11月22日(日)は“いい夫婦の日”。ということで、今回は吉本が誇る“いい夫婦”、お笑いコンビ・2丁拳銃の川谷修士&放送作家の野々村友紀子夫妻に、出会いから結婚、そして夫婦円満の秘訣をまるっと聞きました!

結婚18年でも変わらない川谷のスタンス

2丁拳銃・川谷修士と放送作家の野々村友紀子の夫婦は現在、ともに46歳。もともと大阪NSC(吉本総合芸能学院)の出身で、野々村が11期生、川谷が12期生という先輩・後輩の関係でした。その後、川谷がお笑いコンビとして人気絶頂となっても一途に野々村を思い続け、2人は付き合い始めます。そして2002年に結婚。2人の女の子をもうけ、結婚生活18年を迎えてもなお、仲良し夫婦として知られています。

今回は、そんな2人に夫婦インタビューを敢行! 意外にも「夫婦でのインタビューは初出し」とのことで、出会いのエピソードやずっと仲良くいられる秘訣などを語ってもらいました。夫婦の機微に触れるような踏み込んだ質問にも快く答えてくれた2人。「プロポーズの言葉」や「初デートの場所」などをお互いに書いてもらうクイズでも盛り上がりました。

――まず出会いから聞かせてください。

野々村 出会ったのは劇場のベンチですね。そのときのイメージは「イキってる後輩がいるな」と。デビューしたてで「人気あって、カッコいい後輩がおるらしい」とウワサになってたんで、「あ、この子やんな」と。

川谷 僕の第一印象は、当時は数少ない女性コンビとしてですね。あのころはダウンタウンさんのような“ボケ=クール”全盛期で、彼女たちも女性版の“クールに淡々とボケる”っていうスタイル。すごい面白いコンビという印象でした。それでいてキレイだったので、「べっぴんさんなのにこんな感じなんや」と意外でした。

野々村 私からすると、最初は印象がよくなかった。チャラチャラしてる、モテて調子に乗ってるヤツやという感じで。でも、打ち上げとか、劇場終わりで飲みに行く店とかで一緒になるようになって、話してみるといい子やなと。そういう場で趣味のマンガの話がよく合ったんですよね。修士くんはよく知ってたから教えてもらったり。

川谷 とは言え、男同士の芸人の飲みに比べて、やはり打ち上げとかも参加する回数は少なくて、あまり一緒になることがなかった。劇場の出番がカブったときぐらいで。なので僕は、劇場のトイレ前で足組んで椅子に座っている姿をよう覚えてます。僕はもう好きだなと思っていたので、なんとかしてそこで立ち止まって話されへんかなとチャンスをうかがってました。

野々村 結婚して18年ですけど、修士くんはいまだに家の中でも「なんとかして話できへんかな」とチャンスうかがってる感じありますけどね(笑)。

川谷 ははははは。ほんまや。キッチンになんとかとどまれないかと(笑)。

野々村 修士くんのそういうところは変わってないです。

ボケると頭をはたかれる

――そこから付き合うようになって、結婚まではすんなりいったんですか?

野々村 若かったというのもあるし、付き合ったり別れたりを何回かしてて。

川谷 僕がそのたびにフラれてて……。すぐフラれちゃうんですよね。僕にとっては初めて付き合った人なので、たぶんうまく大事にできていなかったんだろうなと、振り返ってみると思います。

野々村 なんかね、荷物がたくさんあっても私がぜんぶ持つとか、自分のペースで前にどんどん歩いていくとか。あと、ツッコミが異常にキツくて。ちょっとボケると頭はたかれるんですけど、「ワシは小堀(2丁拳銃の相方の小堀裕之)か」と思ったこともありました(笑)。

野々村 でも、やっぱり修士くんがいいなと思ってヨリを戻して。結婚したのは2002年なんですけど、その前に修士くんは東京に行ってたので、何年か遠距離恋愛をしていました。大阪での番組もあったので、週1くらいで大阪に帰ってきてたんですけど、いよいよ東京に本格的に行くんでもう会えなくなるとなり、結婚しようかと。

川谷 遠距離は結局2年ぐらいして、それから結婚して東京で一緒に住み始めた。付き合い始めてトータル3年ぐらいで結婚しました。

『夫が知らない家事リスト』で修士の意識が激変!

