吉本興業ホールディングスの大﨑洋会長と、映画にもなった『ビリギャル』の著者・坪田信貴氏の共著『吉本興業の約束 エンタメの未来戦略』(文春新書)の刊行を記念して、2人が出演しているラジオ番組『大﨑洋と坪田信貴のらぶゆ~きょうと』(KBS京都ラジオ)の公開録音トークショーが開かれました。集まった聴衆を前に、吉本興業の“これから”が綴られた本の中身から、キャンペーンとして2人でまわった東北での出来事まで、ざっくばらんなトークが繰り広げられました。

ラジオから生まれた本の内容は…

「KBS京都でラジオをやらしてもらっていて、毎週しゃべっていることとかをまとめて文藝春秋から8月20日に発売されました。テレビからではなくて、ラジオから本が生まれたということがええ感じやなと思っています」

公開録音で大﨑会長は、発売されたばかりの本についてこう説明しました。

番組はKBS京都ラジオで毎週日曜日24:00〜25:00にオンエア。毎回、2人がゆる~い雰囲気のなかで、大﨑会長がかかわってきた芸人たちのエピソードや最近の出来事など、吉本興業をめぐるあれやこれやを語っています。公開録音は、9月12日(土)に開催されたKBS京都ラジオの秋まつり『秋のOneDaySpecial2020』の一環として、京都・KBSホールで行われました。

「いつも2人でやっているけど、やっぱり、お客さまの前やと緊張するねえ」

公開収録の冒頭でこうつぶやいた大﨑会長は、42年前に吉本興業に入社したころの京都の思い出や、当時の芸人たちがKBS京都でお世話になっていたことなどについて語り、「まさか自分がラジオをさせてもらうとは」と感慨深げな表情を見せます。

そして坪田氏との出会いや、坪田氏が主催している坪田塾についても説明。さらに京都の懐かしい店などを紹介しました。

途中、KBS京都ラジオでレギュラー番組がある人気コンビ・女と男の市川が登場し、相方のワダちゃんがデザインしたオリジナル帽子を2人にプレゼント。さっそく帽子をかぶった大﨑会長は、そのままトークを続けます。さらに、コロナ禍で起業したお笑いコンビ・ラフ次元も会場に紹介されるなど、収録は和気あいあいとした雰囲気で進みました。

今回出版した本は、これまでラジオで話したことのほか、イベントでの対談、あるいは新たに撮り下ろしたスペシャル対談などを構成したものです。

大﨑会長がいま「語る」理由から始まり、吉本興業が大阪、地方をどう元気にしていくか、さらには昨年来、問題になってきたタレントとの契約の在り方などについてまとめられ、そのうえで、アフターコロナの時代に吉本興業がどうあるべきかが、ときに真面目に、ときに軽妙に論じられています。社長就任時から「デジタル」「アジア」「地方創生」の3つのテーマを掲げてきた大﨑会長の頭の中にある“よしもとの未来”が、すべてわかる内容です。

東北で盛り上がる「地方創生プロジェクト」

公開録音では、9月6~8日に宮城・福島・岩手の東北三県を出版のキャンペーンでまわったときのことも話題になりました。

宮城では、仙台市にある慈眼寺住職の塩沼亮潤・大阿闍梨を訪問。塩沼大阿闍梨は、奈良県吉野の大峰山で、高低差1300メートル、片道24キロの山道を1日1往復、年間およそ120日、9年の歳月をかけて1000日間歩き続ける修行「大峰千日回峰行」を成し遂げた史上2人目の人物です。

その塩沼大阿闍梨に、かつて大﨑会長は一度だけ会ったことがあり、「そのことを思い出して、今回は坪田さんに護摩を焚いてもらおうと行った」と言います。

福島で訪れたのは、会津若松市にあるICTオフィス「スマートシティAiCT(アイクト)」。市と民間企業が連携して昨年4月に整備された最新鋭のオフィスビルです。米コンサルティング大手のアクセンチュアをはじめ、日本マイクロソフト、NEC、三菱商事など国内外の名だたる大企業が、いまこの地に集結しています。

そこで各社が進める「スマートシティ」の取り組みを知って、大﨑会長はこう語りました。

「ぼくはちょっと嬉しかったな。将来、人口も減ってきて、子どもや年寄り、障害のある人たちにとって暗いことが多くなるのかなと思っていたんだけど、ロボットやコンピュータの力で便利になるというか、幸せになるんやなというのは、ちょっと嬉しかったわ」

最後に2人が訪れたのは岩手県紫波町。「リノベーションまちづくり」を掲げ、これまでに数々の都市、地域の再生プロデュースをしてきたアフタヌーンソサエティ代表の清水義次氏が携わるプロジェクトの視察です。

人口約3万人の町が全国的に注目されているのは、国の補助金に頼らない公民連携の地域創生モデルを実践しているから。図書館や会議室、貸しスタジオにカフェや子育て支援センターを集めた施設には、地域の外からも多くの人たちが訪れるといいます。そんな取り組みを熱心に説明した大﨑会長は、「楽しかったし、感動した」と語りました。

しゃべったから、もう本読まんでエエ

キャンペーンと言いながら、フタを開けてみれば内容の濃い2泊3日の強行軍。地方のがんばり、おもしろさ、新しいアイデアなどについて熱く語る大﨑会長を横に、坪田氏がこう言います。

「大﨑さんが、地方を盛り上げたいと言って、2泊3日で勉強しに視察にいく。見習わなきゃなと思いました」

2人は公開収録のあとの生放送にも出演。本について聞かれた坪田氏は、こう言ってアピールしました。

「大﨑会長初の著書は、いままで吉本興業がやってきたことや、タレントとどう向き合ってきたかだけでなく、未来のこと、契約のことなどについても書かれていて、非常におもしろい」

その大﨑会長は「おととい取材してもらって2時間ベラベラしゃべった。もう本読まんでエエ」と笑わせ、ステージを降りるのでした。

書籍概要

『吉本興業の約束 エンタメの未来戦略』(文春新書)

著者:大﨑洋 坪田信貴
定価:本体850円+税
購入はこちらから。

トークショー情報

<金沢>
日時:10月7日(水)
時間:19:00~21:00
出演:大﨑洋、坪田信貴、ぶんぶんボウル(石川県住みます芸人)、月亭方気、伊藤もとひろ(富山県住みます芸人)、ノビ山本
<名古屋>
日時:10月8日(木)
時間: 18:30~20:00
出演:大﨑洋、坪田信貴、三ツ星ジョージ(岐阜県住みます芸人)、オレンジ・田中哲也(三重県住みます芸人)、小鈴木(愛知県住みます芸人)

【関連記事】
【祝結婚】相席・山添が語る“交際中のケイの変化”
【独占取材】相席ケイに夫の愛情ダダ漏れ
【写真】村上ショージの“美人すぎる”娘
【独占】32キロ減・ブラマヨ小杉のダイエット法
【激変】3時のヒロイン、JK時代を公開
【Sponsored】河本らがガチ食べ比べ