『京都国際映画祭』は、2014年より『京都映画祭』から引き継いだ伝統と志を重んじ、「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに「新しいモノ・コト」にも積極的に取り組み、皆様方のご理解とお力添えをいただき、7年目を迎えました。
本年は新型コロナウィルス感染症の影響で、2020年10月15日(木)~18日(日)の日程でオンラインにて開催となっています。

関連記事:京都国際映画祭2020 オンライン開催決定!「『京都の生命力』を込めて発信」

 

大林監督との約束

京都国際映画祭総合プロデューサー・奥山和由が大林宣彦監督に「今度の京都国際映画祭では大林宣彦監督特集をやらせてください」と提案。監督は「それまでには元気になるよ」とこたえました。しかし、残念ながらその願いはかないませんでした。

関連記事:京都国際映画祭に寄せる総合プロデューサー・奥山氏の想い「約束どおり大林宣彦監督特集を」

 

大林映画の作り方にも迫る

今回の『京都国際映画祭』では大林監督の遺志をつぎ、大林宣彦監督のご息女・大林千茱萸(おおばやし・ちぐみ)さんをプログラム・プロデューサーにお迎えし、これまでの大林監督特集上映や、映画館で観る機会のなかった作品、今回初お披露目となる大林映画の作り方がわかる未公開メイキング映像・プライベート映像などが公開されることになりました。

 

オンライン開催だからこそできる、ここでしか観ることのできないプログラム。
是非ご覧くださいね。

イベント概要

特別企画 大林宣彦の玉手箱―ワンダーランドな空想映画館―

上映予定作品

『ÉMOTION=伝説の午後・いつか見たドラキュラ』
『海外特派員 ある映像作家の場合』 【初上映】
『四月の魚』
『四月の魚 POISSON D’AVRIL』“高橋幸宏ビデオクリップ”
『マヌケ先生』
『この空の花』英語字幕版
『この空の花:メイキング』
『野のなななのか』英語字幕版
『野のななのか:メイキング』(撮影&監修:大林千茱萸) 【本邦初公開】
『ノンフィクションW 大林宣彦&恭子の成城物語 [完全版] ~夫婦で歩んだ60年の映画作り~』
このほか、上映作品は決定次第発表されます。

京都国際映画祭2020オンライン開催の詳細はこちらから!


【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
【Sponsored】河本らがガチ食べ比べ