11月6日(金)NSC大阪の現役生(43期生)によるネタライブ『RUSH』が、よしもと漫才劇場にて開催されました。
平日昼の開催にも関わらず、場内はほぼ満席。
現役生の中から厳選された総勢36組の精鋭たちが、たくさんのお客さんを前に自慢のネタを披露しました。

MCはラフ次元!

MCは、先月に開催された『第9回関西演芸しゃべくり話芸大賞』で見事グランプリに輝いた、芸歴14年目(NSC大阪28期)のお笑いコンビ、ラフ次元(空道太郎、梅村賢太郎)が務めました。

このイベントのルールは、ピン芸人を含む4ブロック9組に分かれたコンビが、それぞれ2分間のネタを披露。
2分10秒を過ぎるとゴングが鳴り響き、ネタは強制終了するという内容です。
ラフ次元から「ゴングが鳴ったらクビの可能性もありますよ!」とおどかされながら、現役生たちはドキドキの中、いよいよイベントがスタート。

斬新な漫才を披露!

1ブロック目:マーティー、オールドスパイス、木原笹井、自称少女、トヲセンボ、ムジンゾウ、テキサスマウンテンローレル、はっぴぃえんず、神崎

トップバッターのマーティーは、サブリミナル効果を駆使した斬新な漫才を披露!
会場の空気をしっかりあたためてくれました。

女性ならではのネタも!

また、女性コンビ、トヲセンボも幼稚園コントを女性ならではの視点で展開し、たくさんの笑いを誘いました。
1ブロック目の現役生ネタが盛況に終わり、MCトークに移ります。
ラフ次元・梅村から「印象に残ったコンビは?」と聞かれた相方の空は「トヲセンボのコントすごいウケてましたね」と、現役生らしからぬ堂々としたネタに驚きを隠せない様子。

ラフ次元もすかさずツッコミ!

するとここで、ぽっかり空いた客席エリアに2人組のお客さんがようやく到着。
梅村は「待ってました、2人埋まりました!」と嬉しそうに報告をすると、会場からも温かい拍手が。
さらに空が「荷物置くためにこの列おさえてたわけじゃないですよね?」とお客さんに質問すると、すかさず梅村は「すごい金持ち! 長い荷物!」とツッコミ。
会場が笑い声に包まれたところで、次の2ブロック目の現役生ネタが始まりました。

客席に親御さんの姿も!

2ブロック目:ガナンド、天然温泉、たこ珍味、三日坊主、ならずもの、ド・レッシング、男鰤男、マニピュレート、紫式部

三日坊主は、お手製のうちわ持参で応援に駆けつけてくれていた親御さんのことを即興でネタに盛り込みながら場内を沸かせ、アドリブ力の高さも見せつけました。
そして、同じブロックのピン芸人、男鰤男は間違いなくこの日一番の異彩を放った存在。
「パチンコ演出ものまね」という謎のネタで、戦国もののパチンコ台の世界観を手作りの小道具と自身によるアカペラソングで完全再現……!?
馬鹿馬鹿しすぎるのに、なぜか大河ドラマを観たような満足感は一見の価値ありです。

ラフ次元も感心しきり!

「いやー、ウケてましたねぇ」と入ってきたラフ次元は、衝撃的なピン芸を披露した男鰤男に関心を示し、それとは対照的な正統派しゃべくり漫才を披露した紫式部に感心した模様。
また客席からは見えない舞台袖での現役生の様子についても、笑いを交えて話しました。
ここで会場は10分間の換気休憩を挟んで、後半戦の3ブロック目がスタート。

芸歴0年とは思えない対応力!

3ブロック目:ギミック、オフィス、ローズ、ヤタガラス、オーケストラ、シェリーに口づけ、シロヤナギネーブル、激辛ひなまつり、はんぱもん

ネタを間違えても、焦ることなく冷静に対応しながら笑いにかえるコンビも見られ、どのコンビも芸歴0年とは思えない堂々たるネタ披露でした。
こうしたハプニングが楽しめるのもライブならでは。

MCトークでは、ラストに登場したはんぱもんについて「めっちゃ変なことしてたけど、めちゃくめくちゃ男前やった。ジャニーズにいそうなタイプ」と容姿に驚きを隠せない様子。
また、ネタに関しては「どの組もすごかった、芸歴0年目とは思えない」と太鼓判を押します。
そして、いよいよ最後の4ブロック目の現役生ネタが始まりました。

女魚漫才!?という新ジャンル!

4ブロック目:山椒魚、puppy、やました、清川雄司、フランク、ゲンツキ、例えば炎、カイドウ、ドライブドライブ

山椒魚の“相方が映画タイトルのみで会話する”漫才、女性ピン芸人のやましたのネタは、魚のマスクをつけ一人二役による女魚漫才!?
同じくピン芸人の清川雄司は、「どうも亀田興毅です。」のつかみから腹話術を披露。
その見た目からは想像もつかない、ほのぼのしたネタで会場を包みました。

そして今回トリを飾ったドライブドライブの“相方の口喧嘩が弱すぎる”しゃべくり漫才など、どの組も練りに練られたネタで、劇場を笑いの渦に。

エンディングトークでは、各ブロックから選ばれた4組(トヲセンボ、三日坊主、はんぱもん、やました)が再び登場。
それぞれモノマネやショートコントを披露すると、今回MCとして会場を大いに盛り上げたラフ次元の2人も、その芸達者ぶりに感心しきり。

NSC大阪43期現役生ネタライブ『RUSH』は大盛況のうちに終演しました。
回を増すごとに成長しているNSC大阪の現役生たち。
この中から近い将来、M-1などの賞レースを賑わすコンビが登場するかも? そんな期待に満ちたイベントでした。

次回は12月11日に開催!

そして次回公演は12月11日(金)に開催決定! 乞うご期待!
大阪で一番フレッシュな笑いから、今後も目が離せません。
チケット情報はこちらからチェックしてみてくださいね。


関連動画

  • もっともっとラフ次元を知って欲しい! 〜第9回関西演芸しゃべくり話芸大賞で優勝したラフ次元に20の質問をしてみた一問一答ラフ次元はこちら
  • ラフ次元 よしもと漫才劇場5周年記念SPネタはこちら
  • NSC大阪43期現役生 配信番組『BRUSH』はこちら
  • N-1グランプリ決勝戦はこちら
  • ビジネス×お笑い 連帯責任ゲーム〜フィーリングソーシャルタイム〜♯2はこちら

【関連記事】
【話題】りんたろー。兼近に「何にもわかってない」
【激似】元はんにゃ川島、息子が“あの芸人”ソックリ
【驚愕】山田花子「リビング50畳あるのに…」
【写真】ガンバレルーヤ「イッテQ」ダイエットの成果
【激変】ギャルの正体に驚き
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」