今年も10月15日(木)から18日(日)までの4日間、映画、アート、笑いを集結させた『京都国際映画祭2020』を開催中。
今年は初のオンラインでの開催となっています。
10月17日(土)、『京都国際映画祭2020』のプログラム『「頭裸裸」オンライン上映会』の生配信が行われました。出演は、ダブルアート・タグ、ツートライブ・周平魂、ポートワシントン・笠谷翔平で、ゲストのマヂカルラブリー・野田クリスタルとすゑひろがりず・南條庄助がリモート出演しました。

©京都国際映画祭
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

『頭裸裸』とは、タグが監督を務め、周平魂が作家として、笠谷が制作・編集を担当するコントイベント、映像で、「頭の中を赤裸々に表現していく」をコンセプトに、舞台上ではできないことを映像などで表現する活動。昨年の『京都国際映画祭2019』でも、ゲストに野性爆弾・くっきー!とミキを迎え、元淳風小学校で上映会を行い、好評を得ました。今年はオンライン生配信ということで、大阪のラフアンドピースアートギャラリーからの配信となりました。

南條はまさかのアロハシャツで登場

ゲストもオンラインで参加ですが、画面上に現れた南條はアロハシャツのような開襟シャツ姿で鼓を手にしています。聞けば、熱海のホテルから参加しているそうで、「鼓だけ熱海に持って行って、あとはホテルの浴衣を着れば…」と思っていたところ、「まさかの開襟シャツのタイプだった」と笑いを誘いました。野田は謎のかぶりもので登場。それは未来の映画スターで名前は「R452」、代表作は『スター坊主』という設定でした。R452は「じゃあ、野田を呼んでくる」といったん画面から消えましたが、次は「ミライトニオ猪木です」と名乗る軍人が登場。三度目にしてようやく、野田本人が画面に現われました。

この2人をゲストにした理由をタグは「野田さんは『R-1チャンピオン』かつYouTubeも面白い」と絶賛。また、Nintendo Switch向けゲーム『スーパー野田ゲーパーティー』開発のための資金をクラウドファンディングで募集したところ、目標金額を上回る1300万円を達成したことも刺激になり、「野田さんがクリエイティブな部分で作品をどう見てくれるのか知りたかった」と説明しました。すると、野田のゲーム開発のクラウドファンディングでは、すゑひろがりずも100万円を投資したと明かした南條。「僕たちのゲームも作ってもらって、Nintendo Switchで発売してもらおうと、震えながら振り込みました。でも、その後、野田さんのツイッターを見たら、飼ってるハムスターのことしか書いてない」と不満をぶちまける一幕もありました。

南條については「南條さんはゲーム実況が人気だから」とタグ。南條は「普段から相方がやっているゲームを見てしゃべることに慣れているので、今日も見終わって何か言えるかなと思います」と気合を入れました。

 

ゲストも感心する力作の数々

©京都国際映画祭
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

いよいよ上映会がスタート。今回は『頭裸裸』ベストセレクションということで、まずは6年前に撮影した作品『すいか』です。「これは処女作で、作品を作りたい初期衝動で撮影しました。まだハンディカメラを使っていて、画質が荒々しいです。でも、それがコントのシチュエーションと合っているなと思います。出演はニッポンの社長とロングコートダディで、2組ともまだ5upよしもとの劇場メンバーになったかならないかぐらいの頃です」とタグが振り返りました。

スイカ割りをモチーフにした根性試しの約8分の映像を見終わり、「すばらしいな」と野田。南條も「笑うというより、すごいなと思いました。唯一、ロングコートダディの堂前くんがスイカの種を拾っているところで笑ってしまった」と感想を。堂前のタネ拾いはアドリブだったと明かすタグ。南條は続けて「芸術性があって、おしゃれに見えました」と話しました。細かくチェックしていた野田は、「スイカ割りの時は、地べたにブルーシートを敷いていたら片づけるのが楽かもと思いました。この映像はまだ改善の余地ありますね」と分析、タグらと撮影後の掃除について盛り上がっていました。

2本目は『整体』です。「この作品は最初、実写で撮ろうと思ったのですが、どうしても無理となったので、2Dで撮りました」とタグ。どんな映像なのか、聞いただけではいまひとつ想像がつきませんでしたが、作品を見ると一目瞭然。セルライトスパ・肥後やニッポンの社長・辻らの写真画像とアテレコの声を組み合わせた、18分のシュールな作品でした。

上映中、画面には作品に見入る野田と南條の顔が映し出されているのですが、南條は終始、大笑いしている様子。見終わった後も「めちゃめちゃおもろいわ、この映像。写真をどうやって動かしとるの?」と興奮気味。制作を担当した笠谷が「会話をするシーンは、口元だけ切り取って、上下に動かしたりしました。その動きでパソコン1台、つぶれました」と報告。軽やかな質感とは裏腹に、制作の苦労がしのばれました。

野田は「最高でした。マジで最高。昔、ネットにフラッシュアニメーションというのがあって、それを思い出しました」と絶賛。そして作品の意図を次々と読んでいきます。しかも読みは的中、「すごいな~」とその鋭さに感心する3人でした。

 

設定だけを伝えられた紅しょうがの演技に注目

©京都国際映画祭
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

 

最後の作品は『ゆりえ』です。「これは実験的なもので、主役は紅しょうがの熊元プロレスで、熊元には『彼氏に誕生日を忘れられた彼女で、彼氏を怒る設定』としか伝えていなかったんです。彼女は筋書きも知らず、登場人物も知らない。それでも演じ切ってくれと言いました」とタグ。タグ、周平魂、ロングコートダディ・兎のアドリブに懸命に対応する熊元の演技も見ごたえがありました。なお、紅ショウガ・稲田美紀も同じ状況で撮影したそうです。

約20分の映像を見終えて南條は「音が大きい。オルゴールの音とかめちゃでかかった」と、各シーンの音が気になったようです。一方、野田は、「全部のシーンの時間が長くて、面白い。兎の動きが止まってからも長いし、テンポが悪いんだけど、それがいい。テンポ感が仕上がってない感じがしてよかった」と、ここでも野田ならではの目線で切り取ります。そんな野田に「見ているところがすごい。クリエイティブ!」と声を弾ませるタグ。

 

いつか野田とのコラボを

©京都国際映画祭
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

視聴者からも「野田さんの感想がすごい」という感想や、「南條さんの感想と野田さんの感想が両極端でいいバランス」という感想があったと周平魂。どの作品も、終始笑って見ている南條とは逆に、野田は前のめりで真剣な表情。2人のそんな対照的な姿も視聴者を楽しませました。

タグは今後、「野田さんと作って、それを南條さんに観てもらいたい」と展望を語ります。「いつもは舞台などで『頭裸裸』の映像を流して、僕たちが解説しながら一緒に観るので、またそういうことができるようになったらぜひ、やりましょう!」と約束し、『「頭裸裸」オンライン上映会』を終えました。

 

今年で7回目の開催となる『京都国際映画祭2020』は10月15日~18日までの4日間開催。
映画、アート、笑いの三要素が集結する同映画祭。公式サイトでは情報を公開中!
こちらからチェックしてみて下さいね。

配信概要

京都国際映画祭2020
配信日時
10月17日(土) 22:00~23:00
見逃し配信
10月25日(日)22:00まで
詳しくはこちら


【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
かまいたち山内がブチギレ!? 【Sponsored】