9月24日(木)、ジョイマン・高木晋哉がTwitterを更新。父親としての悩みを告白し、ファンから様々なアドバイスが寄せられています。

関連記事:「好きなことを好きだと言うのって、難しくないですか」ジョイマン高木の告白に共感の声

 

何が正解だったのか…悩む高木

今回「どうしたら良かったのだろう」と、親としての悩みをストレートに綴った高木。

なんでも、娘の「サンタさんは身近な大人かもしれないと思ってる」という発言に対し、「サンタさんを信じない子にはプレゼントが来ないらしいよと。だからサンタさんを信じろ」と伝えたとのこと。これに「僕は自分の娘を脅迫したんだ」と綴っており、どうやらかなり思い悩んでいる様子です。

この投稿にファンからは、様々な角度のアドバイスが。「「サンタは遠くに住んでいるので大人が手伝っていると伝えている」というツイートを以前見て、感動した覚えがあります」といった実体験や、「無理に信じ込ませなくていいんじゃないの?」「サンタが大人かも?と発想を親に言えた事を認めてあげたら正解かもです」といったコメントが集まりました。

切ない投稿がTwitterトレンド入りに!

そんな高木は、以前には“切なすぎる”投稿が話題になったことも。

とあるクイズ番組で、ジョイマンの写真を用いて「このコンビの名前は?」という問題が出題された際、誰も答えることができなかったことを報告した高木。これを受け「2008年、ジョイマンは本当に存在していたのでしょうか」と切ない心境を吐露したところ、ファンからは応援の声やジョイマンにまつわる思い出を綴ったコメントが殺到。投稿同日にはTwitterのトレンド入りを果たすほどの盛り上がりを見せていました。

関連記事:「確かにジョイマンは存在していた」高木の切なすぎる投稿がTwitterトレンド入りの快挙

 

“サンタがいるか・いないか問題”という誰もが経験したことのある内容に、具体的なアドバイスが集まった今回の投稿でした。


【関連記事】
【感謝】ジョイマン高木が卒業を発表
【祝】ハイヒールリンゴ、報告に祝福相次ぐ
【話題】“マリトッツォ”ブームの裏で…芸人の苦悶
【衝撃】オズワルド伊藤ら“遅刻常習者”のライブで…
【写真】ミキ亜生、愛猫とのショットに違和感
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」