お笑いトリオ・ジャングルポケットが、6月9日(日)の愛知公演を皮切りに、単独ライブの全国ツアー『バレット』をスタートさせます!

2013年以来恒例となっている全国ツアーですが、今年は6都市にて開催決定。昨年までは「キングオブコント(以下、KOC)優勝に向けた新ネタ作り」と称して全国を回っていた彼らの心境に、今年はどうやら変化があったようです。今回は、そんな彼らにツアーに向けての意気込みや、トリオとしての現在の関係性、今後の展望について語ってもらいました。

ステップアップを感じてもらえるような内容に

——6月から全国ツアーが始まりますが、今回はどのようなコンセプトになるのでしょうか。

太田「まだざっくりとしてますけどね。今までは“KOCで勝てるネタを叩く”ために、毎年同じ会場で同じような感覚でやってきていて、“お客さんの満足”といったところにあまり目を向けられていなかったんです。

ですが今回は、ステップアップを感じてもらえるようなライブにしたいなと。賞レース関係なくネタをやっていきたいですし、この先の全国ツアーを考えたとき、いつかはひと回りもふた回りも大きいキャパの会場でできる仕掛けをやっていきたい。それが、今回のツアーいちばんのコンセプトですね」

――内容に関しては、いかがですか?

太田「コントはもちろん、昨年みたいにライブじゃないとできないような音源を使って斎藤が歌ったり、『ゴッドタン』のネタが大ウケしたおたけの時間を作ったり、漫才をやったりといろいろやるつもりです。今までのツアーはKOCでやりたいネタ8本をバーっと並べただけだったので、単独ならではのネタも増やしていきたいですね」

――芸歴を重ねていくなかで、ネタのテイストに変化を感じていたりはしますか?

太田「観に来てくださる方から“ジャングルポケットの色になってきたね”って言われるのは、ドタバタしたコメディっぽいコント。それこそKOC2017でのエレベーターのネタみたいに、言葉のやりとりよりも表情で笑わせるようなものを面白がってもらえることが多いので、それらを僕らの強みとして広げていきたいなとは思ってます」

斎藤「まぁネタに関しては、太田に任せてますから。たまに“こうしたほうがいいんじゃない?”と意見を出すこともありますけど」

おたけ、太田に追い詰められていた?

――では、トリオとしての関係性の変化はありましたか? 先ほど話されていたように、おたけさんの『ゴッドタン』出演は、ある意味変化なのかなと思いますけど。

斎藤「あれはそうですね。リズムネタというか、オリラジさんにインスパイアされた歌ネタとか、厚切りジェイソンさんのネタとか……(笑)」

太田「ははは! 確かに、最近おたけのクレイジーなキャラが浸透してきた気はしています。斎藤が初めてツッコミ役になったネタで、僕がボケておたけがスベることを言うとスカすっていう漫才を昔やったんですけど、久しぶりにやってみたら、おたけにクレイジーなイメージが付いたからか、めちゃくちゃウケたんですよ。だから、そのスタイルを復活させるのも面白いんじゃないかなと。もう普通のツッコミではいられないので、クレイジーさをメインに出していってもいいのかもしれないですね」

――以前は太田さんとしても、ちゃんと形にしようと思いながらネタ作りをしていたんですか?

太田「ガッチガチにありましたね。僕はアスリート気質で、“賞レース=勝てるネタ”だと考えていたので、おたけを追い詰めてしまって。KOCの準決勝で(ストレスが)爆発してミスするっていう……(笑)」

――おたけさん、追い詰められてる実感はあったんですか?

おたけ「ありましたねぇ」

太田「ははははは!」

おたけ「普通のツッコミをやろうと頑張りすぎていたところがあったし、限界を感じていました。でも、自分を解放していったら面白がってもらえるようになりましたし、お客さんもその自由さを喜んでくれるようになりました」

斎藤「おたけ1人の仕事が増えるのは嬉しいですね。僕は3人一緒にテレビへ出るより、1人ずつ出たほうがトリオとしてのアピールになると思ってるんですよ。3人でいるとどこか甘えみたいなものも生まれるし、それぞれが1人で活動できる場が増えることは、僕らトリオにとってプラスに働くんじゃないかなと思ってるんです」

太田「確かにそうですね。まぁ、それとネタとは別物としてやっていければいいのかなって。テレビで見せるそれぞれのキャラは漫才で活かせるようにして、コントは今後、ネタ番組でできるようなネタを量産していければ。そして、ライブではステップアップした様子をお見せしたいですね。今回の単独は、オープニングを派手にしたいなと思っていて、いまは映像担当の方とか新しいスタッフさんの意見を取り入れて試行錯誤しているところです」

――今まで全国ツアーを観に来ていた方々も新鮮に感じられる内容ということですね。

太田「確実にそうなっています!……って、ハードルは上げたくないんですけど(笑)、僕らの全国ツアーはテレビでの活動を観て来てくれる方と、お笑い好きな方が半々くらいなので、どちらの方にも楽しんでもらえるようにしたいですね」

KOC出場の行方は…!?

――賞レースは意識しないというお話もありましたが、今年のKOCは出場しないんですか?

太田「いいコントができたら出てもいいのかなって思ってるんですけど、2人はその気がないみたいで……」

斎藤「僕は出なくてもいいんじゃないかなって。今までの賞レースで出し切ったというか、KOCは3年連続決勝へ進めましたし、優勝だけがすべてではないかなって。それに、ネタ番組にはちゃんと出られているので、そこまでこだわる必要はないと思ってます」

おたけ「もちろん賞レース優勝は憧れです。けど今まで1年に2本、いいネタができた試しがないので、今後挑戦するためにも今はネタを貯めたほうが……。今までのも、ネタを貯めていたら優勝できてたかもって思うんですよ」

太田「まぁ、確かに(KOC2016でやった)トイレのネタとエレベーターのネタを同じ大会でできたらよかったよね。ロバートさんも1年休んだあとに挑戦して優勝してますし、無理にチャレンジすることはないのかもしれない。だから、今回は賞レースは意識せずやってみようと思います」

――では、最後にラフマガをご覧のみなさんへ、改めて全国ツアーに向けたメッセージをお願いします!

斎藤「毎年続けている全国ツアーです。テレビとかで興味を持った方、ぜひ観に来てください」

太田「今まででいちばんお金をかけた全国ツアーになります。昨年の東京、福岡、名古屋公演はチケットが取れなくて来られなかった方もいたと聞いたんですが、今回は会場も大きくなっているので観に来てくれると嬉しいです」

おたけ「生で僕らのお笑いを観ると、また違う印象を抱くんじゃないかと思います。女性の方、来てください!」

――女性限定ですか!?(笑)

おたけ「女性がたくさん来てくれたほうがライブは盛り上がるので、ぜひ来ていただければ! 僕の新しい一面もお見せしますので、注目してもらいたいですね」

ジャングルポケット単独ライブ全国ツアー2019『バレット』

料金:前売3,500円/当日4,000円
チケットよしもと(http://yoshimoto.funity.jp/)にて好評発売中!

【開催日程】

6月9日(日)17:00開場/18:00開演
会場:東別院ホール

6月21日(金)18:30開場/19:00開演
会場:仙台市シルバーセンター 交流ホール

7月5日(金)18:30開場/19:00開演
会場:札幌市教育文化会館 小ホール

8月2日(金)19:00開場/19:30開演
会場:ルミネtheよしもと

8月16日(金)18:30開場/19:00開演
会場:大丸心斎橋劇場

8月23日(金)18:30開場/19:00開演
会場:福岡・イムズホール