お笑いコンビ・和牛(水田信二、川西賢志郎)が11月19日(木)、都内で開催された『ノートンID アドバイザー』製品発表会に1日限定の「特別復旧支援スペシャリスト」として出席しました。イベントで2人のセキュリティ度をチェックすると、意外な展開が! さらに水田が“勢い”で吉本からこの世界的なセキュリティソフト会社に移籍宣言し、相方の川西からたしなめられる一幕もありました。

スパイウェア・ウイルス対策ソフト、セキュリティソフトなどを販売するノートンライフロックの新サービス『ノートンID アドバイザー』は、個人情報流出を検知すると、アプリやメールで通知する機能のほか、万が一、不正被害にあった場合は復旧支援スペシャリストによる電話サポートが受けられるシステムです。この日の発表会では、製品の利用方法や使用するうえでのメリットが紹介されました。

Twitterのムキムキ画像

和牛の2人は、1日限定の「特別復旧支援スペシャリスト」として、ステージに登壇しました。

この仰々しい肩書きに水田は、「このために1年やってきましたし、このために今年の『M-1グランプリ』も出ていないんで」としたり顔。何千組の芸人をなぎ倒してスペシャリストの予選を突破した、という“ストーリー”を語りながら、「負けた人たちが、いま『M-1』に出ている」と言い放ちました。

『ノートンID アドバイザー』は、個人情報や違法ドラッグなどが売買されている「ダークウェブ」などを監視。具体的にどのように対処するべきか、対応策のアドバイスを送ってくれます。そこで和牛の2人に、身の回りで個人情報漏洩やSNSの乗っ取りなどの被害があったか、ノートンの担当者から質問が投げかけられました。

「川西のTwitterのヘッダー画像が最近、変わったんですよ。そんなこと、いままでしていなかったのに、自分のムキムキの写真を載せていて……たぶん乗っ取りだと思います」

そう心配そうに語る水田に、川西が「あれ、自分でやってんねん」と告白します。オーバーリアクションで「ウソやろ!?」と驚く水田ですが、じつは番組で水田に指示されてやったということが明かされました。

ここで、2人のメールアドレスがダークウェブ上に流出していないか、ノートンのツールを使ってチェックすることに。水田はセーフだったものの、なんと川西のアドレスがダークウェブ上に流出していたことが発覚します! もっとも、事前にコンビのどちらかが「アウト」だったと知らされていたそうで、川西は「そこの(情報)流出チェックは甘いやん!」と笑わせました。

水田の「モノマネ劇場」がスタート

続いて「和牛に“復旧したい”お悩み相談」のコーナーへ。

彼女にフラれてしまったけど、クリスマスまでに仲を“復旧”したい――という相談に、水田の“前口上”が止まりません。

「クリスマスまでになんとかしたいっていう考えがあさましい。なんでフラれたかを書かないと答えにくいっていうのはあります。そういうところがフラれた原因かなと……でも、相談には答えますよ」

川西の回答は、友人に協力を依頼して、絡まれる彼女を助けるという“新喜劇スタイル”をオススメ。一方、水田は「君のためにモノマネを3つ用意したから見に来てほしい」とお願いすればいいと提案します。

そこで、この場で“2人のデート”を再現することに。そのなかに、元格闘家の高田延彦、安倍晋三前首相、食事中の銀シャリ・橋本直のモノマネを入れて会場を沸かせます。川西は冷静に「自分のモノマネを放り込みたいだけの答えでした。相談してきた人のこと何も考えていない!」とツッコミを入れていました。

ネットニュース狙い!?

最後に2人からのメッセージ。

まずは川西が、複雑な心境を交えながら、感謝の気持ちを語ります。

「流出中の男なので、こんなところで(イベントを)締めている時間があったら、早く戻って(ノートンのサポートセンターに)電話をかけないとダメなんです。今日は(スペシャリストとして)呼んでいただいて本当にありがとうございました!」

一方、水田は「人生で一度だけ使った対策ソフトがノートンさん。その時に、吉本に入ろうかノートンさんに入ろうか悩みました。ノートンお笑い部に入ろうか悩んだ時期もあったんですけど、これを機に、移籍したいと思います!」と“勢い”だけで緊急宣言。これには川西も大笑いしながら、「変にネットニュースになろうとせんでええねん! そんな取って付けた移籍宣言、誰も書かんて。記者さんナメすぎてんねん!」と笑わせていました。


【関連記事】
【話題】りんたろー。兼近に「何にもわかってない」
【激似】元はんにゃ川島、息子が“あの芸人”ソックリ
【驚愕】山田花子「リビング50畳あるのに…」
【写真】ガンバレルーヤ「イッテQ」ダイエットの成果
【激変】ギャルの正体に驚き
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」