国際デジタルえほんフェア実行委員による『デジタルえほんアワード2020』の作品募集が10月22日(木)よりスタートしています。

デジタルえほんの開拓と発展を目指して

『デジタルえほんアワード』は、子ども向けデジタル表現の総称である「デジタルえほん」の開拓と発展を目指して設立され、2019年には世界34ヵ国からの応募を記録した年々国際的なアワードへと成長しています。
今年は、キッズ未来アクションなど教育事業に多数取り組んでいる吉本興業グループから株式会社CANVAS、株式会社ラフ&ピースマザーも共催に名を連ねます。
「遊びと学び」をコンセプトにした子どものための新しい動画配信プラットフォームをリリース予定のラフ&ピースマザーの共催のもと、より幅広い「デジタルえほん」の価値を発信していきます。
応募期間は12月18日までとなっています。

審査基準は「たのしい! みたことがない! 世界が広がる!」。

審査には、様々な分野の第一線で活躍されている豪華審査員が招かれ、厳選なる審査を経て、こどもたちの創造力を育む良質なデジタルえほんが表彰されます。
審査員に名を連ねる木村祐一と矢部太郎からはコメントが届きました!

木村祐一から皆さんへ

出典: 吉本興業

驚きの連続の審査でした。
私などには想像がつかない素晴らしい作品にまた、出逢えることを楽しみにしています。
なににもとらわれず、思いのままを創ってくれれば嬉しいです。
とにかく、自分が楽しいと思えるものが一番だと思いますよ。待ってます!

矢部太郎から皆さんへ

出典: 吉本興業

昨年に引き続き審査員をさせてもらいます!
昨年の審査ではたくさんのキラキラした作品にワクワクして、子どもの頃の気持ちに戻りつつ、人類は進化している!と大きなことを思いました。
今年もワクワクできること楽しみです!

応募方法や詳細については公式サイトをチェックしてみて下さいね。

イベント概要

『デジタルえほんアワード2020』

審査基準:「たのしい! みたことがない! 世界が広がる!」

審査員:※敬称略、五十音順
いしかわこうじ /絵本作家
角川歴彦 /株式会社KADOKAWA 取締役会長
川村 真司 / Whatever チーフクリエイティブオフィサー
きむらゆういち /絵本作家
木村祐一 /お笑い芸人
季里 /女子美術大学アート・デザイン表現学科 メディア表現領域教授
榊原洋一 /医学博士・お茶の水女子大学名誉教授
矢部 太郎(カラテカ)/お笑い芸人・漫画家
石戸 奈々子 /国際デジタルえほんフェア実行委員長・NPO法人CANVAS理事長・慶應義塾大学教授
藤形正敬 / 株式会社ラフ&ピースマザー 取締役

募集締め切り:12月18日(金)
表彰式 開催日程/会場:決定次第、公式サイトにて公開されます。


【関連記事】
【話題】りんたろー。兼近に「何にもわかってない」
【激似】元はんにゃ川島、息子が“あの芸人”ソックリ
【驚愕】山田花子「リビング50畳あるのに…」
【写真】ガンバレルーヤ「イッテQ」ダイエットの成果
【激変】ギャルの正体に驚き
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」