女性芸人の中から“笑いの女王”を決める『女芸人No.1決定戦THE W 2020』(日本テレビ系)の決勝が、12月14日(月)に放送されます。過去最多のエントリー646組のなかから、ファイナリストに残ったのは10組。今回は、結成1年未満で初の決勝進出を果たし、「まぁねぇ~」が新語・流行語大賞にノミネートされるなど、いまノリにノッているぼる塾(きりやはるか、あんり、田辺智加)の決勝直前インタビューをお届けします!

『THE W』は、今年で4回目の開催。プロ・アマチュア、芸歴、芸風、人数など一切問わず、純粋にネタの面白さで、女性芸人日本一の座と優勝賞金1,000万円をかけて争う“異種格闘技戦”です。昨年王者の3時のヒロイン(福田麻貴、ゆめっち、かなで)がテレビなどで引っ張りだこになるなど、賞レースとしての存在感がますます高まっています。

今回の『THE W』ファイナリストは、Aマッソ(村上、加納)、オダウエダ(小田結希、植田紫帆)、ターリーターキー(玉遥香、伊藤那美)、TEAM BANANA(藤本友美、山田愛実)、にぼしいわし(にぼし、いわし)、はなしょー(杵渕はな、山田しょうこ)、紅しょうが(熊元プロレス、稲田美紀)、ぼる塾(あんり、きりやはるか、田辺智加)、ゆりやんレトリィバァ、吉住の10組。決勝を前にした芸人たちに、『THE W』にかける思いや今後の展望などを連続インタビューで語ってもらいました。

「開催しないでよ」と思ったこともあった

――決勝進出おめでとうございます!

3人 ありがとうございま~す!

あんり 一応、言っときますかね? これもすべて田辺さんのおかげです。

田辺 まぁねぇ~! 本当に嬉しいよね。結果発表があってからしばらくしても実感が湧かなかったっていうか。もっと張り詰めたほうがいいのかしらと思いつつ、ずっとふわふわしてる。

あんり 私はネタを書いてるときが、あぁ、決勝に行くんだっていちばん実感できる瞬間かもしれないですね。しかも今日、優勝する夢を見たんですよ。

きりや どんな夢だったの?

あんり 優勝はぼる塾!って呼ばれてコメントを求められてるのに、2人が泣いてて。泣きたいけど泣けないなぁと思いながらコメントして、収録終わりですって言われてようやく泣けたっていう夢だったんだけど。

田辺 リアルだね、私とはるちゃんが泣き崩れてしゃべれなくなるなんて。決勝に行けることがわかったときも、私とはるちゃん、ちょっとだけ泣いちゃったし。それ、正夢にしないとだね。

あんり そうですね。昨年は私とはるちゃんは(コンビの)しんぼるとして、田辺さんはピンで挑戦して2回戦止まりだったのに、(ふたつのコンビが合流して)ぼる塾を結成して初めての年に決勝へ行けるなんて。本当に恵まれているなと感じています。

――今年は新型コロナの緊急事態宣言で劇場が休館になった時期もあり、ネタ作りで難しい面もあったのでは?

あんり そこは本当に難しかったです。ネタってお客さんの前に出てやってみて、ここはダメだから変えよう、ここはウケたから伸ばそうとか試行錯誤しながら完成させていくところがあるじゃないですか。だから劇場に出られない時期は、ただ新ネタを作っているだけで完成させられないストレスがありました。正直な話、緊急事態宣言中に『THE W』開催決定のニュースが出たとき、開催しないでよって思ってしまったというか。舞台に立ってない状況でどう勝ち上がっていけばいいんだろうって悩みました。

ネタを1年かけて馴染ませる

――中途半端な出来のネタで挑戦するのは嫌だったと。

あんり そうなんです。そこから劇場が再開されて徐々にお客さまも観に来てくださるようになったので、いまは開催されてよかったなと思ってますけどね。私の考えとして、はるちゃんと田辺さんには新ネタをバンバンやるより、1本のネタを1年かけて慣れてほしいっていう思いがあるんです。緊張が乗っかったり、セリフを覚えてなかったりっていう負荷が乗っかると、2人の魅力が半減してしまうところがあって。

田辺 私、新ネタだといつも通りやってるつもりでも、間とかがちょっと変だったり、ただでさえ、たどたどしい喋り方なのにもっとたどたどしくなっちゃったりすることがあるんです。けど、あんりがそういうやり方をしてくれているおかげで、セリフが自然と口に馴染んでる気がします。

