10月15日(木)~18日(日)まで開催中の京都国際映画祭。今年はオンラインでの開催となりました!
ラフマガでは、公開映画にまつわる、芸人ライターコラムをお届けしています。
今回は芸人ライター天狗・横山裕之(埼玉住みます芸人)によるオンライン映画上映『たまえのスーパーはらわた』の映画談義をお楽しみください!

©京都国際映画祭
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

『カメ止め』の上田慎一郎監督作品

皆様こんにちは。
ラフマガ芸人ライター、天狗の横山です。

この作品の魅力の1つはあの『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督の作品という事です。
しかも、実は『カメラを止めるな!』の後に撮った作品という事で『カメラを止めるな!』の第2弾と言っても過言ではないのです。
(完全に個人的意見ですので上田監督には決して確認しないで下さい。)
設定は安っぽい自主制作のスプラッター映画を撮っている埼玉県さいたま市浦和区に住む映画監督志望の女子高生に埼玉県さいたま市のPR映像制作の依頼が舞い込むというお話。
どこかしら『女子校生版カメラを止めるな!』の匂いがしてきますね。
という事は面白いのは間違いないですよね。
なので、ただの地域映画とはわけが違います。

©京都国際映画祭
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

埼玉の魅力

この映画には埼玉の魅力もちゃんと詰まってます。
「浦和のウナギ」、「大宮の盆栽」、「岩槻の人形」といった特産品が紹介されている他、ちゃんとこの3つの地域の争いなんかも盛り込まれてます。
そして忘れてはいけません。
もう1つ、埼玉特産品(埼玉出身)の芸人「しずるの池田」が出ています。
さすがコントのスペシャリストだけあって演技も抜群です。
さらにキングオブコント決勝常連のジャングルポケットの3人(斉藤→千葉出身、太田→愛知出身、おたけ→東京出身)もさすがの演技でこの映画を盛り上げてくれてます。

率直にみた感想

「面白かった!」
正直、地域映画だからと期待せずに観たのですが、そんな自分を殴りたいです。
映画にしては短い時間でしたが、しっかりと練られた脚本は「さすが」の一言でした。
僕の中では「ホラー青春コメディー作品」です。(クレームは一切受け付けません)
そして主人公の「たまえ」は「さいたま市」からきたのかなぁとか、このタイトル『たまえのスーパーはらわた』は「さいたまスーパーアリーナ」からきたのかなぁとか色んな所に監督の遊び心があるような気がしました。
この作品は埼玉県民はもちろん、他県の方も是非観てもらいたい作品です。

 

京都国際映画祭では他にもいろいろな映画、ワークショップ、アートなどもオンラインで開催中!
公式サイトはこちらから!

作品概要

『たまえのスーパーはらわた』
出演:白石優愛、工藤綾乃、西沢仁太、ほりかわひろき、ジャングルポケット(斉藤慎二、太田博久、おたけ)、しずる・池田一真、春川桃菜、上妻成吾、村田綾ほか
監督・ 脚本 :上田慎一郎
制作プロダクション:吉本興業
作品情報はこちらから。


【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
【Sponsored】河本らがガチ食べ比べ