419日(金)、北谷町のミハマ7プレックスにて『沖縄国際映画祭』の特別招待作品『ばあばは、だいじょうぶ』の舞台挨拶が行なわれ、主演の寺田心、ジャッキー・ウー監督、応援芸人としてレイザーラモンRGが登壇しました。

本作は、いつも優しく見守ってくれていた祖母(冨士眞奈美)が認知症を患い、日に日に様子が変わっていく様子を小学生の男の子・翼(寺田心)の視点から描いたヒューマンドラマです。イベントには、

寺田くんに扮したRGに本人は…

RGは、おかっぱ頭に蝶ネクタイを付け、寺田くんとお揃いの出で立ちで登場。本人からは「すごくクオリティが高くてリアルです……真似していただきありがとうございます!」と丁寧にお礼を言われ、さすがのRGもタジタジに!

本作品が201812月にミラノ国際映画祭にノミネートされ、寺田が最優秀主演男優賞、ジャッキー・ウー監督も最優秀監督賞を受賞したと紹介されると「受賞の報告を受けて、(寺田は)新人賞だと思っていたら主演男優賞だと知らされて驚いた」と監督。続けて「作品が世界に通じたと思い、僕の賞より嬉しかった」とコメントしました。

RGが“寺田心あるある”を披露

寺田くんは撮影中のエピソードとして「冨士さんに“ばあばって呼んでいいですか?”って聞くと、“いいわよ”とギューってしてくれて嬉しかった」と回顧します。

そんな寺田くんについて監督は「認知症はこれから身近になる出来事で、その先に怒り、哀しみ、苦しみ、とたくさんの感情があり、最終的にたどり着く家族の愛を描けたと思う。そして心くんがこの歳で全てを表現できることが本当に素晴らしい」と絶賛しました。

ここで、RGが即興でSPEEDのヒット曲に乗せ「寺田心あるある」を披露することに。しかし「心くんはトマトが大好きよ~」のあるあるを言うまでに、1分近くかかったことに引っかかったのか、寺田くんは「すごい! なかなか言ってくださらないんですね!」とシンプルなツッコミを入れ、場内は大爆笑。

認知症を考えるきっかけに

最後に寺田くんは「この映画を観て家族のことをもう一度考えて欲しい。認知症のことを知ってどうにかしてあげられないかと思いました」とメッセージ。

監督も「タイトルにもなっている“大丈夫”の言葉が心に残っています。本人が思い、家族が願い、みんなが願う“大丈夫”が多くの人の心に届いて欲しいと願っています」と語りました。

映画『ばあばは、だいじょうぶ』は5月10日(金)全国イオンシネマにて公開予定(一部劇場を除く)です。お楽しみに!

映画『ばあばは、だいじょうぶ』

公開日:2019510日(金)
監督:ジャッキー・ウー
出演:寺田心、冨士眞奈美ほか
公式HPhttps://grandmaisokay.com/

島ぜんぶでおーきな祭 -第11回沖縄国際映画祭-

開催日:421()まで開催中!
公式HPhttps://oimf.jp/