4月20日(土)、那覇市の琉球新報ホールにて『沖縄国際映画祭』のTV DIRECTOR’S MOVIE作品『クソみたいな映画』(ABCテレビ制作)の舞台挨拶が行なわれ、内田理央、稲葉友、とろサーモン・村田秀亮、芝監督が登壇しました。映画の魅力や、和やかな撮影現場の様子について語りました。

本作は、劇中で上映されている映画がコメディからシリアスへと移り変わり、さらには観客が事件の当事者になっていくという映画館内パニックムービー。NON STYLEの石田明が長年あたためてきた物語を脚本化し、バラエティ番組のディレクターである芝聡氏が手掛けた初監督作品です。

芝監督の夢が叶った作品

「バラエティ番組とは違い、今回は家族が総出で上映を観に来るほどで、“やっぱり映画はすごいんだな”と感じました」と初めて映画監督を務めた感想を話す芝氏。

続けて「“石田さんと映画を作りたい”という気持ちがあり、やっと作品を上映する機会ができてうれしいです。出演してくださった内田さん、稲葉さん、村田さんから感想を聞くのがドキドキします」と心境を吐露しました。

謎の遊び“鼻ドゥーン”って?

脚本を担当した石田と仲がいいという村田は、“鼻ドゥーン”という石田との間で流行った謎の遊び話を披露し、会場を沸かせます。

内田は、彼氏への復讐を誓う女という役柄について、「悪意を許すということは本当に難しいですね」としみじみ語りました。

劇中で腹が立った相手に“あること”をして、ストレスを解消するという役を演じた稲葉に「実際に腹を立てた時はどうしていますか?」との質問が。稲葉は「怒ったことを考えるのではなく、先のことを考えたり客観的に考えたりするようにしています」と“怒り”の回避方法を明かします。

最後に監督は「人間の汚さ、美しさにスポットを当てたこの映画には、観た後のふとした瞬間、生活の合間に思い出してほしいシーンをたくさん散りばめました。公開が決まりましたら、ぜひ劇場に足を運んでほしいです」とメッセージを送っていました。

映画『クソみたいな映画』

脚本:石田明(NON STYLE)
監督:芝聡
出演:内田理央、稲葉友、村田秀亮(とろサーモン)、ほんこん ほか