吉本興業の人気芸人たちが集結し、大阪と京都で2日間にわたって開かれるお笑いの祭典『よしもと大笑い祭り2020』が、10月3日(土)に開幕しました。内容は盛りだくさんで、「漫才」「コント」「吉本新喜劇」で構成される豪華お笑い寄席のほか、人気番組との連動企画、この日だけのプレミアムライブ、さらには今後が期待される若手芸人たちの特別公演など見どころがいっぱい。今回は初日に行われた、注目ライブの様子をレポートします。

会場は、大阪の「なんばグランド花月」、「よしもと漫才劇場」、京都の「よしもと祇園花月」の吉本直営劇場。そして、「COOL JAPAN PARK OSAKA」(大阪市中央区)の3ホール。さらに今年は、各公演のオンラインライブ配信(有料)が実施されたこともトピックのひとつです。

レジェンドたちの新喜劇

まずはCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで行われた「よしもと大笑い祭り寄席」。海原やすよ ともこ、COWCOW、ジャルジャル、和牛、見取り図などの人気コンビが続々登場して漫才を披露したほか、川畑泰史座長に内場勝則、辻本茂雄といったレジェンドたちが登場する吉本新喜劇で楽しませてくれました。

トップバッターは見取り図。会場を巻き込んだネタで盛り上げると、続く和牛は歌やモノマネを入れたネタで笑いを取ります。キングオブコント2020で優勝したばかりのジャルジャルは、ここでもコントを披露。テンポのいいネタで観客を笑わせます。

さらに、COWCOWは息のぴったりと合ったキレのいい動きで爆笑をゲット。漫才のトリを務めたのは、やすよ ともこ。マシンガンのような勢いのあるしゃべりで、地元大阪をめぐる爆笑ネタを聞かせてくれました。

続いて新喜劇がスタート。借金に苦しむ花月旅館の面々を銀行員が救おうとしますが……というストーリーで、まずは川畑がキメ顔、そしてキレキレの動きを見せる島田珠代が会場を沸かせます。そこからボケを連発して爆笑をさらう辻本、人気ドラマのキャラにハマった内場ら、おなじみのメンバーがてんやわんやの大騒ぎを繰り広げました。

「座王」出演権を賭けた戦い

TTホールでは、人気番組『千原ジュニアの座王』(関西テレビ、毎週土曜午前1:45〜2:15)のスピンオフイベントが開かれました。題して『千原ジュニアの座王〜新星発掘!大笑い祭り編〜』です。

座王とは、ギャグやモノボケ、モノマネなどの即興ネタを競う“お笑い10種競技”。芸人たちがA・Bの2グループに分かれ、それぞれ勝ち残った2人が決勝で「座王」の座をかけて争います。

今回は、芸歴10年以下のまだ座王に出演したことのない若手、出演したものの実力を出せなかったメンバーたちが競い合い、「座王」に選ばれると番組に出演できるというルール。MCは見取り図、審査員長を笑い飯の西田幸治が務めました。

「全員おもしろかった!」

まずAグループは、やさしいズ、滝音、キャツミの登場です。東京からやってきたやさしいズは「絶対、座王です!」とやる気十分。滝音の秋定遼太郎は「座王を見るために大阪チャンネルに入った」と、こちらも気合いの入ったところを見せます。

「歌ネタ」「1分トーク」「ギャグ」などの対決を経て、Aグループの勝ち抜けを決めたのはキャツミ。西田は「みんな(番組に)出ててもおかしくない」と高評価でした。

続いてBグループは、ドーナツ・ピーナツ、チェリー大作戦、白桃ピーチよぴぴといったメンバー。こちらは、「大喜利」「効果音」「モノボケ」の対決でチェリー大作戦の宗安が勝者に決まりました。

そしていよいよ決勝戦。「モノマネ」対決は、先攻の宗安が“京都のええところで育った天津・木村”、キャツミが“セミを強く押した時に出る音”でドロー。続いてもドローのあと、“機嫌のいい朝青龍”で宗安が勝利! 西田は「全員おもしろかった!」と満足した様子でした。

25分間でモノマネ61個!

SSホールの注目公演は『モノマネし続けるライブ!!』。プラス・マイナス(兼光タカシ、岩橋良昌)、藤崎マーケット(田崎佑一、トキ)というモノマネに定評のある2組がコラボしたこのイベントには、守谷日和、ジソンシン、ダブルアートの真べぇ、二メートルズの江城豪、酎介のらぶおじさん、天才ピアニストのますみといったモノマネ自慢の芸人たちも登場し、会場は大いに盛り上がりました。

まず最初のコーナーは、プラス・マイナスと藤崎マーケットの4人による「25分でモノマネ50個チャレンジ!!」。

カウントダウンがスタートすると、まるむし商店、シルク、笑い飯などの芸人モノマネを連発する4人。霜降り明星から大木こだま・ひびき、ザ・ぼんちまで幅広い年代の芸人たちが登場したかと思うと、“なんばグランド花月で乳首ドリルされた天龍源一郎”、“工事現場の音”などのオリジナリティあふれるモノマネも。田崎の“猫”や岩橋の“ルイ・アームストロング”など、ギリギリでカウントされる危ういモノマネもありつつ、着実に数を稼いでいきます。

最後は、4人で一緒に“女子のグループが海に行ったら絶対撮る写真”のモノマネで見事50個を達成。残り5分で、さらに兼光の“死にかけの孫悟空”からの“死にかけのオール巨人師匠”といった爆笑モノマネが飛び出し、最終的に61個のモノマネが披露されました。

クオリティ高い“りゅうちぇる”モノマネ

次は「ブレイク必至!モノマネ芸人大集合」。さっそく天才ピアニスト・ますみが、登場からおなじみの“上沼恵美子”モノマネを披露して笑いを取ります。

さらに、ダブルアート・真べぇの“アメリカの映画に出てくる食いしん坊の天才ハッカー”、二メートルズ・江城の“J.Y.Park”、酎介・らぶおじさんの“悔しさを表現する堺雅人”などなど、次々と飛び出すモノマネに会場は爆笑でした。

ラストは『モノマネフレッシュ芸人オーディション!!』のコーナー。超若手芸人10人が30秒モノマネを披露していきます。最後まで残った芸人は、特典でいくつかのライブに出演できることに。

まずは、最初に出てきた“りゅうちぇる”のクオリティに全員爆笑。その後も、“ハリウッドザコシショウ”、“三四郎・小宮”、“アインシュタイン・稲田”などハイレベルなモノマネが続きますが、最終的に一番手のウォルト・あきぞうの“りゅうちぇる”が、そのまま優勝を勝ち取りました。

これで1日目の『よしもと大笑い祭り2020』は終了。10月4日(日)も、初日に負けない豪華メンバーたちが様々なライブを繰り広げます。

イベント概要

よしもと大笑い祭り2020

日程:2020年10月3日(土)・4日(日)
会場:なんばグランド花月、よしもと祇園花月・よしもと漫才劇場、COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール・TTホール・SSホール ほか

詳細は公式サイトで。

【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
【Sponsored】河本らがガチ食べ比べ