9月12日(土)、次長課長・河本準一がTwitterを更新。Twitterのアカウント名を変更したことを報告するとともに、その理由を明かしました。

関連記事:次長課長・河本が“手話”を勉強して思うこと「もしみんなが手話を覚えたら」

 

アカウント名をひらがなに

出典: @Junkoumon

河本は「Twitter表記をひらがなにしましたとさ。」と、Twitterのアカウント名を“こうもとじゅんいち”に変更したことを報告。

表記を漢字からひらがなに変更した理由として、河本は「10代から20代前半の若えのがずーっとカワモトさんと言うので」と10代、20代の若者に“カワモト”と呼び間違えられるためだと説明。また、「もう、30年近く間違われる名前よねぇ。カワモトで呼ばれたらもう立つもんね。」と、読み間違えられた際のエピソードも明かしました。

これに対しファンからは、「がんばれー」と応援のコメントが寄せられた一方、「かわもとくんはコントのぶおを思い出しますねえ」「のぶおの時のカワモトくんを思い出します笑」など、次長課長のコントを思い出すといった反応も集まりました。

相方の“裏切り”で死の危機?

そんな河本は、以前相方の思わぬ“裏切り”で死の危機に陥ったことを明かしました。

公式YouTubeチャンネルにてファンの質問に答えるという企画を実施した河本。「今までで一番大変だった仕事は?」との質問に、海の中でサメウォッチングをしたことと回答しました。当時、やたらとサメが寄ってくると不思議に思ったところ、なんと相方の井上が海上から餌を投げ入れていたのだとか。これには河本も「本当に危なかった」と振り返っていました。

関連記事:河本準一、相方の“裏切り”で死の危機?人生で一番辛かった仕事を告白

 

今回、Twitterのアカウント名を漢字からひらがな表記に変更した河本に対し、懐かしのコントを連想したファンも多かったようでした。

YouTubeチャンネル『次長課長 河本準一 全力バラエティ!タンメンTV。』

チャンネルURL:https://www.youtube.com/channel/UCmGb61Kq0bIoDEpTDE4IIkA

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」