お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が製作総指揮・脚本・原作を務めるアニメーション作品『映画 えんとつ町のプペル』。その公開が、いよいよ12月25日(金)に迫っています。50万部を突破し、大ベストセラーとなった原作絵本をアニメ化した本作。その声優陣は、主人公ルビッチ役に芦田愛菜、主人公の冒険相手となるゴミ人間プぺル役に窪田正孝と豪華俳優が出演するなか、声優初挑戦を果たしたのがグローバルボーイズグループ「JO1」の大平祥生です。

JO1は、テレビのサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』(TBS系)で選ばれた11人によるグローバルボーイズグループです。なかでも甘いルックスで人気を博す大平が今回演じるのは、ルビッチのかつての友人・アントニオ(声:伊藤沙莉)らと行動をともにする男の子デニス。ふだんは歌手・パフォーマーとして活躍する大平が、どんな“声”でオーディエンスを魅了するのか、早くも期待が寄せられています。

ラフマガでは、声優初挑戦を記念して大平にインタビューを実施。今回の映画のことはもちろん、11月25日(水)に発売されたJO1の1stアルバム『The STAR』や、12月19日(土)に開催されるオンライン単独ライブ「JO1 1st Live Streaming Concert『STARLIGHT』」についても話を聞きました。

本番の収録直前にキャラ変更!?

――まずは、この作品にキャスティングされたと聞いたとき、どう思いましたか?

アニメが大好きなので本当に嬉しくて。JO1はグループで動くことが多いので、個人の仕事があまりないんですけど、僕の初めてのソロ仕事が“映画”というのが大きすぎて、楽しみで仕方がなかったですね。

――演じるデニスについて、どんな印象を持ちましたか?

とにかくおとなしいんですけど、やるときはやる子かなって。

――彼はアントニオら友だちと行動をともにするわけですが、集団のなかでのデニスの動きと、JO1にいる大平さんの行動で似ていると思う部分はありましたか?

目の前で起こっていることを後ろから客観視している感じが似ているのかなって思いました。

――声優は、パフォーマンスでも演技でもなく、声だけで表現しなければなりません。事前に準備したことはありますか?

違うアニメでアフレコの練習をしたり、声優さんと一緒に練習させていただいたり、たくさんレッスンをさせていただきました。実際にプロの生の演技を見て、“声の楽器”だと思いましたね。

ただ、そうやってしっかりと準備して、アニメに合うような声を作って収録現場に行ったんですけど、実際のスタジオでは、いきなりキャラがまったく変わっちゃって(笑)。監督さんが「自分以外は興味がない子で……」って。なんなら、ほぼ棒読みでボソッと言うキャラになったんですよ。いままで練習してきたことと真反対のことだったので、対応するのが難しかったんですけど、なんとか応えられたと思います。

――アフレコ中にあった思い出深いエピソードはありますか?

“あ”に濁点がついた叫び方をするシーンがあったんですけど、これまでの人生でそんな声を出したことがなかったから、「どうしよう」と。でも、西野さんがブースに来てくれて、お手本を見せてくれました。「こうしたほうがいいんじゃないか」って。それから20回以上、叫ぶシーンを録ったんですけど、マネージャーさんからも「ノド潰していいから」って(笑)。それくらい頑張りましたね。

声優挑戦で実感した“演じる”ことの楽しさ

――主人公のルビッチは、黒い煙に覆われたえんとつ町に星があることを信じる少年です。その“まっすぐさ”が魅力ですが、JO1でいうと、ルビッチっぽい人は誰ですか?

僕ですかね(笑)。メンバーのなかには、普通に生活をしていてオーディションに受かったメンバーが多いですけど、僕は何年間も準備をして夢を追い続けていた側なので、それが似ているのかなって思います。

――大平さんも夢を叶うと信じて、口に出していたと。

口に出して、行動をして、いっぱい挫折もしました。なので、ルビッチの言葉はむかしの自分を見ているようで(笑)、とても共感できました。

――夢を追いかけるなかで、心が折れることはなかったんですか?

