“BKB”の愛称で知られるピン芸人・バイク川崎バイク(以下BKB)の初の著書『BKBショートショート小説集 電話をしてるふり』(ヨシモトブックス)。本書の重版を記念したオンライントークイベントが、11月16日(月)に東京・渋谷のブック&カフェバー「BAG ONE(バグワン)」から配信されました。意外な“ご縁”のロックミュージシャンと、これまた意外な文学トークで盛り上がりました。

本書は、BKBがコロナ禍にオンライン投稿サイトで連載したショートショートに、書き下ろし5作を加えて8月に書籍化したもの。ふだんの芸風とは少し異なる繊細な人物描写や作りこまれた物語性が話題になり、発売から3カ月間で2回目の重版となりました。イベントの司会はニューヨークの屋敷裕政が担当。ゲストには、BKBと親交のあるロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観が登場し、お互いに作家業と本業の“二足の草鞋”を履く2人のトークが繰り広げられました。

なぜか馬が合うBKBと尾崎世界観

イベントの冒頭では、BKBと尾崎世界観の意外な交友関係が話題に。実は、2人が知り合ったのはつい最近のことだそうです。トレンディエンジェルのラジオに一緒に出演したとき、BKBがノリでご飯に誘ったところ、尾崎は快く快諾。さらにその食事の際に、今回のトークライブに誘うと、それも二つ返事でOK。スピーディーにイベント出演が決まりました。

そんな尾崎に、BKBが「本当に優しい。断ることはないんですか」と聞くと、尾崎は「全然あります」と返答。尾崎は、BKBの所作や言動を見て「好きなタイプの人」と一瞬で理解したために、今回のイベント出演を引き受けたということでした。

そんな不思議と馬が合った2人。尾崎も先日、月刊文芸誌『新潮』(2020年12月号)で『母影(おもかげ)』という中編小説を発表しており、お互いの作品の感想を言い合いました。

尾崎は、『電話をしてるふり』を読んで次のように称賛します。

「素晴らしかった。短い物語をいっぱい読むことに慣れていなかったので、普通の小説を読むよりもじっくり時間をかけて読みました。1個読むだけでやられるというか、いい意味でちゃんと疲れていく。(50篇あるので)50冊分という感覚でした」

この発言を受けて、BKBは「ショートショートは短いなかで伏線を回収して、オチでひねるという作りなので、いわゆる普通の小説の速さで読んでいたら入ってこない。一文一文に意味があるので、そうやって読んでくれたのはすごく嬉しい」と感激していました。

ちなみに尾崎が特に気に入っているタイトルは、「間違える女」と「思い出を食べるチャペルと思い出がないミナトの物語」の2篇だそうです。

BKBも、尾崎の『母影』を大絶賛。

「大人がしゃべっていることに対して、子どもが幼いながらに思っている声がメチャメチャ詰まっている。(これが書ける)尾崎さんは普通の青年時代を過ごしていないと思う。母の影って何だろうと考えながら読んでいたけど、普通の人が想像する母の影とはぜんぜん違った。すごかった」

他人のネタを見ているとアイデアが浮かぶ

イベントではその後、作品づくりに関するトークが繰り広げられました。

「どういうときにアイデアが浮かぶか?」という質問に、尾崎が「人のライブを観ているときに、自分のライブのMCで言いたいことが出てくる」と言うと、BKBと屋敷も激しく共感。2人もほかの人のネタを見ているときに、やりたいネタが浮かぶことがあると語り、表現者特有のインスパイアされる感覚を共有していました。

またBKBは、お題があるとアイデアが浮かびやすいと話し、「場面設定辞典などをパラパラとめくって、気になった単語とか場面設定から広げていくことが多い」と語りました。

その後もトークは進み、尾崎がBKBに「お笑いと文学で、表現したものが伝わったときの喜びの違いはありますか?」と質問。これに対してBKBは、こう答えます。

「ネタのときは、笑い声をダイレクトで浴びるのが気持ちいい。でも本は言われたことのない感想を言われます。『BKBになんでこんな泣かされなアカンねん』とか。(そういう声を聞くと)お笑いでは伝えることのできなかった思いを誰かに伝えられたなという嬉しさはあります」

逆に音楽と文学の伝わる喜びの違いを聞かれた尾崎は、「音楽は反応がダイレクトで速いけど、一瞬で消えてしまうからまた追いかけたくなるような喜びです。一方、小説で返ってくる反応はずっと消えない。重みがまた違います」と答えていました。

「人脈」ではなく「ご縁」

作家トークは尽きぬまま、イベントはエンディングへ。最後にこの日の感想を一言ずつ聞かれると、尾崎は「素晴らしい機会を今日はありがとうございます。オンラインイベントが新鮮でした。今後も2人と親交を深めて、またこういう機会があったらいいなと思います」と振り返りました。

一方のBKBは、「このイベントを快諾してくれた尾崎さんの器の大きさに感謝しています。スピードワゴンの小沢(一敬)さんが言っていました。『東京来てから人と繋がっても、人脈が増えたっていう言葉を使うなよ。ご縁が増えたって言え』と。本当に良い言葉だと思います。ご縁があって本が出せて、尾崎さんと出会え、屋敷がMCをしてくれて、皆さんが本を買ってくれた。本当にありがとうございます。」と感謝のコメント。

そして最後には、いつものBKBネタも披露。

「尾崎さんの本もBKBの本も抱き合わせで、ぜひ、“B=ブック”、“K=買ってね”、“B=僕らの”。“B・K・B”、ヒィア!」

ふだんのステージ衣装とは違いましたが、芸人らしくネタもお披露目したところで、イベントはお開きとなりました。

書籍概要

『BKBショートショート小説集 電話をしてるふり』

©ヨシモトブックス
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

発売日:8月12日
価格:定価1,200円+税
ページ:256ページ
版型:四六版 並製
発行:ヨシモトブックス
発売:株式会社ワニブックス
ISBN:978-4-8470-9946-5 C0095
Kindle版(電子書籍)、単行本(ソフトカバー)共にAmazonストアでの購入はこちらから!


【関連記事】
【話題】りんたろー。兼近に「何にもわかってない」
【激似】元はんにゃ川島、息子が“あの芸人”ソックリ
【驚愕】山田花子「リビング50畳あるのに…」
【写真】ガンバレルーヤ「イッテQ」ダイエットの成果
【激変】ギャルの正体に驚き
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」