女性芸人の中から“笑いの女王”を決める『女芸人No.1決定戦THE W 2020』(日本テレビ系)の決勝が、12月14日(月)に放送されます。過去最多のエントリー646組のなかから、ファイナリストに残ったのは10組。今回は、2年ぶり2度目の決勝進出となる紅しょうが(熊元プロレス、稲田美紀)の決勝直前インタビューをお届けします!

『THE W』は、今年で4回目の開催。プロ・アマチュア、芸歴、芸風、人数など一切問わず、純粋にネタの面白さで、女性芸人日本一の座と優勝賞金1,000万円をかけて争う“異種格闘技戦”です。昨年王者の3時のヒロイン(福田麻貴、ゆめっち、かなで)がテレビなどで引っ張りだこになるなど、賞レースとしての存在感がますます高まっています。

今回の『THE W』ファイナリストは、Aマッソ(村上、加納)、オダウエダ(小田結希、植田紫帆)、ターリーターキー(玉遥香、伊藤那美)、TEAM BANANA(藤本友美、山田愛実)、にぼしいわし(にぼし、いわし)、はなしょー(杵渕はな、山田しょうこ)、紅しょうが(熊元プロレス、稲田美紀)、ぼる塾(あんり、きりやはるか、田辺智加)、ゆりやんレトリィバァ、吉住の10組。決勝を前にした芸人たちに、『THE W』にかける思いや今後の展望などを連続インタビューで語ってもらいました。

3時のヒロインの活躍が刺激

――まずは『THE W』ファイナリストに決まったときの、率直な感想を聞かせてください。

稲田 実は発表前に、初めて聞くネタ番組の打ち合わせがあって。もしかしたら……という気持ちはありました。

熊元 そんな仕事、ふつうは絶対に入らないんで。その番組に出てるメンツって、優勝者とか、すごい人ばっかりだから。これは決まったんじゃないか、と思いましたね。

稲田 とはいえ、確信はなかったので。発表を受けてホッとしましたし、めちゃくちゃ嬉しかったですね。

熊元 結果発表までに3日ほど時間があったんで、ずっとハラハラしていました。今後はもっとはよ発表してもらえんもんかな、と(笑)。

――昨年は惜しくも準決勝敗退だったのが、今年はファイナリスト。なにか気持ちの上での変化や、いままでと違う部分はあったのでしょうか?

稲田 昨年、3時のヒロインが優勝して、その後のめざましい活躍ぶりを目の当たりにしたのが大きかったです。「決勝に行って優勝したい!」という気持ちが、より強くなりました。

熊元 私も同じ気持ちやったんで、『THE W』準決勝の日にホテルから会場まで歩いて15分ほどの距離で、初めてタクシー使ったんですよ。絶対に決勝行くし、優勝したら売れるし、これくらいええやろと思って。で、ふとタクシーの運転手さんの名前を見たら、下の名前が「美寿」やったんですよ。美しいに寿かぁ、なんか縁起いいなって。「なんて読むんですかぁ」って聞いたら、ムシされました(笑)。

稲田 あかんやん!(笑)。

「私ね、バイトしてるんです」

――これまでにも悔しい経験はあると思いますが、どうやって乗り越えたり、気持ちを切り替えたりしていますか。

熊元 たとえば、舞台で滑ったりとか、反省すべきことがあったりしたときは、1人で「あ“あ”あ“あ”〜!」って大きな声出します。

稲田 怖い、怖い!

熊元 あとは、歌を歌うとか……かな。

稲田 そっち、そっち。そっちを先に言え。

熊元 家にマイクがあるんで、それで、近所迷惑にならん程度に歌ってます。今年はカラオケも行けなかったですしね。私はね、歌って、気分いいです。みんなはどうか知らないですけど。

稲田 ジャイアンやがな! 私は毎日、飲んでスッキリしますね。だいたい、毎日1リットルか2リットル。「何本ぐらい飲みますか」とか聞かれて、本数数えるのめんどくさいので、リットルで答えるようにしてます(笑)。

――つらいとき、苦しいときに支えてくれた人は?

熊元 先輩とか同期から、面白かったよって言ってもらえるのが励みですね。あとは私、バイトしてるんですけど。私ね、バイトしてるんです。バイトしてるんですよね。

稲田 何回言うねん! どんだけバイトしてるの伝えたいねん!(笑)。

熊元 支えてくれている方と言えば、そのバイト先の店長ですかね。芸人ばっかり働いてるバイト先なんで、うちらの仕事に理解があって、ほんとよくしてくださるんです。新型コロナでバイトも減ったんですけど、食事のこと心配してくれて、昼食はバイトのない日でも取りに行けば、毎日お弁当をタダで配ってくれたり。前々回の『THE W』決勝出たときも、(結果は)あかんかって、大阪に帰ってきてバイト先に顔出したら、なにも言わずに、まかないに私の好物ばかりを作ってくれたり。オムライスとかエビフライとかワンプレートにして。

稲田 それ、胃袋を支えてくれてる人やん(笑)。「こないだ、面白かったで」とか「また次、頑張りや」とか、お笑いのことはなんも言わんの?

