『R-1ぐらんぷり』が『R-1グランプリ』に名前を変えて、2021年も開催決定! 新しく生まれ変わる大会の「やります会見」が11月25日(水)、東京・よしもと∞ホールで開かれ、参加資格の変更など大幅なリニューアルが発表されました。常連のベテラン芸人から悲鳴が上がるなか、“優勝候補”たちが意気込みを語りました。

2002年に始まったひとり芸日本一決定戦『R-1ぐらんぷり』が、2021年大会から大幅にリニューアル。名称が「ひらがな」から「カタカナ」に変わり、ロゴも一新。さらに、“ニュースター”発掘を目的に、芸歴10年以内(2010年1月1日以降に活動開始)でプロ・アマ問わずという参加資格に変更されました。

この日の会見には、前回王者のマヂカルラブリー・野田クリスタルのほか、かが屋・賀屋壮也、紺野ぶるま、天才ピアニスト・ますみ、パーパー・星野ディスコ、ぼる塾・きりやはるかと田辺智加、マツモトクラブ、ゆりやんレトリィバァ、レイザーラモンRG、おいでやす小田が登壇しました。

ジョブズに扮したRGが「GAME OVER!」

「新星R-1の頂点、R-1グランプリ2021やります会見を始めます!」

前回王者である野田クリスタルの開会宣言でスタートしたこの日の会見。新しくなった大会のルール説明のために登壇したのは、スティーブ・ジョブズに扮したレイザーラモンRGです。

芸歴10年以下が参加資格となることに、「BKB(バイク川崎バイク)、Get out of ヒィーア!」と、トランプ米大統領のモノマネで使う決め台詞で勝手にR-1常連のバイク川崎バイクに“終了宣言”。自身も参加資格を失ってしまったRGは「GAME OVER!」とお手上げポーズをしながら、布袋寅泰のヒット曲「スリル」に乗せて“R-1あるある”を熱唱します。

「裸芸人が~活躍しが~ち~♪」と歌い、「ザコシ(ハリウッドザコシショウ)さんのあとに~おいでやす小田~出がち~♪」と大会常連のベテラン芸人たちの名前を挙げると、客席から拍手と笑いが起こりました。

ゆりやん「R-1史上類を見ないネタを」

新しくなる大会に芸人たちの反応はさまざま。

2015年から毎年決勝進出しているゆりやんレトリィバァが、「R-1史上類を見ないネタが……お楽しみください」と自信を垣間見せると、おなじみの上沼恵美子のモノマネで登場したますみは、「今年はこれじゃない可能性もあります」と新たな挑戦に含みを持たせます。

「急にラストイヤーになってしまった」と戸惑うのは、ほしのディスコ。予選の動画配信導入によって音源の使用が制限されてしまうことから、「(YouTube動画で人気の)歌を歌うこともできない」と不安を口にすると、「ディスコ殺し!」と野田。「けど、オリジナルソングをファーストテイクで歌えばいいんじゃない?」とアドバイスを送りました。

おいでやす小田「出場資格なし」に悲痛な声!

会見中、「待てーーー!!!」と怒鳴り込んできたのは、参加資格を失ってしまった常連のおいでやす小田。野田に「小田さんは、(今年の)視聴率投票ゼロでフィニッシュです」と告げられると、「いきなりすぎひん? 来年からにしようや! 最後に今年出させてくれ!」と悲痛な声を上げます。

「R-1専属ライター」のたすきをかけた小田は、その後、“ライター”として記者席で会見を見守ることに。マツモトクラブが「劇団にいた期間が長くて、芸歴は9年目」と説明すると、「怪しいなぁ!」と大声でクレーム。ぼる塾・きりやが「ネタはまだできてないでーす」と答えると、「R-1なめんなよぉ~~!!」と荒ぶります。

その後の質疑応答タイムでは、“専属ライター”として出演者たちに「R-1優勝に懸けてきたピン芸人に一言ください」と投げかけた小田。ほしのディスコがZARDの名曲「負けないで」を熱唱して励ますと、「もう俺は負けることも許されへんのやな!」と叫んでいました。

芸歴10年以上で小田主催大会!?

会見終了後、改めておいでやす小田を直撃! 参加資格を失ったことについては、「突然やったのでショックです」と落胆しながら、自分自身に言い聞かせるようにこう話しました。

「毎年、優勝して終わろうと思ってやってきましたけど、こういう運命やったんかなって。まぁ、芸歴20年目なので(制限となった芸歴10年以下には)かすってもないので、諦めもつきます」

そのうえで、これまでしのぎを削って来た“仲間”たちにエールを送ります。

「一緒に決勝で戦ってきたマツクラ(マツモトクラブ)さんやゆりやんに優勝してもらって、旧R-1から参加してきた芸人の圧倒的な強さを見せつけてほしい」

注目の若手には、芸歴2年目のキャツミをピックアップ。「あれは反則。1年くらい前に“決勝に来て俺の前にネタやるのだけはやめてな”って伝えたくらい、決勝に行ったら跳ねるタイプ。自分が敵やったら怖いですね」と話しました。

一方で、「R-1専属ライター」としての役目は、今後も続く可能性が。会見中に野田から「芸歴10年以上で、小田主催の大会を開いたらいいんじゃないですか?」と投げかけられた提案についても、「ほんまに企画しようかな。(R-1王者の)三浦マイルドさんに相談してみます」とやる気を見せていました。

『R-1グランプリ2021』のエントリーは11月25日(水)から12月25日(金)まで。予選は12月27日(日)からスタートし、決勝戦は2021年春にカンテレ・フジテレビ系で全国生放送されます。
詳しくは『R-1グランプリ2021』公式サイトをチェックしてみて下さいね。


【関連記事】
【驚愕】かつみ♡さゆりの「鬼滅」ガチコスプレ
【写真】ノンスタ石田が自宅を公開
【祝優勝】マヂラブ野田、同居する“はむはむ”の存在
【爆笑】千鳥ノブ「フワちゃんの敵の弱いやつ」と化す
【話題】EXIT兼近の「チャラくない」ガチ私服
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」