コント日本一を決める『キングオブコント2020』(TBS系)が、9月26日(土)に放送されます。準決勝を勝ち抜き、ファイナリストになったのは10組。今回はコント師の顔を持ちながら、昨年の『M-1グランプリ』の敗者復活戦で強烈なインパクトを残したロングコートダディ(写真左から堂前透、兎)の決勝直前インタビューをお届けします!

昨年までは当日発表だった決勝メンバーですが、今年は装いも新たに事前発表に。今回、決勝の舞台に立つのは、うるとらブギーズ、空気階段、ザ・ギース、GAG、ジャルジャル、ジャングルポケット、滝音、ニッポンの社長、ニューヨーク、ロングコートダディの10組です。

新型コロナウイルスの感染防止対策などもあって、とにかく“異例ずくめ”だった今回の大会。苦しい状況のなかで決勝の切符を勝ち取った芸人たちの声を、連続インタビューでお伝えします。

目指すは「コント界のイチロー」!?

—まずは決勝への意気込みをお願いします。

 いま芸歴12年で去年、初めて準決勝に行けたんですけど、それまでもだいぶ苦労していたんで、「つぎ決勝へ行くのに何年かかるんやろ?」って覚悟していたくらいで……。なので、さっきようやく実感わいてきたというか……。せっかく決勝に行けたんで、あとはやるだけのことはやって……。

堂前 なんか悲しい話しているみたい(笑)。

 ちゃうちゃう。話すことが決まっていないから(笑)。すごい緊張しいなので、全力で楽しめたらいいなと思います。

堂前 去年、準決勝終わったときに「来年は(決勝に)行けるかな」って思っていました。僕は緊張しないので、このままの勢いで優勝できたらなと思います。

 (堂前が)なんか斜に構えているでしょ? 決勝決まった瞬間からこんな感じになっちゃって。

堂前 そんなことないです(笑)。

—プレッシャーを感じないのは昔からなんですか?

堂前 「プレッシャーを感じないのは昔から」という“設定”にしています。実際、感じているのかもしれないですけど、感じていないフリをしていたほうが、パフォーマンスもよくなる気がするので。

 賞レースのとき、僕はめっちゃ緊張しているんですけど、相方は昔から飄々としていたんで、「すごいな」と思っていました。でも、(堂前の)心臓を触ってみたら(強めに)バクバクバク!ってなっていたんで「隠しているだけか」と。

堂前 隠しているんじゃなくて(緊張を)背負っているって感じ。

 そう言うたら聞こえはええけどな。

堂前 これイチローが言うてたから。

 「コント界のイチロー」みたいになれたらええなと思います。

堂前 「コント界のイチロー」は言いすぎちゃうか?

いつしか兎がインタビュアーに?

—準決勝で自信がついたのは具体的にどういう部分ですか?

堂前 去年、準決勝へ行った段階で「(決勝に)行けたらええな」と思っていたんですけど、準決勝の大会関係者やお客さんに対する“顔見せ”的な部分も大事かなと思っていて。面白いとか、そういう部分が伝われば来年はいけるんじゃないかと。

 それは伝わったの?

堂前 なんでお前がインタビューしてるん(笑)?

 いいやろ別に! でも、手応えはあったんで顔見せはできたのかなって思います。

—コロナ禍のなかでネタを試す機会も少なかったと思います。おふたりにとって今年はどんな年でしたか?

堂前 3月くらいに単独ライブを予定していたんですけど、それが中止になっちゃって。今年のネタっていうのはあまりなかったんですけど、ほかの人らもみんなそうやし、みんな昔のネタをもってきていると思うので、状況的には一緒。そこまで変わらないかなって。

 みんな、“ありネタ”が多いですね。でも、イコール強いネタが多いんかなって思うんで、逆に今年の大会はレベルが高いというか……。どうなるか分からないですけど、そのなかで戦っていけたらなって思いますね。

堂前が準決勝で号泣したワケ

—同じ大阪勢の「ニッポンの社長」や「滝音」と仲がいいと聞きましたが、ともに決勝進出した感想は?

堂前 準決勝前の劇場出番が一緒で、お互いのネタを見合ったりしたので、みんなで成長できた感じがします。

 いまは自由にできるんですけど、(大阪の若手中心の)「よしもと漫才劇場」が始まった当初は、コントができる枠が少なかったんですよ。「コント師たちが一致団結していかなアカンな!」ってずっと一緒に頑張ってきた仲間なんで、今回一緒に出られてほんまに嬉しいですね。ニッポンの社長らが決勝に行ったって聞いたとき、(堂前は)泣き崩れていましたから。僕は崩れはしないですけど、ちょっと泣いて……。

堂前 準決勝まではいいですけど、優勝するのは「1組」なので悲しいですね。

 本当を言うと3組同時優勝がいいですね。ずっとライバルでしたけど、でも、今回は明確なライバルとして戦っていきたいと思います。

—堂前さんがたびたび出演しているバラエティ番組『千原ジュニアの座王』(関西テレビ系)のMC・千原ジュニアさんが、よく注目の若手芸人として、ロングコートダディの名前を挙げています。報告するなら、どんな言葉を伝えたいですか?

堂前 「やってやりましたよー!」って。でもジュニアさん、良く言ってくださるんですけど、(普段)しっかりしたコミュニケーションを取れている自信がなくて。

 俺も思う。(堂前が)『座王』でハマってずっと呼んでくださっていたんですけど、「こいつ、コミュニケーション取れてんのかな?」って思います。横におっても(千原ジュニアの前では)ぎこちなくて心配ですね。お互いに“人見知り”がすごいので。

堂前 お互いに?

 ジュニアさんも、お前も……俺も。全員やね。

 

『キングオブコント2020』は9月26日(土)、8時間生放送の特番『お笑いの日2020』の最後を飾る、19:00から放送されます。ロングコートダディの公式プロフィールはこちらから。

番組概要

『キングオブコント2020

放送日:2020年9月26日(土) 19:00~

放送局:TBS

公式サイトはこちらから。

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?