グローバルボーイズグループ「JO1」が1STアルバム『The STAR』リリース当日の11月25日(水)、発売記念の特別番組を公式YouTubeチャンネルから生配信し、JAM(JO1ファンの呼称)たちに喜びの声を伝えました。メンバーたちは、結成1周年直前のタイミングとなるアルバムの発売に感謝しながら、2年目に向けた新たな展開と決意を語りました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

生配信“前”からテンション最高潮!

今回の会場となったのは、都内の景色が一望できるラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ東京」。生配信前にリラックスムードでスタジオに登場したメンバーは、スタッフに挨拶を済ませると、公式YouTubeチャンネルのコメント欄に流れる数々のメッセージを見て思わず笑顔に。そこにはJAMたちからの温かい言葉が溢れていました。そんな中、スタッフから、配信開始に向けてすでに1万人以上が待機していることを知らされ、歓声が上がります! 刻一刻とスタートの時間が近づきます。

サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』から昨年12月に誕生したJO1。メンバーは、101人の練習生のなかから一般視聴者の投票によって選ばれた11人(大平祥生、川尻蓮、川西拓実、木全翔也、金城碧海、河野純喜、佐藤景瑚、白岩瑠姫、鶴房汐恩、豆原一成、與那城奨)で構成されています。

いまやテレビの音楽番組やバラエティー番組のほか、ラジオ、雑誌、ウェブなど、さまざまな媒体に登場し、日本を代表するグローバルボーイズグループへと成長し続けている彼ら。配信当日には、1STアルバム『The STAR』がリリースされ、オリコンデイリーアルバムチャート1位(11月24日付)を獲得しました。

生配信の本番1分前、テンションを上げるべく河野が「いくぞ祥生~!」と叫べば、名指しされた大平は「蓮くんいける~?」とレスポンス。そして、その川尻から今度は豆原にリレーは続き、本番十数秒前、豆原の“雄たけび”でスタジオのテンションは一気に最高潮になりました。

メンバーおすすめの曲順は?

そんな“アゲアゲ”状態で生配信がスタート! リーダーの與那城のMCと共にメンバーたちの和気あいあいとしたトークが繰り広げられます。

発売されたばかりのアルバムに収録されている新曲『Be With You (足跡)』が好きだという河野が、その理由をこう語ります。

「JAMの方々とかJO1を一緒に作ってきてくれた人と歩んできた足跡だったり、“これから一緒に頑張っていこうぜ!”っていう思いだったりがストレートに伝わるいい歌詞で大好きです」

©LAPONE ENTERTAINMENT
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

通常盤は大ボリュームの19曲収録。「どの順番で聴く?」と與那城から問われた木全が答えたのは、『Starlight』から始まって新曲を聴きつつ、『PRODUCE 101 JAPAN』時代に披露された『やんちゃ BOY やんちゃ GIRL(JO1 ver.)』や『Happy Merry Christmas (JO1 ver.)』を聴き、最後に『My Friends』で締めるという構成。

これには、メンバーも「お~!」「お手本の締め方」と上々の反応を見せます。続く豆原は「シャッフルで聴きます」と一言。「皆さんもプレイリストを作って聴いてほしいです」とお願いしていました。

このほか、アルバム初回限定盤「Red」の特典DVD『JO1 PARTY』の撮影時のエピソードトーク、川西が今回のアルバムのデイリーランキングが入った風船をダーツで割る企画、ヨシモトブックスから2021年1月27日(水)に発売される初の写真集『Progress(プログレス)』の情報解禁など、盛りだくさんの内容となりました。

この模様は公式YouTubeチャンネルのアーカイブで視聴できます。

パワーアップした“ラップリレー”

イベント終了後のオンライン囲み取材では、表題曲『Shine A Light』で初センターを務める川西が感無量の様子。

「たくさんの方の支えがないとリリースすることはできなかったので、アルバムを出させていただけるだけで感謝しています。1位にさせていただいて記憶に残るアルバムになったと思いますし、JAMの皆さんに感謝を伝えたいです」

リーダーの與那城もJAMたちに感謝を述べながら、「これからもっともっと成長して、応援してくださる皆さんに“輝く11人”を見せていかなければならないと、強く思いました」と決意を新たにしていました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

さらに、アルバム『The STAR』のなかで「このメンバーが輝いている! という曲は?」と聞かれると、それぞれのメンバーが曲の魅力を熱弁します。

與那城が挙げたのは『Safety Zone』。鶴房、大平、木全、白岩のラップ組が「(シングルよりも)さらにパワーアップしていますし、自分の色味を出せている」と評すると、川西も「“ラップリレー”ね。そう勝手に呼んでいるだけですけど(笑)」と賛同します。

一方、『Be With You (足跡)』をピックアップしたのは鶴房。「(河野)純喜くん、(金城)碧海くん、(與那城)奨くんのボーカル組が、何回聴いても“上手いな~”って思います。マネをしようとしても無理でございます」と笑わせます。

『Shine A Light』は、いつもラップを披露しているメンバーも含めて、全員のボーカルが楽しめる一曲。河野は「ラップメンバーが輝いていて僕も大好きです」と答えました。

リモートで伝えるライブ感

これまで活動を続けてきたなかで「課題」も見えたというJO1。木全がこう語ります。

「リモートでライブをすることが多かったんですけど、カメラにどれだけライブ感を伝えられるかが課題でした。皆さんの反応がよかったと聞いたので、できたんじゃないかなって思います」

さらにダンスリーダーの川尻は、こう言って気を引き締め直していました。

「皆さんの支えでイベントをさせてはいただいているんですけど、圧倒的に経験値が足りないなって思っていて。“デビューして1年目”という言い訳もそろそろ通用しなくなるので、来年はもっとアグレッシブにいろんなことに挑戦して、JAMの皆さんを楽しませられるグループにならないとなって思います」

1STアルバム『The STAR』の発売に続き、12月19日(土)にはJO1 初となるオンライン単独ライブ「JO1 1st Live Streaming Concert『STARLIGHT』」が開催予定です。

アルバム概要

『The STAR』

通常盤(CD+SOLO POSTER ※11種類の中から1枚をランダム封入)3,000円(税抜)
初回限定盤「Red」(CD+DVD)3,500円(税抜)
初回限定盤「Green」(CD+PHOTO BOOK)3,500円(税抜)
初回限定盤 「Blue」(CD+ACCORDION CARD)3,500円(税抜)

写真集概要

ファースト写真集『Progress』

発売日:2021 年 1 月 27 日(水)
定価:3,000 円(税別)
撮 影:彦坂栄治
発 行:ヨシモトブックス
発 売:ワニブックス

ライブ概要

オンライン単独ライブ「JO1 1st Live Streaming Concert『STARLIGHT』」

日時:12月19日(土)20:00~

「STARLIGHT 前夜祭 」

日時:12 月 18 日( 金)時間未定
※歌唱 、パフォーマンスはありません

詳細は公式サイトで。

 


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」