NMB48の5期生、ドラフト3期生、6期生、7期生の若手メンバーが参加した『NMB48 次世代コンサート 〜難波しか勝たん!〜』が10月24日(土)、大坂城ホールで行われました。新ユニットも続々登場し、将来を担うメンバーたちが、さまざまな趣向を凝らしながら元気いっぱいのフレッシュなパフォーマンスを披露しました。

梅山恋和と山本彩加のWセンターでスタート

梅山恋和と山本彩加がWセンターの『だってだってだって』で幕を開けた「次世代コンサート」。乃木坂46の『ガールズルール』など4曲を、5期生と6期生が一気にパフォーマンスしました。

MCでは7期生をステージに呼び込み、自己紹介などをする場面も。山本望叶のファンという佐月愛果と和田海佑が、緊張した面もちで山本とトークを繰り広げた後、7期生が『ピーク』を力強いパフォーマンスで歌い上げました。続いて6期生が『てっぺんとったんで!』、ドラフト3期生が『純情U-19』、5期生が『HA!』をリレー方式で披露。それぞれ強さのある楽曲だけに、世代同士の火花を散らすステージとなりました。

“火花”は「次世代ナンバー1」を決めるバトルを繰り広げたコントでも顕著に。それぞれかわいさや強さをアピールするなか、ドラフト3期生の貞野遥香はバレエ、安部若菜は小噺、7期生の眞鍋杏樹は新体操、芳野心咲は英語を披露し、得意分野で惹きつけるメンバーもいました。その勢いで38人全員による渾身の『マジジョテッペンブルース』へと突入。梅山の「(NMB発足)11年目も難波しか勝たん!」、山本望叶の「マジでテッペンとらしてもらいます」という決め台詞で締めました。

「THE iDOL」「メゾンレートル」など8組のユニット

事前にメンバーを発表していたユニットでは、8組が趣向を凝らしたステージを展開しました。

小嶋花梨、河野奈々帆、菖蒲まりん、中川美音によるユニット「THE iDOL」は『涙の表面張力』を歌い、間奏では事前にファン投票してもらっていたポーズも披露。安部若菜、前田令子、山崎亜美瑠、坂本夏海、小川結夏による「メゾンレートル」は、それぞれのメンバーカラーをつけた衣装で『甘噛み姫』を歌唱します。

6期研究生の北村真菜と7期全員のユニットは『なんでやねん、アイドル』を、事前にファンから募集した“なぞかけ”を歌い出しに使って、お笑いとフレッシュ感満載。山本彩加、山本望叶の「W山本」は『わるきー』を、思いっきりキュートなパフォーマンスでファンのハートをつかみました。

後半は、坂道AKBの『国境のない時代』から始まり、ダンスナンバーの『僕以外の誰か』や、『ワロタピーポー』『北川謙二』といったNMB48のアンセムをたて続けに披露。ステージが進むにつれて自信を帯びてくるメンバーの表情も印象的です。客席を埋め尽くすペンライトの光が1つになり、大阪城ホールの大きな会場が一体感に包まれます。ラストの『高嶺の林檎』では、ステージいっぱいに使ったダンスと力強い歌声で、次世代の台頭を高らかに宣言しました。

清水里香、河野奈々帆、新澤奈央ら次世代メンバーの決意

アンコールは『虹の作り方』から始まり、白いTシャツにデニムのショートパンツ、スニーカーというフレッシュな装いで、きらめくような笑顔をふりまきます。

MCでは、NMB48のキャプテンを務める小嶋花梨が、4人のメンバーにコンサートの感想を尋ねました。

まずは清水里香が、こう意欲を語ります。

「今日は、5期生がいちばん先輩にあたります。私はいつも同期メンバーについていく感じですが、年齢も正規メンバーでは最年長になるので、先輩だという意識を持って挑みました。先日、あかりん(吉田朱里)さんに『2代目おしゃれ番長は清水里香』だと言ってもらえたので、みんなからもそう言ってもらえるように頑張りたい。どうすればかわいくなれるか、きれいになれるか、先頭に立って発信していきたい」

河野奈々帆は、「今回は次世代コンサートで自分のポジションや歌割があって、自分がアイドルをしていると思った。だからこそ、もっともっと上に上がりたいとも思いました。チームNとしても、もっともっと成長できるよう頑張っていきたいです!」と目を輝かせました。

新澤奈央は時折、涙ぐみながら新たな目標を明かします。

「『次世代コンサート』ではトークを任せてもらえる場面も多くて。7期生も入ってきたので、自分が前に出て頑張っていかないと、という自覚も芽生えました。いままでは一歩引いていたけど、ゆくゆくは副キャプテンとかになれたらなと思うので、これからも自分らしく頑張っていきます」

まとめ役の塩月希依音をたたえた小嶋花梨の思い

この「次世代コンサート」のまとめ役を担当したのは、ドラフト3期生の塩月希依音。力強く、こう語ります。

「NMB48に加入して3年経ちます。いままでは若手という立場に甘えていたけど、今回、まとめ役をやらせていだいて、ドラフト3期生がもっと前に立ってNMB48を引っ張っていかないといけないと思った。これからもNMB48と次世代メンバーに期待してもらえたら!」

キャプテンの小嶋は、そんな塩月を「本当に頼もしかった」とたたえます。そして、会場に向かってこう語りかけました。

「10年という節目に『次世代コンサート』ができたことを嬉しく思います。『立場が人を変える』と、山本彩さんからキャプテンを引き継いだ時に言われました。今日、その時だと思いました。みんなにこれからのNMB48を作っていくという自覚を持ってもらいたいと思っていたけど、私が思っていた以上にみんな熱くて、みんなで支え合ってここまで来ることができたので、NMB48にさらに自信がつきました!」

さらに「私たちはもっと高みを目指していきたい。なので、もう一度、次世代のメンバーでライブをさせてください!」と猛烈アピール。「また『次世代コンサート』ができたら、皆さんまた会いに来てくれますか?」と会場に呼びかけると、観客も大きな拍手で応えました。

次世代を担う覚悟のパフォーマンス

「私たちは、これからのNMB48を背負っていくという強い気持ちを持って歌いたい!」

小嶋の掛け声とともにメンバー全員で『難波愛』を堂々と歌い上げ、次世代を担う覚悟を見せます。さらに、山本彩加が「NMB48はどんなことがあってもずっと前を向いて走っていくグループです。私たち次世代メンバーはこのグループをいっぱい盛り上げていきます!」と宣言し、『青春のラップタイム』を全力パフォーマンス。

Wアンコールの『てっぺんとったんで!』まで全27曲を走り抜け、次世代メンバーたちは確かな存在感をアピールしました。そして最後は塩月が先頭に立って、「ありがとうございました!」と手を振りながら、名残惜しそうにステージを後にしました。

このライブの模様は、ニコニコ生放送、LINE LIVE、SHOWROOM、Fansteamでも生配信されました。


【関連記事】
【話題】りんたろー。“元妻”の結婚に言及
【激変】17キロ減の芸人に「誰かと思った」
【驚愕】♡さゆりの美脚の秘訣「ほんとに51歳?」
【写真】月亭方正の「笑ってはいけない」マスク
【衝撃】ゆりやん、実は“同居”していた
【Sponsored】河本らがガチ食べ比べ