ミキとロックバンドBLUE ENCOUNTのコラボレーション映像が完成したというお知らせが届きました!

田邊が亜生で亜生が田邊?

11月18日にニュー・アルバム『Q.E.D』(読み:キューイーディー)のリリースを控えているBLUE ENCOUNT。
かねてからブルエンのヴォーカル&ギターの田邊とミキの亜生が同じ眼鏡キャラクターということや顔立ちが似ていることから、田邊は「ミキの亜生にそっくり」、亜生のほうは「ブルエンのヴォーカルだ!」と巷で囁かれることが多かったこともあり、アルバムの『Q.E.D』(※証明終了の意)にかけて、どれだけ似ているが証明してみよう、ということで面識の無いこの二人がそれぞれ入れ替わりの役柄で撮影することになったとのこと。
亜生は『Q.E.D』にも収録されている楽曲「バッドパラドックス」を熱唱。TV出演の際にも歌声を披露するなど、もともと安定した歌唱力を持つだけに、このロックチューンも見事に乗りこなします。
そして対する田邊はM1でも披露されているミキ定番の「漢字」のネタに挑戦。昴生のツッコミにも臆することなく、堂々と漫才を展開。
映像のラストではブルエン田邊となった<亜生>、そしてミキ亜生となった<田邊>が道端ですれ違い……、お互いを見つめる二人は何を思うのか?

田邊以外のブルエンメンバーの3人、そして昴生、さらに田邊と亜生それぞれの演技にも注目のコラボレーションをお楽しみください。
オンエアが待ち遠しいですね!


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」