10月11日(日)、東野幸治がMC、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されました。

「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトのもと、豪華有名人・著名人を迎え、芸能ニュースから時事問題に切り込む同番組。ゲストに、石原良純、神田愛花、バカリズムを迎えました。

ロジハラの定義に松本やバカリズムが苦笑い

番組では、視聴者からの取り上げて欲しいニュースとして「ロジカルハラスメント」をピックアップ。こちらは、正論を振りかざして相手を追い詰めるハラスメントのこと。論理的に正しい指摘であっても、相手を思いやる心がない人、真っ向から正論をぶつけて困らせたり、優位に立とうとする人を指すのだとか。

例として軽く愚痴を言っただけなのに「キミに非がある」と言われた、ミスしたことは分かっているのに上司から「なぜミスをしたのか?」と怒られたなど、共感ではなく正論で返されるというエピソードが紹介されると、松本やバカリズムは「これがハラスメント?」と苦笑い。「意味が分からない!」と首をかしげます。

バカリズムは「(ロジハラを)セクハラとかパワハラとかと同じ棚に並べるのは違う」と語りつつ「ロジハラだ」と言われること自体が「ロジハラ」であると説明。「あなたの言っていることは正論です」と追い詰められているため、結果的に「ロジハラ自体が自分に返ってくる」と訴えました。

©︎フジテレビ
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

この意見に松本は「バカリズムは何も間違ったことを言っていないと思ったけど……」と言いつつ「“勝つなや!”ってことですよね」と、正してほしいのではなく、共感を求める思考の人が多いとコメント。

そんな松本も、あえて相手に勝たせて終わる時もあると言います。「『窮鼠猫を噛む』じゃないけど、急にガッとこられても怖いから、あえて股を広めにして下をくぐらすようなことしているけどな」とつぶやくと、神田が「“してあげている”という優越感?」と指摘。すかさず松本は「(その指摘こそが)ロジハラや! もうロジハラ流行って、早く終われ。2週間で終われ!」と願っていました。

正論ではなく共感を求める時代!?

アシスタントを務めた久代萌美フジテレビアナウンサーは、“アナウンサー”という立場であるものの、金髪にしたい思いがあると言います。相談を持ちかけられたバカリズムは「やめちまえ!」とバッサリ。

そうした指摘ではなく、あくまで共感を求める神田や久代アナに対し、バカリズムは「結局、答えて欲しい回答が決まっちゃっているんですよね。それとは違う意見が来たらロジハラになっちゃう」と分析します。

©︎フジテレビ
出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

このやりとりに松本は「Aの会話が始まったらAで終わらせなダメなんですよ。Bで終わらせたらほぼロジハラ」とコメント。彼の意見に、東野は、Aという会話にA’(エーダッシュ)で回答せねばならず「同じ意見を並走するのがいい」付け加えました。

悩みを言われたのにもかかわらず、共感だけで終わってしまうと「僕らの感覚だと“答えていない”ってなっちゃう」と石原。悩みを言う側からすれば、答えは求めておらず、自分の気持ちを吐きたいだけだと知った松本は「なんじゃそら!」とツッコミを入れて笑いを誘っていました。

番組概要

『ワイドナショー』
毎週日曜10:00~
公式サイトはこちら


【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
【Sponsored】河本らがガチ食べ比べ