吉本興業の若手芸人100人がライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」の配信者(ライバー)となって配信ナンバーワンを決める『イチナナ-1グランプリ』の開幕式が、12月11日(金)に東京・神保町よしもと漫才劇場からオンライン配信されました。よしもとライバー芸人総合リーダーであるフットボールアワーや、月替わりの「ライバー月間リーダー」に抜擢されたミキ、3時のヒロインらが参加し、新世代の芸人たちによる半年間のバトルのスタートを宣言しました。

月テーマごとにグランプリ

17LIVEは、オンラインのライブ配信を通して世界中の人たちとつながることができる次世代アプリ。現在、17,000人以上のイチナナライバー(ライブ配信者)が活躍中で、全世界で4,500万人以上のユーザーがライブ配信を楽しみ、さまざまな形でライバーたちの「夢」を応援しています。

そんな17LIVEと吉本興業がタッグを組んだ『イチナナ-1グランプリ』は、17LIVEを通じて新しい“お笑い”のカタチを発信していこうという試みで、「お笑いイチナナ世代」である100人の若手芸人が半年間(2020年12月~2021年5月)にわたってライブ配信バトルを繰り広げます。

芸人たちは1時間以上の個人配信を毎週3回以上行い、月ごとにフォロワー数などに応じて順位を決めていきます。月ごとに設けられたテーマ(「フォロー人数急上昇グランプリ」や「配信時間 鉄人王」など)で1位になった芸人は、月替わりMCが17LIVE内で配信する“特番”に出演。さらに、半年間を通して最終的に総合1位を決定します。

月替わりMCは、チョコレートプラネット、3時のヒロイン、かまいたち、ジャングルポケット、パンサー、ミキが順番に務めます。

ほとんどが「芸歴5年以下」の若手たち

会見では、17LIVE を運営する17LIVE株式会社CBO(最高業務責任者)の大淵公晴氏による挨拶と趣旨説明のあと、さっそくフットボールアワー(岩尾望、後藤輝基)、ミキ(昴生、亜生)、3時のヒロイン(ゆめっち、福田麻貴、かなで)が登場。

MCのタケトから、今回のプロジェクトに参加する芸人のほとんどが「芸歴5年以下」の若手だと告げられると、後藤は「いまの若手の子は、いきなり世界に発信できてすごいなぁ。オレらの若手のころなんて、テレビにはぜんぜん出れへんかったし、ちっちゃい劇場のお客さんにしか届かんかったもんなぁ」と感慨深げに話します。

対して、ミキや3時のヒロインの“若手世代”は動画配信も手慣れたもの。ミキは、コロナ禍による自粛期間中に毎日、リモートで漫才のネタを配信していたことを振り返ります。それを聞いた岩尾から、「そんなにがんばってたから、M-1も出れるんやなぁ」と言われると、昴生と亜生が「負けとんねん!」「前の前(準々決勝)で負けとんねん!」と2人同時にツッコみ、笑いを誘いました。

一方、かなでは、ぼる塾・あんりと恋愛相談の配信をしていると言いますが、福田が「でも、2人とも自分の恋愛は、ぜんぜんうまくいってないんですよ」と暴露していました。

ミキは実家の「法事」をライブ配信!?

『イチナナ-1グランプリ』では、よしもとライバー芸人総合リーダーのフットボールアワー、月替わりMCのミキ、3時のヒロインらも個人配信を行います。

その配信内容について、タケトから得意の“ギター弾き語り”を提案された後藤は、「なるほど!」と乗り気な様子。岩尾も「リクエストに答えて、流しみたいなこともできるやろうし……」と賛同しますが、後藤がふと、われに返ったように「でも、2人きりでギター弾いたら、その場で聞いてんの岩尾だけやん」と気まずそうにつぶやき、笑いを誘います。

ゆめっちは若手芸人らしく、「寝起きから寝落ちまでさらしたい」と宣言しますが、福田は「えぇ~、それはイヤやわ」と不満そう。かなでは「彼氏ができたら、彼氏と一緒に配信したい。憧れがあります」と夢見心地で話します。

昴生は「17LIVEならではのことをしたいから……家族やな。おとんとおかん、それに上岡龍太郎も出します」と、伯父である元タレント・上岡龍太郎氏の“復活”を勝手に宣言。すると、亜生から「出さへん!」と物言いが入り、兄弟ゲンカが勃発します。しかし、昴生はめげずに「来年、おじいちゃんの法事で会うから……、じゃあ法事を17LIVEで」とムチャクチャな提案をしていました。

そして大会は、フットボールアワーの開幕宣言と、ゆめっち&かなでの「アッハーン」でスタート!

さっそく、ライブ配信中の芸人の様子を全員でチェックしますが、動画へのコメントの入れ方がわからずに手間取る後藤を見て、思わず昴生が「なんでこんな人がリーダーなんですか~!」とツッコんでいました。

イベント概要

『イチナナ-1グランプリ』

期間:2020年 12月11日(金)~2021年5月31日(月)

月替わりテーマ:
12月 「フォロー人数急上昇グランプリ」=その月で新規獲得した人数で競います
1月 「配信時間 鉄人王」=とにかく長い時間配信した長さで競います
2月 「ハイスコアグランプリ(瞬間最大風速)」=自分で最高値の瞬間を応募形式で競います
3月 「ショートムービー再生数グランプリ」=ネタ動画・歌動画・パフォーマンス動画を見られた回数で競います
4月 「どこで何してんねんグランプリ」=「場所」×「やること」でいちばん面白かった配信で競います
5月 「半年間の獲得ギフティング」=半年間のギフティングで競います
※2020年12月11日時点予定

月別特番MC:
12月 チョコレートプラネット
1月 3時のヒロイン
2月 かまいたち
3月 ジャングルポケット
4月 パンサー
5月  ミキ

公式サイトはこちらから。

 


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」