きりや そうだね。たまにいろんなことを試したほうがいいのかなって思うときもあるけど、1つのネタを磨いていくほうが私たちには向いてるのかもしれない。私も新ネタだと台本通りにやらなきゃとか思って、“片言”になっちゃうんです。もちろん慣れ過ぎはよくないかもしれないけど、慣れるとネタを楽しむゆとりも出てくるので、より自分らしくできる感じはありますね。

あんり 私たちのよさは、自分たちらしくやることだから。もちろん田辺さんが言うとウケること、はるちゃんが言うとウケること、私が言うとウケることを酒寄さん(ぼる塾メンバーで育休中の酒寄希望)と一緒に考えてはいますけど、ネタを自分たちに馴染ませることはすごく大事ですね。あと、コンビ時代からそうなんですけど、賞レースだからこういうネタにしようっていうのはあんまり考えたことがないんです。そんなことを考えられる器用なタイプでもないし、私たちがやったらウケるだろうなって考えたネタをやっているところはありますね。

――自然体で常に楽しくやることをモットーにしているぼる塾さんにとって、“野心的”な要素がある『THE W』という賞レースってどんな意味がありますか? 

あんり 私は正直、お笑いに対しての向上心があんまりなくて、結婚したいっていう気持ちのほうが強いんですよね(笑)。たぶん田辺さんとか、はるちゃんのほうが賞レースの称号はほしいと願っている気がしますけど、どうですか?

田辺 私は生きてきて、何かしらで「1番」になったことがないの。小学校の文集でもみんなは絵がうまい、頭がいい、足が速いとかで1位になってるのに、私だけ紺が似合うNo.1で……ほかに何もないの?って幼心に悔しかった。やっぱり1番ってすごいことだし、1番に強い憧れがある分、女性芸人の大会があるなら1番になりたいなって思います。

きりや 私も結果はほしいですね。優勝っていう称号があったら、私たちの見え方も変わるだろうし、(優勝することで)私たちは個性もあるし、ネタもすごいんだっていうアピールになれたらいいですよね。

あんり 田辺さんとはるちゃんって、私にとって1位同士というか。同じ芸風の芸人さんっていないなと思っているので、世の中に2人の面白さを知ってもらうために優勝したいっていう気持ちはあるかもしれないです。たぶんこの2人と一緒じゃなければ、誰かが落ちたり、自分たちが落ちたりしてしんどい思いをいっぱいする賞レースに挑戦してなかった。けど、不器用で説明できない、意味がわからないこの2人が優勝したときにどうなるかは知りたい。そういう興味があるから、私は挑戦してるのかもしれないですね。

あんりの夢は優勝より結婚!?

――あんりさん的には、優勝より結婚のほうがしたい?

あんり そうですね(笑)。将来的は旦那さんとおうちにいて、テレビに映るはるちゃんと田辺さんを観ながら、“一緒にやってた2人だ。まだ頑張ってんだなぁ”って見守りたいんですよ。

きりや 子どもを連れて、収録現場に遊びに来てほしいなぁ。

あんり それはいい。自由にさせてよ。

田辺 連れてきたら、きっと子育ての練習になるよ。酒寄さんが「田辺さんを成長させるためにすごく頭を使ったから、子育ても苦じゃなかった」って言ってたから。

あんり じゃあ、私ははるちゃんを育てて、いまは田辺さんも育ててるから子育ての天才になれるかもしれないね。とにかく、『THE W』で優勝するっていうことは、より広くの方に私のことを知ってもらえるチャンスだと思うので頑張ります(笑)。優勝したら、将来のために車の免許も取りに行こうと思ってますし。

――ここまで話を伺って、優勝をすごく意識していることが伝わりました。

あんり そうですね。コンビ時代って決勝進出が夢だった気がするんです。けど、ぼる塾になって夢は優勝だと言えるようになりました。

田辺 そうね。わかるわ、その気持ち。優勝したい。

きりや うん、絶対に優勝したいね。

あんり ぼる塾を結成して以来、酒寄さんを含めて4人になれてよかったっていう実感をいろいろとしてきましたけど、この人たちと組めてよかった、この人たちと出会えてよかったと思うことって人生の中でも数えるほどしか経験できないんだろうなって思うんです。だから、この4人で今年優勝したい。いまは心からそう思います。

ぼる塾の公式プロフィールはこちらから。

番組概要

『女芸人No.1決定戦THE W 2020』

放送日:12月14日(月)20:00~
放送局:日本テレビ

公式サイトはこちらから。

 


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」