4月23日(火)、新宿バルト9で現在公開中のアメコミ映画『シャザム!』の絶叫!×応援上映イベントが行なわれ、よしもとのアメコミ好き芸人ユニット『アメコミリーグ』から、なだぎ武、バッファロー吾郎・竹若、御茶ノ水男子・おもしろ佐藤が登壇。アメコミ映画ならではの応援上映の楽しみ方をレクチャーして、イベントを盛り上げました。

本作は、見た目は大人ながら中身は子どものスーパーヒーロー・シャザムの活躍をコミカルに描いた作品。なだぎはシャザムのコスプレで、竹若と佐藤はシャザムの衣装がプリントされたTシャツを着て登場し、アメコミファン目線で本作の見どころを紹介しました。

おもしろ佐藤「GWこれを観るべき」家族で楽しめるDC作品登場

なだぎは本作のポイントとして流血シーンが一切ないことを挙げ、「ファミリーでもお気軽に楽しめるDC作品(『バッドマン』など、大手アメコミ出版社・DCコミックスの作品に登場するキャラクターが主人公のヒーロー映画)が生まれた」と絶賛。

佐藤も、ダークな世界観の作品が多く“大人の映画”というイメージが強かったDC作品が、子どもにも響く作品となっていると言い、「GW、これを観ないでどうするの!」と熱く語りました。

“アメコミリーグ”新メンバーは渡辺謙!?

また、「“アメコミリーグ”に新たなメンバーを入れるとしたら」という妄想トークも展開。竹若は“アメコミ映画に出演している人”ということで、大物俳優の渡辺謙(05年『バットマン ビギンズ』に出演)を指名し、MCから「現実的な人にしてください」とツッコまれます。

するとなだぎが、メンバーが男性しかいないため「紅一点が欲しい」と言って椿鬼奴を推薦。佐藤は思わず「急に距離近すぎですよ!」とツッコミを入れていました。

イベント後半では、“アメキャラ系ライター”の肩書きを持つ杉山すぴ豊氏が登壇。応援上映の楽しみ方について、「シンプルなストーリーなので、とにかく主人公を応援してほしい。まずは変身の呪文『シャザム!』をみんなで叫んで楽しんでもらえれば」とレクチャーしました。

竹若は「声を出すイベントなので、あまりクオリティの高いことを言わないように。リーダーはガンガンにすべってください」と場の空気を和ませる方法を教え、なだぎが「ノスタルジックな気持ちと強い勇気をもらえる作品。何も考えずに心から楽しんでほしい」とアドバイスして、イベントは大盛況のうちに終了しました。

映画『シャザム!』は絶賛公開中です。ぜひ映画館に足を運んでみてくださいね。

映画『シャザム!』

公開日:2019年4月19日(金)
出演:ザッカリー・リーヴァイ、アッシャー・エンジェル、マーク・ストロング、ジャック・ディラン・グレイザー
公式HP:http://shazam-movie.jp/