西野亮廣が絵・文・監督をつとめる絵本『えんとつ町のプペル』が、このたび、50万部を突破したというニュースが届きました!
出版不況の中、しかもコロナ禍の中で、絵本の50万部というのは、異例のヒットです。

発売当時から話題沸騰

©️AKIHIRO NISHINO, GENTOSHA 2016
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

この作品は、あらゆる常識を覆した絵本として、2016年の発売当時から話題を振りまいていました。
1冊の絵本のために、総勢33名のイラストレーター・クリエイターを集め、共同で制作。
そのためにかかる莫大な制作費は、当時まだあまり知られていないクラウドファンディングで集められました。
さらに新聞の全面を、西野が個人で購入し、絵本発売を告知する新聞広告を打ちます。
自筆の原画(モノクロのペン1本で描いた絵)は1000万円で売れたほか、絵本に収録しているすべての絵を、背面からLEDライトで光らせる「光る絵」に仕立て、入場料無料の個展を開催。光る絵の制作費や、個展にかかる費用は、クラウドファンディングを活用し、この絵本に関するだけで、1億円以上集められました。
さらに発売後、全ページをネット上で、まさかの無料公開。

その後も、「光る絵展」は全国に広がり、動員数は50万人を超えました。
西野はその後「えんとつ町のプペル美術館」建設を決定し、土地を購入。
また、関西にある満願寺での「光る絵本展」では、寺全体をライトアップ。15日間の開催で総来場者数3万人の動員となったほか、パリのエッフェル塔で、日本人初の個展開催。2日間で6000人が来場しました。
このほか、枚挙にいとまがありません。

海外での翻訳版も続々決定

そしてついに、2020年末に、この絵本が映画化。
コロナ禍に見舞われるも、予定通りの公開に向けて、制作を進めています。

海外での翻訳版も続々と決まっています。
韓国、中国、台湾、フランス、トルコ、コロンビアではすでに発売になっているほか、現在も10か国以上で制作が進行中。
また、えんとつ町のその後の世界を舞台にした、次なる絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』も発売を控えています。
実は、西野のすべての絵本作品が、それぞれつながって一つの世界を成しているのです。
西野の作る世界は有機的に拡大し続け、勢いは加速するばかりです。

まもなく、映画限定版カバーも書店に並ぶ本作。ぜひお楽しみに。

『えんとつ町のプペル』購入はこちらから!

えんとつ町のプペル公式サイトはこちらから!


【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
【Sponsored】河本らがガチ食べ比べ