――結婚生活が長くなると、夫婦でよくあるのが「お互いのすることにイライラする」と。そういうことはないですか?

野々村 イライラはないですね。ただ、修士くん、車に乗るとやらかすんです。高速に乗ったら降り口をすぐ間違えるので、ぜんぜん目的地に着かない。フジテレビで収録がある際に送ってもらうときも、なぜか浅草とかに行っちゃって、到着できなかったことが2回ぐらいある。そういうときも「またかー」ぐらいにしか思わないんですけど、1回だけ修士くんが高速なのに「もうダメや。タクシー拾って」と言ったときは、「諦めるな! こんなとこでタクシー拾えへんわ!」と言って怒りました。

川谷 出口っていう文字が見えると、反射的に出てしまうですよ。不思議なもんで、1人で運転してるときは大丈夫なんですけど、隣に野々村を乗せるとダメなんですよ。

――お子さんが生まれてから関係性は変わりましたか?

川谷 関係性は変わらないけど、家事についての考えが変わりました。『夫が知らない家事リスト』(双葉社)って本を野々村が出しましたけど、あの本に載っているリストを見せられて、「こんなにあるんや」と。子どもが生まれてから家事について知って、いまようやく半分ぐらいできるようになった。

野々村 すごくよくやってくれて、めちゃくちゃ助かってますね。家のことだから2人のことなのに、「手伝うよ」ぐらいの意識でやられると余計に腹立ったり。育児も手伝う感覚でおられると「2人の子やろがい!」ってなるし。わが家も家事のことでモメることがなくなったら、ケンカがめちゃくちゃ減ったんです。リスト作ってこれだけあるんだと分かってからは、私の手が回ってないところを修士くんも同じ目線で見てくれて、動いてくれるようになったのは大きいですね。

川谷 実際に自分でやってみると、帰ってきて洗濯物を取り込んでたたんでしまって。ご飯を炊いて、食事の準備をして。食べ終わったら片づけて、食器を洗ってと、本当に休む間もない。ほんまに女の人はようやってんなと。純粋に、これをいままでやってくれてたんやな、ありがとうございますという気持ちだし、自分が少しでもやれることはやろうって思えました。

――最初は女の人が荷物持ってても気づかなかった修士さんが、野々村さんと出会い、結婚して18年たって、めちゃくちゃ“良い夫”になってますよね!

野々村 ほんまにいい夫です。いろいろ言ったりもしますけど、それを素直に受け止めてくれて、その都度、努力してくれているんでしょうね。

川谷 僕はラッキーなんですよ。初めて付き合った人が野々村友紀子で、そのまま結婚できて。僕はこの人に好かれていたら、それだけでいい。でも、そう思って野々村から言われたことを直すように努力して、結局、ほかの人への接し方もよくなってきているので。

2人の愛を確かめる思い出ぴったんこクイズ

ではここで、2人に「思い出ぴったんこ」クイズ! 共通の思い出を質問して、夫婦の認識に“ズレ”がないかをチェックします。

【第1問】プロポーズの言葉は?

川谷 お! ほら! そうそう、ことあるごとにしてました。僕は付き合い始めたときからずっと「絶対この人と結婚しよ」と思ってたので。

野々村 なんかのついでによく言ってたんです。「あーこれ美味しい。結婚して」とか。

川谷 「あれ今日キレイやん。結婚しよ」とかそんな感じでした。逆に思い出のプロポーズの言葉とかはないんですけどね。

【第2問】修士さんのいちばん好きなみそ汁の具、もしくはみそ汁の種類は?

川谷 ジャガイモ、あー、確かに分かります。分かりますけど、みそ汁っていうと豆腐かな。

野々村 そうやんな。ジャガイモも迷ったけど、やっぱりコレやと思ったよ。

【第3問】初デートの場所は?

川谷 そうや! 天保山の海遊館や! 名前が出てこなかった。20歳か21歳ぐらいだったよな?

