複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ、さまざまな謎や疑問を徹底的に究明する『探偵!ナイトスクープ』(ABCテレビ)。ダウンタウン・松本人志探偵局長のもと、探偵たちが視聴者からの依頼を解決していきます。これまで同番組では、感動や爆笑を呼ぶエピソードの数々が放送されてきました。今回はそんな中から、4つの“神回”をご紹介します。

  1. Xジェンダーの60歳男性の依頼(2020年4月10日(金)放送回)
  2. ダイエット中の44歳女性の依頼(2020年4月17日(金)放送回)
  3. 夫見知りをする27歳妻の依頼(2020年4月24日(金)放送回)
  4. 父に甘えたかった44歳女性の依頼(2020年5月1日(金)放送回)

1. Xジェンダーの60歳男性の依頼

2020年4月10日(金)放送の『探偵!ナイトスクープ』には、“Xジェンダー(心の性が男性・女性の枠に当てはまらない人)”の60歳男性が登場。妻と25歳の娘にその事実を打ち明けたいという依頼を、カンニング・竹山探偵が担当しました。

依頼主である大野さんは、男性も女性も恋愛対象であり、心に2つの性が共存していると告白。今まで我慢してきた分、「思いっきり女性になりたい」と話します。

そんな中、家族に隠れて行なっているという異性装(女装)を披露した大野さん。日頃、異性装のままピアノを弾き、動画サイトに歌う姿をアップしていることを明かしました。そんな大野さんを見て、竹山は“徹底的に女性になろう”と、化粧品や衣装をプレゼントします。

そして、いよいよ本来の自分を家族にカミングアウトすることに。電話で妻と娘を呼び出し、女性の姿になった自身の姿を披露します。大野さんは「実は、お父さんの中で心が女性になっていて、昔からそうだったん(Xジェンダー)です」と告白し、女装して出かけたり、歌を歌ったりしていると明かしました。続けて、オリジナル曲『来世は、女性』を熱唱し、歌に乗せて2人に気持ちを伝えます。

歌が終わると、妻は「今まですごく苦しかったと思う。ビックリしたけど、どうってことない」とコメント。一方娘は、実は動画を見たこともあるそうで「うすうす気づいていました」と父の機微を感じていたことを告白しました。

VTR終了後、スタジオでは涙が止まらない出演者の姿が。同じく感動した様子のダウンタウン・松本も、この“神回”を振り返り、「他にも(心と体の不一致で苦しんでいる方が)いっぱいおられるかもしれんから、勇気をもらったかもしれないね」と述べていました。

関連記事:「探偵!ナイトスクープ」松本人志、“Xジェンダー”の男性の依頼に「勇気をもらった」

 

2.ダイエット中の44歳女性の依頼

2020年4月17日(金)放送の『探偵!ナイトスクープ』では、ダイエット中の女性・藤田さんからの依頼をたむらけんじ探偵がサポート。“背筋(はいきん)を鍛えると痩せやすい”と聞いたものの、背筋に挑戦したところ、上半身を起こせず困っていると言います。

20代の頃は痩せていたという藤田さんは、“背筋ダイエット”で「昔の自分に戻りたい」とのこと。そこで、どれほど背筋ができないのかチェックしていきます。いざやってみると、藤田さんの年齢である44歳の平均が30cmに対して、藤田さんはなんと10cmという結果に。

ここで、“アメとムチ”作戦を開始。まずは“アメ”として、イチゴ好きの藤田さんのために一粒500円のイチゴを用意。15cmの高さに設置したものの、この作戦は失敗に終わってしまいます。

続く“ムチ”では、レールの上を走るおもちゃの電車の上に、藤田さんが嫌いな納豆をセット。目の前に置き、たむけんは「背筋の力を使って避けてください」と指示を出します。最初は避けることができていたものの、途中で息切れ状態になる藤田さん。電車をもう1両増やすと、とうとう力尽き、アゴに納豆がベットリ……納豆も床にこぼれてしまいます。しかしこの作戦が功を奏し、20.4cmまで記録が伸びました。

この結果を受け、ダウンタウン・松本は「1日であれだけいけるんやね」と驚いた様子。一方、「ちゃんと、リビングの納豆掃除しといてね? ああいうのすごくイヤ!」とまさかの注意がなされます。「もちろんしました」と話すたむけんに、松本は「そういうのも探偵の仕事よ?」と顔をしかめてコメント。スタジオに笑いを巻き起こす“神回”となりました。

関連記事:「そういうのも探偵の仕事」松本人志、たむけんへの“まさかの指摘”にスタジオ爆笑

 

3.夫見知りをする27歳妻の依頼

2020年4月24日(金)放送の『探偵!ナイトスクープ』では、“夫見知り”をしてしまうという主婦・梢さんからの依頼を石田靖探偵が担当。夫・透さんとは結婚して3年経つものの、愛の言葉や日常の挨拶はもちろん、名前すらも呼べない状況なのだとか。今回梢さんは、透さんに内緒で応募したと言います。

