10月4日(日)、東野幸治がMC、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されました。

「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトのもと、豪華有名人・著名人を迎え、芸能ニュースから時事問題に切り込む同番組。ゲストに、中居正広、SHELLY、ピアニストの清塚信也を迎えました。

“玄人受けが半端ない”ジャルジャルのコント

番組では『キングオブコント2020』(TBS系)に13回目の挑戦で優勝したジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)が登場。まずはコントを披露し、スタジオの笑いを誘います。

そんな彼らに大会の審査員を務めた松本は「プロのお笑いの人でジャルジャルを否定する人っていないよね。玄人受けが半端じゃない。逆に玄人受けが良すぎて、一般の人から『よく分からない』って言われるところがあったのかもしれない。それが今回はいい感じにマッチしたのかな」と回顧。続けて「俺、ジャルジャルの先輩だと思っていない。“ジャルジャルはジャルジャル”なのよ」と熱弁すると、東野がダウンタウンの流派にはない「独特のコンビ」だと付け加えました。

松本は、毎日ネタをアップしているジャルジャルのYouTubeチャンネルを見ていることを明かしつつ「こいつら頭おかしい」と語ります。そんなYouTubeについて、ジャルジャルは1日35本撮り(1ヶ月分)、ネタの“種”状態のものをアップしているとコメント。100本撮って1本新ネタができたらいい方だと語りました。

今回、ネタを目の前で見た中居は、番組のMCをしていると、芸人にネタをしてもらうことがあるが「好みのもの・そうでないもの」があると告白。「(番組中に)『じゃあネタお願いします。どうぞ』って言った中で、一番笑いました。面白くて良かったって思いました。職人のような、アスリート的なところを感じますね」と感想を述べました。

後藤が涙を流さなかったことで…とばっちり?

清塚、SHELLYも絶賛する中、松本は「(ジャルジャルは)心がないんちゃうかなって思うやろ。この間、優勝した時に福徳が泣いていたんで“あ、福徳って泣くんや”って親近感が生まれ、その逆に(泣かなかった)後藤ってほんまに頭おかしい。ヤバイ!」とバッサリ。後藤へ「開き直って頭おかしいと認めたほうがいい。お前、ラベンダー畑を踏めるタイプやろ」とイメージをぶつけて笑いを誘いました。

ここで東野は、賞レースで結果が出ない日々で、出場自体をやめる気持ちはなかったのか質問。福徳が「賞レースに出るのをやめる発想なかったですね」と話したあと、後藤も喋り出そうとすると、松本から「ウソつくな!」とヤジが。それでも「決勝にすら行けない時は自暴自棄になっていた」と絞り出すも、松本が再び遮ります。東野は「急に(後藤への松本の)当たりが強くなった」と状況説明をして、スタジオが笑いに包まれました。

優勝後のインタビューで、コロナ禍でも劇場でネタを調整できたため、吉本興業に感謝している旨の発言をしていた、とピックアップ。この話を聞いた松本が「そっちのウソね」と合点がいった様子を見せると、2人は苦笑い。後藤が「本音ですよ。そのおかげで決勝も行けた」と熱弁するも、松本から「そのTシャツのサイズは?」と問われ「Lです」と回答。やはり「ウソつけ!」と言われ「ホンマや! 」と返しました。終始ウソつきキャラのようになってしまったことで、後藤は「なんでやろな……泣いたら良かったわ」とポツリ。会場は爆笑となっていました。

番組概要

『ワイドナショー』
毎週日曜10:00〜
公式サイトはこちら


【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
【Sponsored】河本らがガチ食べ比べ