カンテレの若手ディレクターが提出した29通の企画書の中からブラックマヨネーズが一番気になった企画『バズれ!~“いいね”で人生変わる…かも?~』が特番として10月4日(日)深夜に放送されるというニュースが届きました。

SNSドリームと現実の厳しさ…

前回は老夫婦が営む創業約100年の銭湯を訪れたさや香が、SNSで銭湯ならではの裸ネタツイートを連発し、動画の再生回数は2週間で147万回を突破!
フォロワー数は10倍となり、見事バズったものの、お客さんは目標人数に届かず、「SNSドリーム」と「現実の厳しさ」のリアルが浮き彫りになりました。

今回は、コロナ禍で苦境に立たされている人たちをSNSで救うべく、2つのテーマを始動させます!

“バズれ実績者”さや香が再び

1つ目は「“オンライン花火大会”をバズらせろ!」相次ぐ花火大会の中止を受けて、オンラインで100万人に花火を見てもらいたい!という花火師の願いに、前回の“バズれ実績者”さや香が立ち上がります!
“花火がない夏”に立ち向かうべく、再び奇跡を起こせるのでしょうか!?

からし蓮根が驚きのアイデアを!

2つ目は「“エビカニ水族館”をバズらせろ!」甲殻類の展示数は日本一!なのに、現状は月300万円の赤字経営の“エビとカニの水族館”。「種類豊富なエビやカニたちを守りたい」と奮闘する館長を、からし蓮根が驚きのアイデアでサポートします!
「コロナが明けたら大勢の人に来てほしい」という願いを叶えるため、からし蓮根が考案した驚きのアイデアとはいったいどんなものなのでしょうか?

小杉、自身のSNSは…

スタジオ収録後、MCを務めたブラックマヨネーズの吉田は「最初、数十枚の“紙”だった企画書の中から3枚を選び、そこからの“いま”なので、紙から始まったと思うと感慨深いです。番組の立ち上げから成長を見ることができました」と語りました。

小杉は「すごい時間をかけてロケに行っていて、演者もスタッフ側の気持ちもすごく伝わりました。リポーターのさや香、からし蓮根も、今できることを精一杯やっていたと思います。結構、仕事を一緒にしているけど、知らない部分が出てきたので、またさや香と、からし蓮根のことが好きになりました」と優しい目線で話しました。
吉田も「ただ面白くリポートするのではなく、水族館、花火職人さんの責任ものっかっているから、大変だったと思います」と先輩としての顔をのぞかせる場面も。

自身のSNSが“バズった”経験については、小杉が「ないです~」と前置きした後で「自分のつぶやきでバズらせるのは、ホンマ大変やと思う。(番組内でバズる映像の分析をしたが)これまで自分は全く意識していなかったです。分析上で言うと、アカンこといっぱいしてた……最悪です」と反省していました。

番組の見どころについて、吉田は「今は皆が、SNSで夢が手に入るチャンスがあります。この番組はその手助けになるんちゃうかな。見て手ぶらで終わる番組ではないです」と語ります。
小杉は「前の特番を見ている人は、より一層楽しめると思うし、見ていない人も、テレビとSNSがうまく連携している番組だと思うので、じっくり見るものよし、自分のSNSを片手に見るのもよし、楽しみながら自分のSNS生活を楽しんでもらえる、何個も得がある番組です。夢により近づける番組だと思います!」と力強く話しました。

最後に、今回のタイトルが清々しいデザインであることに触れ「あの爽やかなタイトル画面なら、横浜流星くんか、永野芽郁さんが出てくるかと思いきや、ボクらが出てくるという!」と、さすがのオチで締めくくりました。

爽やかな番組かどうかはさておき、ぜひご覧ください!

番組概要

バズれ!~“いいね”で人生変わる…かも?~

放送日時:2020年10月4日(日)25:15~26:14
MC:ブラックマヨネーズ
リポーター:さや香、からし蓮根


【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
【Sponsored】河本らがガチ食べ比べ