俳優の塚本高史が4月21日(日)、那覇市の琉球新報ホールでTV DIRECTOR’S MOVIE作品『キスカム!~Come on, kiss me again~』(テレビ東京制作)の舞台挨拶に登壇。堀田茜、八木アリサ、松本花奈監督とともに、映画の魅力や撮影秘話を語り、イベントを盛り上げました。

本作は「観たら今すぐキスしたくなる」をテーマに制作された、胸キュン&共感必至のオシャレなロマンティック・コメディ。脚本では、相席スタート・山﨑ケイも参加しています。

堀田茜「人生の指標となるセリフに出会えた…」

松本監督は、本作について「キスがテーマですが、誰かを好きという感情を一番大事にしたいと思って撮影しました」と思いを吐露。

ヒロインを演じた堀田は「“人生はどれだけ長く生きるかじゃなくて、どれだけ好きなことに打ち込めるか”というセリフがあって。これは今後仕事をしていく上でも大事なセリフですし、ふとしたときに思い出すと思う」と振り返ります。

松本監督が「(キスシーンの数は)全体を数えたら、ギネスに載るんじゃないかな」とこぼすほどキスシーンが多い本作ですが、塚本さんは「僕は劇中で、一人の女性としか(キス)していないんですよ。あとはマネキンですから」と意外なエピソードを披露しました。

「キスカム」嫁以外とはNG!?

「キスカム」とは、海外のスポーツ会場でカップルにカメラを向け、キスをさせるという習慣のこと。「日本でも浸透すると思いますか?」との質問に、堀田さんは「この映画を機に浸透して欲しいと思いますが、自分が……と考えると恥ずかしい」と胸キュンな答え。

一方、塚本さんは「たとえば嫁には言わずに(別の誰かと)参加したら大変なことになる!」と言い、場内を爆笑に包みました。

最後に松本監督は「映画を観て、好きな人や大切な人に“気持ちを伝えたい”と思ってもらえたら嬉しいです」と観客にメッセージを送っていました。

映画『キスカム!~Come on, kiss me again~』は2020年公開予定です。

映画『キスカム!~Come on, kiss me again~』

公開日:2020年予定
原作:リンリン、山﨑ケイ(相席スタート)
監督:松本花奈
出演:葉山奨之、堀田茜、八木アリサ、塚本高史ほか

【関連記事】
かまいたち、くっきーが“イイ女”気取りの誠子にツッコミ「お前クラスは…」
【祝・結婚!】ジャンポケ・おたけが結婚発表!! お相手はこじるり似
菅田将暉の代役はまさかの…キム兄「緊張するなら僕が歌いますし」
松本人志も特別出演!約3年の歳月をかけたアニメ映画が5/24(金)公開
令和初のよしもと“学園祭キング”、EXITが有力候補!?