この悩みを「理解できない」というダウンタウン・松本に、「“(妻に)愛している”って言うんですか?」と質問する石田。松本は「愛していたらね……ん? なんか今の言い方違うな!」と誤解を生む表現だったと訂正し、スタジオは爆笑に包まれました。

梢さんと透さんの出会いはアルバイト先。梢さんは当初から物静かなキャラクターで通していたため、「自分を見せると嫌われてしまうのではないか……」と懸念していると言います。友人の前では大はしゃぎするカラオケでも、透さんの前では1曲も歌えなかったと明かしました。

そこで、まずは石田の前で自分を出せるように、梢さんと友人とともにカラオケ店に向かいます。その間、石田はこっそり透さんにコンタクトをとり、カラオケ中の姿をモニタリングしてもらうことに。歌って踊る妻を見た透さんは、「歌声を聴いたのは初めてです」と驚いた様子。

さらに石田は、梢さんにゆずの『サヨナラバス』の歌詞に、“透”と名前を入れて歌うようリクエストします。いざ歌ってみるものの、梢さんは「“透”って言っている自分が気持ち悪い」と落胆。石田が「殻を破る練習」と鼓舞して何度も繰り返すうちに、梢さんは感情移入するあまり泣いてしまいます。

ここで透さんが登場。梢さんは驚きつつ、「いろいろ助けてくれているのにお礼とか言えなくて……。本当にごめんなさい。すごくすごく感謝しているし、透のことを愛しています。いつもありがとうございます」と号泣しながら感謝を伝えました。

夫婦の絆が感動を呼んだ、今回の“神回”。VTR終了後、松本は「俺も久々にカラオケに行って(“透”と名前を入れて)歌ってみようかな」とこぼし、スタジオの笑いを誘っていました。

関連記事:松本人志、とある夫婦の悩みに“理解できない”と驚愕「愛していたら…」

 

4.父に甘えたかった44歳女性の依頼

2020年5月1日(金)放送の『探偵!ナイトスクープ』には、7歳のときに父親を亡くしたという三姉妹が登場。たむらけんじ探偵が依頼を解決すべく、三姉妹のもとを訪れました。

依頼人である末っ子の恭子さんは、父親・正明さんからかわいがってもらっていたと聞くものの、その記憶があいまいなのだとか。正明さんの亡くなった年齢に追いついた44歳の今、“もっと甘えたかった”と思うようになったと言います。そこで、正明さんにそっくりだというロックバンド・シーナ&ロケッツの鮎川誠に、父親代わりになってもらいたいというのが今回の依頼内容です。

まずは話を聞くべく、公園に集まったのは恭子さんと次女の晃子さん、そして母親の美智子さん。美智子さんによれば、正明さんはまっすぐな性格の持ち主で、子どもたちのしつけも厳しかったと言います。晃子さんもその言葉にうなずく一方、恭子さんに関しては溺愛して甘やかしていたと回顧。

たむけんが「相手はバリバリのロックンローラーですから、依頼するのは無理ですよね~」と話す中、4人の後ろから、なんと鮎川がサプライズ登場します。驚きながらも、美智子さんは鮎川の手を取り「ありがとうございます! (夫に似ていて)そのままです~」と感謝を述べました。

その後帰宅した恭子さんら3人は、スーツを着て正明さんに扮した鮎川との“疑似体験”を楽しみます。最初はぎこちないトークをしていたものの、鮎川が正明さんの形見である着物を着たり、同じ銘柄のタバコを吸ったりするうちに、まるで本当の家族のように。

さらに、恭子さんらに「自慢だよ」とつぶやき、美智子さんの肩をもみながら「ここまでよく頑張ったね」と声をかける鮎川。正明さんが亡くなり、1人で子どもを育て上げた美智子さんは、その言葉に号泣します。恭子さんと晃子さんもハグをしてもらい、“父親に甘える”ことが叶った、感動の神回となりました。

VTR終了後、ダウンタウン・松本は「依頼者は娘さん(恭子さん)なんやけど、お母さん(美智子さん)が喜んでいるのを見ると、ちょっときちゃうね……」とコメント。

また、本放送ではハートフルな依頼内容が多かったため、秘書を務めるアナウンサー・増田紗織に「今日よく泣いていたね」と声を掛けた松本。増田アナが「めっちゃ良かったです……」と号泣すると「確かに今日はめっちゃ良かった!」と同意していました。

関連記事:松本人志も感動…「ナイトスクープ」号泣必至の神回!天国に旅立ったはずの父が目の前に?

 

複雑に入り組んだ現代社会に鋭いメスを入れ、さまざまな謎や疑問を徹底的に究明する『探偵!ナイトスクープ』。今回は、感動や爆笑を呼んだ“神回”4選をご紹介しました。

『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送テレビ)

毎週金曜よる11時17分~
公式サイト:https://www.asahi.co.jp/knight-scoop/

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」