10月31日(土)、日本各地と世界の旬の旅情報を発信する「ツーリズムEXPOジャパン」の連携開催として、沖縄国際映画祭2021プレイベント『島ぜんぶでおーきな映画上映会』の最初のプログラム『沖縄ヒストリカルムービー デジタルで甦る8ミリの沖縄』が那覇市のよしもと沖縄花月で行われました。

これは1950年代から70年代にかけて、一般の人々が撮影した貴重で懐かしい8ミリ映像を上映しながら、当時の状況の解説や現代の風景と比較して楽しむイベントで、シネマラボ突貫小僧の當間早志氏と沖縄アーカイブ研究所の真喜屋力氏が案内人として登壇しました。

途中質問もOKのライブ上映

一般の人によって撮られた、過去の貴重な沖縄の映像が見られるとあって、満席の観客からは期待の雰囲気でいっぱい。MCのありんくりん(ひがりゅうた、クリス)は「このイベントね、いつも時間押しちゃうんです。皆さんもその気で観ていてくださいね」と話し、當間氏も「いつも用意した映像の6割くらいしか紹介できないので、前回紹介できなかったものから紹介しますね」と、何度か一緒にイベントを開催してきたありんくりんに対して慣れたやり取り。「ライブ感覚でやる上映なので、喋っても質問してもOKです」と会場に声をかけ、和やかな雰囲気の中上映がスタートします。

1967年の那覇中学校の修学旅行の様子や1973年に起きた琉海ビル陥没事故、1977年の泊小学校と新都心周辺の様子に1978年のナナサンマル(日本の自動車交通方式への修正。それまで沖縄は「車は右、人は左」のアメリカ式の交通方式をとっており、1978年7月30日に「車は左、人は右」に切り替えられた)直前の国道の様子など、現代と全く様変わりした風景に会場からは驚きの声が上がりました。また、時折「これはどこかわかる人いますか?」と當間氏が会場に投げかける質問に、観客も知識や記憶を総動員して答えます。當間氏がGoogleのストリートビューに照らし合わせ、今なお残っている建物をもとに風景全体の比較をし場所が特定できたときは大盛り上がり。特定のヒントになるポイントを探し出すために、當間氏が「わかりやすく拡大した画像もあるんですよ」と話すと真喜屋氏が「あるの!?」と驚くワンシーンもあり、案内人同士のノリツッコミに会場からも笑いがこぼれます。

若狭の情報の多さにありんくりんもビックリ

そして今回一番紹介されたのは那覇市の若狭地区。現存する神社、波上宮の周辺にかつて建てられていた水上リゾートの様子や、埋め立てが始まる前の若狭地区の様子などを映しながら、「実はここ違法建築だったんですよ」から始まり、新聞の見開き記事になるほどの事件があったことや、1971年公開の映画『博徒外人部隊』のロケ地に使われたこと、女優・夏樹陽子のデビュー作『空手バカ一代』のロケも若狭地区で、車から捨てられるシーンがあり、体を張った演技を見せたことなど、客席から思わず驚嘆の声が上がるような情報がいっぱい。當間氏が「他にもあるけれど時間がないので端折ります」と言ったときには、ありんくりんの2人が「もう若狭周辺はお腹いっぱいです」とこぼすほどでした。

事件の検証にも有効な過去写真

最後に紹介した画像は「真喜屋がやっていることがいかに重要か伝えたいんです」と、少し真面目なお話。1963年に撮影された那覇市内の泉崎ロータリーのワンカットなのですが、その場所で同じ年に軍属がらみの轢死事件が起きているのです。「当時裁判で問題になっていた信号機は、まさに写っている信号。横断歩道も現在と違って、薄い破線があるだけです。私たちは昔の事件や事故を考察するとき、どうしても今の風景で考えがちだけれども、実際はこんな場所だったんだ、と知るためにも古いフィルムを収集・デジタル化し、場所を特定していくことは大切なことなんです」と當間氏。すると真喜屋氏は「いやいや、この映像見て『泉崎だ!』って気づいたの當間だけでしたから」と謙遜。小さく写り込んだ手がかりからどこで撮られたものなのかを推理し、地道に検証を行う2人に、客席からは大きな拍手が贈られました。

締めくくりのあいさつで當間氏は「まだいっぱい映像を用意していたんで、今回も6割くらいです」と話し、真喜屋氏は「隣でずっと(時間がないと思って)ハラハラしていました」と苦笑い。クリスは「普段スタッフさんがあんなに『残り〇分』ってカンペ見せることないですからね」と言いながらも「2人がいないと解明できないことがたくさんあったと思います。夕方のニュースの時間にも沖縄アーカイブ研究所のコーナーがあるので見てください」と会場に呼びかけ、終始和やかな雰囲気のままイベントは幕を閉じました。


【関連記事】
【話題】りんたろー。兼近に「何にもわかってない」
【激似】元はんにゃ川島、息子が“あの芸人”ソックリ
【驚愕】山田花子「リビング50畳あるのに…」
【写真】ガンバレルーヤ「イッテQ」ダイエットの成果
【激変】ギャルの正体に驚き
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」