野々村 初めて2人で出かけたけど、まだ付き合い始めてなくて。帰りにイタリアンに行ったとき、取り皿を私が渡したら、両手で受け取ったので「この子、ええ子やな」と思った記憶があります。

【第4問】“夫婦”を一言で表すなら?

野々村 夫婦は腹立つときもあるし、文句言いたいこともあるけど、それってお互い様だし、言い出したらキリがない。向こうもなんかガマンしてることがあるかもと自分が引くことも大事だし、結局、お互いがいるから成り立っている=おかげ様なんだと思います。日々楽しいことも大変なことも、全部が夫婦なので。

川谷 自分のことって死ぬまで考え続ける。でも、自分以外で永遠に考え続ける存在ってパートナーしかない。この言葉がつかえるのって、妻にしかないんじゃないかなと思うので。

「嫁はんのほうが出てるやん」でも腹立たない

――いま、野々村さんがすごく忙しく活動されていると思いますが、その活躍を見て修士さんはどう思いますか?

川谷 もともと芸人として、後輩として、売れるやろうなと思っていた先輩やったので、いま、こうやって野々村がいろんなところで活躍しているのが嬉しい。僕ね、「嫁はんのほうが(テレビ)出てるやん」とか言われても、ぜんぜん腹が立たない。「そらそうよ。だって野々村友紀子やもん」って思うので。

野々村 私は私で修士くんのことを漫才師としても、ツッコミとしても尊敬している。すごい芸人やと思う。いまは私の番なだけであって。次に修士くんが忙しくなるときは必ず来ると信じているし、そうやって支え合うのが夫婦なのかなと思います。

川谷 また12月に単独ライブがあるんですけど、そういうときにはその忙しさも分かってくれているので協力してくれるし、本当にお互いにって感じですね。

野々村 この間、夫婦で1泊旅行ロケの仕事がありまして、伊勢志摩に行ったんです。修士くんが私のために真珠をほじくってくれたんですけど、2丁拳銃の単独ライブも作家としてかかわらせてもらったり、そういう形で一緒にやっていけるのは幸せなことなのかなと思っています。

――最後に、ずばり夫婦円満の秘訣は?

野々村 結婚するとき、母に「結婚はどちらかが相手を幸せにすることではない。結婚は2人で幸せになることだから」と言われて、なるほどなと思った。どっちが幸せにするではなく、2人でどうやったら幸せなのかを考えるようにする。そうすると意見が分かれても自分本位ではなくなるので。

川谷 僕は、夫とか妻とかどっちが上とかそういうのはなく、対等であること。あとは会話することは大事やと思います。僕もケンカしたらムスッとなってしゃべらなくなるところがあったんです。でも、そのことは野々村からすごく諭されて。無視して黙って何になるんだ、と。「それでは終わりもしないし、良くなりもしない。何もええことない。それやったら思ってること正直に話そう」と言われて、そこから僕たちも話すようになったし、仲直りも早くなりましたね。

野々村 ふだんから夫婦の会話はたくさんしてます。家でお酒とか飲んでいると、しゃべりすぎて朝になってたりするぐらいで(笑)。

川谷 ありますね。お互いに「もう寝な」と言いながら、まだしゃべり続けてしまうんですよ。

2丁拳銃・公演概要

『百式2020』

日時:12月12日(土)開場18:30 開演19:00
会場:よしもと有楽町シアター
出演:2丁拳銃
チケット:前売3,800円 当日4,400円 配信1,500円
※最新の出演者情報などの詳細は劇場公式サイトで。

チケットよしもとはこちらから。

野々村友紀子・書籍概要

『夫が知らない家事リスト』(双葉社)

定価:1,200円+税
ページ数:160ページ

Amazonストアでの購入はこちらから。


【関連記事】
【話題】りんたろー。兼近に「何にもわかってない」
【激似】元はんにゃ川島、息子が“あの芸人”ソックリ
【驚愕】山田花子「リビング50畳あるのに…」
【写真】ガンバレルーヤ「イッテQ」ダイエットの成果
【激変】ギャルの正体に驚き
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」