人生どん底になって落ち込むことはあったけど、諦めることはなかったですね。むかしから「人にできないことは何もない」ってずっと思っていたので、最終的に根性です(笑)。

――アニメに携わったことで、今後も声優業をやってみたいという気持ちが出てきたのでは?

今回は地声ベースの収録だったので、今度はオーバーにキャラを作った演技をしてみたいです。それ以外にも、MV(ミュージックビデオ)「OH-EH-OH」で演技に挑戦したときに、演じることが好きだなって思ったので、今後は視野を広げて俳優業もやってみたいです。

誕生1周年に思う“これまで”のJO1

――JO1はもうすぐ誕生から1周年を迎えます。この1年を振り返ってみていかがですか?

濃すぎです。3年分くらい詰まっていましたし、自分も成長できたと思います。

――今年4月に20歳になり、節目の年でもありますよね。

20歳は「大人っぽくなる」って決めていました。10代のうちは「ボーッとしていてもいいや」って感じだったんですけど、20代になってからはしっかりするようにしています。ただ、ずっとしっかりしていても面白くないので、人間性も見せて、JAM(JO1のファンの呼称)の皆さんも面白がってくれたらいいなって思います。

――では、これまでJO1で印象的だった仕事は?

『映画 えんとつ町のプペル』です。デビュー前は、JO1のように一緒に夢を追いかける仲間もいなかったですし、1人でずっと頑張っていたので、むかしに戻ったような感覚になりました。意外と「僕もしっかりしているよ」ってところはお知らせしたいです(笑)。

――2年目以降の目標は?

時間がかかるかもしれないですけど、スキンケア、メイクのモデルをしてみたいです。あともう少し年齢を重ねて、スーツが似合う大人になれたら、紳士服モデルもやってみたいです。そのときは金髪もやめます(笑)。JAMの皆さんには、いまの大平祥生を楽しんでほしいです。

本当は“カワイイ”のに…

――1stアルバム『The STAR』には、大平さんがPRODUCE 101 JAPAN』時代に練習生として挫折を味わい、ターニングポイントになったと言っている曲『やんちゃBOYやんちゃGIRL』も通常盤に収録されています。この歌を改めてJO1でパフォーマンスできると聞いたときは、どんなことを思いましたか?

「歌わせてもらえるんだ!」って驚きましたし、嬉しかったです。JO1としてもまた新しい色になるので、楽しみですね。JO1のみんなは“カワイイ”に振ったことがない人が多いので、レッスンを見ていてもめっちゃ面白いです。「振り切れていないな~!」って思うし、まだカッコつけている(笑)。だから、これからメンバーがどう変わっていくのか楽しみです。(佐藤)景瑚くんが振り切っていてカワイイですよ。

――逆に振り切れていない人は?

意外と豆ちゃん(豆原一成)とか、(川西)拓実くんですね(笑)。2人もカワイイのに……。でも、本番はしっかりすると思います。

――12月19日(土)は初の単独オンラインライブがありますね。

画面越しだと全員が「アリーナ」なので楽しんでほしいです。曲数もめちゃくちゃ多いので、期待していてほしいですね。

――では、最後に映画を楽しみにしている人たちにメッセージをお願いします。

夢を追い続けたり、何かを信じたりすることって、「本当に心の底から思えているのか?」って難しく考えちゃうときもあると思うんですよ。この作品は、夢を持っている人も、夢を叶えた人も、毎日お仕事を頑張っている大人の方にも響くものがあると思います。たくさんの方に観てほしいです。

取材・文:浜瀬将樹

映画概要

『映画 えんとつ町のプペル』

出典: 西野亮廣/『映画えんとつ町のプペル』製作委員会

製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣
監督:廣田裕介アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:吉本興業株式会社
配給:東宝=吉本興業原作:「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著(幻冬舎刊)
12月25日(金)から全国公開

公式サイトはこちらから。


【関連記事】
【激似】すゑひろがりず三島のソックリすぎる“弟”
【話題】ゆりやんの-30kgダイエット法
【祝】野爆ロッシーがマヂラブ野田に次ぐ快挙
【衝撃】アインシュタイン稲田「まさかの第2弾です」
【写真】りんたろー。にファンが抱いた“違和感”
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」