吉本興業が誇るものまねオールスター芸人による“旬でタイムリーな鮮度重視のものまね”を初披露するライブイベント「パロディCHANNEL presents『獲って出しものまね』vol.5」が、東京・よしもと有楽町シアターで開かれました。平成ノブシコブシ・徳井健太とすゑひろがりず(南條庄助、三島達矢)を「立会人」に、ベタなネタからマニアックなネタまで、時事・ドラマ・スポーツ・エンタメなど多種多様なジャンルのものまねが飛び出しました。

5回目の開催となるこのライブシリーズは、今回から10月に開設されたばかりのYouTubeチャンネル「パロディCHANNEL」と連動することに。「パロディCHANNEL」は、このイベントと同様、流行りのできごとや話題のトピックスなどを、“精度”よりも“鮮度”を重視して、いち早くパロディ動画として配信するチャンネルです。

11月23日(月)に開かれた今回のイベントでは、ダイノジ・大地洋輔、とくこ、セブンbyセブン・玉城泰拙、イチキップリン、ビスケッティ・佐竹正史、ガーリィレコード・高井佳佑、DH億、すまいるチョンサ・たなか茜、ベストコンディションズ・八次勇斗がステージに登場。「パロディCHANNEL」でも活躍中の彼らが、文字通り“獲って出し”のフレッシュなものまねネタを披露しました。

パク・セロイが「似てる!」

まずはMCの怪獣・竹内健人が、この日の立会人である平成ノブシコブシ・徳井、すゑひろがりずを紹介。意外にもものまねができないというすゑひろがりず・三島は、「みなさんのものまねを見て勉強したい」と意欲を見せます。

ここでさっそく「獲って出し」第1ブロックへ。ガーリィレコード・高井とイチキップリンによる人気アニメ『鬼滅の刃』の「伊之助に鬼の居場所を教える炭治郎」や、ベストコンディションズ・八次とすまいるチョンサ・たなか茜による韓国ドラマ『梨泰院クラス』の「 イソにからかわれて戸惑うパク・セロイ」などが披露されます。ドラマを見たというすゑひろがりず・南條は、主人公パク・セロイを「似てる!」と絶賛。しかし、「(ヒロインの)イソはもっとがんばってほしい。なんか、ちびまる子ちゃんみたいな……」と仕上がりに不満な様子でした。

続いてとくこが、朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)の「公式インスタで謎の呪文を唱えながらスタジオ入りするアンミカ」、ビスケッティ・佐竹が缶チューハイ「檸檬堂」のCMで「なかなかレモンサワーを出さない阿部寛」を披露。とくこのアンミカに南條は「見たことないけどオモロい」、佐竹の阿部寛については徳井が「似てるね! 単純に」と、いずれも高評価なコメントが。ほかにも日本シリーズの巨人・坂本勇人選手や人気アニメ『呪術廻戦』のキャラのものまねなど、まさに“旬のネタ”のオンパレードです!

ダイノジ大地が『愚か者』熱唱!

第2ブロックでは、DH億による「ビビりすぎてNiziUみたいになる宮川大輔」や、セブンbyセブン・玉城によるバラエティ番組『アウト×デラックス』(フジテレビ系)の「アウト軍団の山P」などのネタが披露されます。玉城のネタを見た徳井は「芸歴17〜18年か? 人間だったら誰でもできるものまねを堂々とやるところがいいよね」と感慨深くコメントしていました。

さらに、ガーリィレコード・高井が「有楽町シアターに迷い込んだ(伝説的な4コマ漫画の)『伝染るんです。』のかわうそ君」、ダイノジ・大地が「マッチ(近藤真彦)の『愚か者』」を披露。大地は登場するなり、「こんばんは〜! マッチで〜す! 黒柳さ〜ん!」と絶叫し、なんとフルコーラスを歌い切ります。途中で南條が「もうええわ!」とツッコみますが、まったくおかまいなしで歌い続けるマッチ……。

ネタが終わったところで、「ぜんぜん“獲って出し”ちゃうやん! 前からめっちゃやってるやん!」と南條が物言いをつけると、徳井が「でも、パワーと華がすごい。応援なんじゃない? マッチはいろいろあったから……」と、ある意味“旬のネタ”でもあるとフォローしていました。

「パロディCHANNEL」ベスト3&ワースト3を発表!

続いて「パロCHANランキング」のコーナーへ。ここでは、10月21日(水)に開設されたばかりの「パロディCHANNEL」の動画全31本(※11月23日(金)時点)の中から、再生回数のベスト3とワースト3が紹介されました。ベスト3はいずれも吉本坂46のメンバー、箕迫かなの「ファーストサマーウイカ」が独占。

一方、ワースト3には、この日の出演芸人のネタがランクインという結果に。なかでも3位が「『伝染るんです』のかわうそ君」だったことには高井本人も驚いており、「僕、今年はこれでいこうと思ったんですけど……」とポツリ。ワースト2位は「アウト軍団の山P」、1位は「優勝した読売ジャイアンツの原監督」という結果となりました。

エンディングでは、とくこの即興「昭和のニュース映像のものまね」に一同爆笑! 徳井は「“獲って出し”だけじゃなくて、みんなの“本気出し”のネタも見たいな」と、ものまねメンバーの今後に期待を寄せていました。

YouTubeチャンネル「パロディCHANNEL」はこちらから。

「パロディCHANNEL」の公式Twitterはこちらから。

公演概要

月例ライブ
パロディCHANNEL presents「獲って出しものまね」vol.6

日時:12月14日(月)19:00開演
会場:よしもと有楽町シアター
チケット:前売り1,500円

チケットよしもとはこちらから。

 


【関連記事】
【驚愕】かつみ♡さゆりの「鬼滅」ガチコスプレ
【写真】ノンスタ石田が自宅を公開
【祝優勝】マヂラブ野田、同居する“はむはむ”の存在
【爆笑】千鳥ノブ「フワちゃんの敵の弱いやつ」と化す
【話題】EXIT兼近の「チャラくない」ガチ私服
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」