ジャルジャル福徳秀介が小説家デビューを果たしたというニュースが届きました!

初の小説は恋愛小説

9月26日(土)に開催される『キングオブコント 2020』決勝に進出しているジャルジャルの福徳秀介が、初めての小説を書き下ろしで刊行します。
その名も『今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は』。
11月11日刊行されることが決定しました。
私生活では結婚を発表したばかり。いま注目を集める福徳秀介 による、“私小説”的恋愛小説となっています!

気になるあらすじは…

大学2年生の僕は、入学前に憧れていた大学生活とはほど遠い、冴えない毎日を送っていた。日傘をさしていつも人目を避け、青春を謳歌しているグループを妬ましく思う。友人は一人。銭湯掃除のバイトと孤独な大学生活だけの毎日。
ある日、大教室で学生の輪を嫌うように席を立つ凜とした女子に出会う。その姿が心に焼き付いた僕は、次第に深く強く彼女に惹かれていく。やっとの思いで近づき、初デートにも成功し、これからの楽しい日々を思い描いていたのだが……。
ピュアで繊細な「僕」が初めて深く愛した彼女への想いは実るのか。そして、僕の人生の、その先は……。

表紙には、第32回木村伊兵衛賞受賞の梅佳代さん撮影の、福徳秀介が以前飼っていた愛犬の写真を使用しています。
発売まであと少し。楽しみに待ちましょう!

書籍概要

『今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は』

著者:福徳秀介
定価:本体 1,500円+税
四六判並製 256 頁
詳細はこちらからチェック!

【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
かまいたち山内がブチギレ!? 【Sponsored】