11月26日(木)、カジサック(キングコング・梶原雄太)がYouTubeチャンネル『カジサック KAJISAC』に動画を投稿。妻であるヨメサックが、次女・せんちゃんに作った“キャラ弁”を公開しました。

関連記事:カジサック、夫婦円満の秘訣は「ハグ」と「夜の会話」 家族で『ママタスアワード』受賞!

 

特製!カレーパンマンホットドッグ

今回のキャラ弁作りは、「カレーパンマン」からスタート。キャラ弁歴11年というヨメサックが、長男・とうじくんにも作っていたというカレーパンマンのホットドッグを披露しました。

パンは、カレーパンマンの顔の形に近いバタ―ロールをセレクト。バターロールの中心よりも、やや下のほうに切り込みを入れていきます。

噛み切りやすいように切れ目を入れたウインナーを炒め、その間に顔のパーツを作成。キャラ弁用のパンチで海苔に穴を開け、チーズやにんじん、ハムをかたどっていき、最後にマヨネーズでパーツをつけるのだそう。

キャベツとウインナーをパンに挟んで、ケチャップで仕上げを終えたらホットドッグの完成です。

キティのキャラ弁作りに初挑戦!

続いては、“ハローキティ”のキャラ弁作りに挑戦。次女・せんちゃんが大好きだという「キティちゃん」は、初チャレンジとなるそう。

まずはラップでおにぎりを作り、形を整えていきます。ヨメサックいわく「キティちゃんの顔って絶妙な場所に目があって鼻がある」そうで、「それがズレると似ない」とのこと。「顔のポジション、絶妙なの分かるな」とカジサックも納得のようです。

コーンや海苔で作ったパーツをおにぎりに乗せ、最後にリボンを添えたら完成。カジサックも「大成功」と絶賛する中、出来上がりを見たせんちゃんは「わあ~」と声をあげ、大喜びの様子でした。

■詳しい作り方はコチラ

 

今回の動画に、ファンからは「愛が伝わるお弁当」「本当に食べるのが勿体ないくらい可愛く出来ていて流石」「クオリティ高くてすごい!!」」と絶賛の声が殺到。また、「カレーパンマンは目から鱗でしたーその形なら簡単~!!!次回早速やってみます」「キティちゃんの鼻コーンでつけたのイイですね!」と、ヨメサックのアイデアに驚く声も寄せられていました。

『カジサック KAJISAC』

チャンネルはコチラ

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」