでコントを作っていたのに、その単独ライブができなくなってネタもないから、(大会自体に)出なかったんですよ。

結局、単独ライブは9月にやったんですけど、コントやる意味ねーなってことでぜんぶ漫才にしたら、(M-1で)決勝に行けましたね。

――ツアーを組んで、そこから1年かけてネタを磨く人も多いと思います。今回はどれくらい舞台で磨きましたか?

野田 4回しかしていないですね(笑)。

村上 準決勝でやったネタはそうだね。

野田 でも僕ら、意外とやりこまないことが多いんですよ。『キングオブコント』も準々決勝から準決勝の間に作って、1回しかやらなかったのに決勝へ行けたこともあったので。

村上 たぶん台詞も毎回ちょっと違う。

野田 あんまりやっていない分、ちょっとニュアンスが変わってくるんですよ。準決勝でも、初めてやった動きが多いですし。

村上 本番なにが出るか分からないから、新鮮で楽しいですよね。

「やらかそう」と思ってやらかしているわけではない

――野田さんが『R-1ぐらんぷり』優勝を経験したことで、お互い環境も変わったと思います。精神的に変化はありましたか?

野田 強くなりましたね。(これまでは)決勝メンバーの中で、売れている人がいたり、先輩がいたりして、精神的にはダークホースのような感覚だったのが、今年は芸歴が上のほうで。

村上 “決勝に行くんじゃないか”枠というか。

野田 気持ち的には、“決勝にいく”ことが現実的な話になっていました。まずは決勝に行かなきゃっていう。

村上 年々、「緊張」しなくなってはきてますよね。準決勝や準々決勝のあとに若手のラジオとかを聴くと、ネタが飛んだり、順番が入れ替わったりしているらしいんですよ。僕ら単純に台詞量が少ないっていうのもありますし、掛け合いがないっていうのもありますけど、予選でネタが飛ぶってことは、ほぼないんじゃないですかね。

野田 十何年出て1回もない。

村上 そのおかげでだんだん緊張が減ってきていると思うので、今年はよりどっしりネタができたなって思います。だって、準決勝も1回、口でちょっと合わせただけで舞台に出ているんで(笑)。

――「俺たちの漫才、ここを見てほしい」というのはありますか?

野田 結局、「またやらかしてんな」ってことですよね(笑)。“やらかそう”からネタは作っていないんで、こっちもやらかすつもりはないんですよ。でも勝手にやらかしていることは多い。1年間はそれほど長いですから、反省しても忘れているんですよね。

村上 これは根本の話ですから。変わっちゃうと別の芸人になりますからね。だからしょうがないです。やるしかないですね(笑)。

2回目だから“流れ”がわかる

――『M-1』の魅力は、どこにあると思いますか?

野田 巨大になりすぎたのが、いちばんの魅力だと思います。芸人ってスカしたい気持ちになったり、審査員がどうとかって言いがちなんですけど、そのレベルじゃないですね。出たからにはスカさず、死ぬ気でやらないと成立しない。だって、出ちゃっているから。笑い的にも、スカしちゃったり、(漫才から)降りちゃったりすることもあるじゃないですか。もう意味ないですよね。

――気持ちをたぎらせてくれる存在でもあると。

野田 「芸人を辞めさすために大会を開いた」って(島田)紳助さんも言っていましたけど、僕は逆に辞めない理由になっているんじゃないかなって思います。

村上 僕がすごい好きだったのが、ふだん劇場で時間を守らずに、Tシャツ、カーディガンとかで、だらだらネタやる人っているじゃないですか。4分尺のところ8分ネタをやっちゃうみたいな。そういう人たちが、予選で光沢のあるスーツを着こなして、本気の状態で漫才をする。そういった部分を予選から楽しめるのは、『M-1』のいいところだと思います。

――『M-1』に向けて自分に課しているもの、相方に求めるものを教えてください。

野田 強い気持ちで(笑)。お互い準々決勝も準決勝もうまくやっていて、お互い経験値も積んでいるので、それは崩したくないです。もとに戻っちまったらおしまいだぞ!というか。

村上 決勝は2回目なんでね、ルミネtheよしもとの出番みたいにニュートラルな気持ちでやれたらいいですね。そのための準備と気持ちづくりが大切だと思います。

――『M-1』決勝に1回出た経験というのは大きいですか?

野田 めちゃくちゃ大きいと思います。

村上 動線もわかるし、何分前にここにいなきゃいけないとか、ネタ前のせり上がりがどれくらいのスピードで、どれくらいヒザに衝撃が来るとかは知っているんで(笑)、そこへの驚きはもうないと思います。

野田 ジェットコースターだよね。最初は「止まってくれー!」って思うんですけど、それから「もういい。じゃあ任せます!」みたいな。その日1日で突き付けられることが多すぎて、もうブレーキも踏めないですよね。「こんな大人たちに見送られながら向かうんだ」とか、「こんなにケンタッキー用意してくれるんだ」とか。

村上 あと、「審査員の松本(人志)さんが楽屋を覗いてくるんだ」とかね。

野田 ネタが終わって順位が低い時、誰もいない控室に送り込まれてね。あれは衝撃でした(笑)。なにもない空間に……。

村上 だからこそ平常心を保つっていうのは、お互いにあるんじゃないですかね。

――最後に、決勝に向けて意気込みをお願いします。

村上 前回、2017年の決勝で「漫才がつまらない!」ってなったので、まずは“漫才が面白いコンビ”になりたいです。で、結果優勝ですね。

野田 中途半端な順位では終わりたくないです。0か100で!

マヂカルラブリーの公式プロフィールはこちらから。
M-1グランプリ2020決勝は12月20日(日)18:34~22:10にABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送。敗者復活戦は同日14:55~17:25に行われます。

番組概要

M-1グランプリ2020決勝

放送日:12月20日(日)18:34~22:10
放送:ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送
司会:今田耕司、上戸彩
審査員:オール巨人、上沼恵美子、立川志らく、サンドウィッチマン・富澤たけし、中川家・礼二、ナイツ・塙宣之、ダウンタウン・松本人志 ※50音順
出場者:アキナ、マヂカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランド

M-1グランプリ2020 【敗者復活戦】

放送日:12月20日(日)14:55~17:25 ※一部地域除く
放送:ABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット生放送

 


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」