熊元 そうやで。お笑いのことには一切、口出さん。ええ人やねん!

ものすごい「下から目線」

――『THE W』で勝ち残るコツって、なにかありますか?

稲田 落ち着いてやること、ですかね。緊張が出すぎちゃうことがあるんで、そういうときはよくないかな。今回の準決勝も、すごく落ち着いて臨めたんがよかったと思う。決勝もあの感じで行けたら、優勝もあると自分では思っています。

熊元 最初に出たときは、めちゃくちゃ緊張したんですよね。周囲にもそれが伝わったぐらい。『THE W』に出場したおかげでみんなに知ってもらえるようになって、舞台に立つ数がめっちゃ増えたんですよ。経験値が上がったのもよかったと思います。あとは、体重が増えたことかな。70キロぐらいになってしまって。

稲田 ウソつけ。それ、(コンビを)組み始めたころの体重やん。そこから12キロ太ってるわ!

熊元 どっしりしたおかげで、見ていても安心感があるんじゃないかな。相方もどっしりしてきましたし。安定感が増したかな。

稲田 どっしり、言うな!

――今回のファイナリストのなかで、ズバリ意識しているのは誰ですか?

稲田 やっぱりぼる塾ですかね。勢いがありますしね。負けてほしいなぁ(笑)。

熊元 ゆりやんレトリィバァとは同期なんですけど、彼女はNSC(吉本総合芸能学院)卒業してすぐから売れていたんで、ずっと手の届かない存在ですね。ライバル視というより尊敬してます。もう十分に売れているんで『THE W』に出る必要もないと思うのに、ネタがしたいからっていう理由で出場し続けてるのはカッコいいなぁって思ってます。ガンバレルーヤも同期なんですけど、同期って思えないですよね。今回、優勝できたら近づけるんかなぁ。

稲田 ものすごい“下から目線”やな(笑)

熊元 もちろん、ずっと下から見上げていて、多少は悔しい気持ちもあるんですけどね。せめて、漫才では誰にも負けたくないなとは思っています。

決勝までに痩せるためにエステ

――優勝したら、まず誰に報告しますか?

稲田 両親と、応援してくれている先輩ですね。

熊元 私は、土方さん、ですね。

稲田 バイト先の店長やん!

熊元 あとは、たぶん届くであろう、元カレたちのLINEに逐一答えていくくらいかな。

――決勝にかける意気込みを聞かせてください。

稲田 つい先ほど、エステに結構なおカネを注ぎ込んできたんですよね。12月14日(月)の決勝までには、なんとか痩せておきたくて。自分の力ではもう痩せられそうにないんで。

熊元 痩せたい言うわりに、毎日いっぱい飲んで、朝からめちゃくちゃ暴食して。からあげクン、1日に3回も食べるんですよ!

稲田 盛りすぎ、盛りすぎ! 1回だけや、からあげクン食べるんは。今回勝たんと、母が結婚相談所に駆け込むって言うてるんですよ。それだけは、なんとしても阻止したい……。

熊元 決勝の日まで、体調管理をきっちり行いたいですね。外食は控えて、(宅配デリバリーサイトの)「出前館」にします。

――最後に、ラフマガ読者にメッセージをお願いします。

稲田 12月14日(月)の決勝戦では優勝めざしてがんばりますので、ぜひ応援してください。私たちがラフマガで連載している『紅しょうがのミント!のこといろいろ聞いてミント!』も読んでみてくださいね!

熊元 12月14日(月)に生放送される決勝戦、ぜひ私たちのことを応援してほしいのですが……。クリスマスを控えた時期ですから、そちらに集中していただくのもよいとは思います!

稲田 なんなん、それ(苦笑)。

紅しょうがの公式プロフィールはこちらから。

番組概要

『女芸人No.1決定戦THE W 2020』

放送日:12月14日(月)20:00~
放送局:日本テレビ

公式サイトはこちらから。

 


【関連記事】
【驚愕】かつみ♡さゆりの「鬼滅」ガチコスプレ
【写真】ノンスタ石田が自宅を公開
【祝優勝】マヂラブ野田、同居する“はむはむ”の存在
【爆笑】千鳥ノブ「フワちゃんの敵の弱いやつ」と化す
【話題】EXIT兼近の「チャラくない」ガチ私服
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」