9月13日(日)、東野幸治がMC、ダウンタウン・松本人志がコメンテーターを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)が放送されました。

©︎フジテレビ
出典: ©フジテレビ

「普段スクープされる側の芸能人が、個人の見解を話しに集まるワイドショー番組」というコンセプトのもと、豪華有名人・著名人を迎え、芸能ニュースから時事問題に切り込む同番組。ゲストに、ファーストサマーウイカ、MY FIRST STORY・Hiro、占い師や歌手など多彩な顔を持つムンロ王子を迎えました。

大麻は“カッコイイ”ものではない

番組では、俳優の伊勢谷友介容疑者が大麻取締法(所持)違反の疑いで逮捕されたニュースを取り上げました。Hiroは「教育や環境問題について意欲的に活動していたのに、たったひとつの行動で無に返してしまう」とコメント。「“もったいない”というかバカらしい」と述べます。

続いて、ウイカは「手に入れられて使用できているということは、ドラッグマーケットに通じているということ」と反社会的勢力との“繋がりがある”という怖さを指摘しました。

「上岡龍太郎さんが“お笑い芸人には麻薬関係で捕まる人は少ない”と(話していた)」と述べたのはムンロ王子。芸人は人を笑わせることで一種の脳内麻薬のようなものを感じられるが、俳優は客の反応が見えず、評価が可視化できないため、錯綜するのではと言及しました。

©︎フジテレビ
出典: ©フジテレビ

そんな中、松本は伊勢谷容疑者のルックスも相まって「“カッコイイ”って思う人たちがね……。どうせこのあと警察署の前で黒いスーツに身を包んで『このたびは……』って(謝罪する)。絶対このときもカッコイイよね? 鼻くそそよがしたり、チャック全開とかしておかないとアカンと思うねん」とバッサリ。“大麻=カッコイイもの”になってしまい、憧れる若者が出てくる可能性を懸念しました。

東野は合法化されている国もあるため、麻薬が体に悪いものではないと認識している人も多いとコメント。ここで犬塚浩弁護士が「(合法化されているのは)ごく一部の国。止むを得ず合法にしている国もあります」と言い、たとえ、合法化されていても、日本国籍である以上処罰の対象になると説明しました。

約20日の拘留、執行猶予が付く可能性があると聞いた松本は「禁固1、2年のことを“しょんべん刑”って言うんですって。(今回の一件は)しょんべん刑以下。残尿刑ですよ!」と訴えます。マスコミが煽るほどの罪ではないとし、このバランスの悪さの中でコメントを求められるため「(そもそも法律の)足場がガタガタしている」とツッコミを入れていました。

浜田の暴力は高校時代に培われた!?

続いては「先輩が利用する阪急電車は一礼」「先輩への返事は『はい』か『いいえ』に限定」など、宝塚音楽学校が伝統としている不文律について廃止する意向であるとのニュースをピックアップ。

こちらは学校で決めたことではなく、伝統として受け継がれており、保護者たちが「時代にあっていないのではないか」との声があったと言います。松本は「誰が言い出したのかがポイント。父兄の人が言い出すのはちょっと違うかな」とコメント。「先輩が『もういいよ』って言うのが一番健全で、親御さんは関係ないじゃない?」と語りました。

ウイカは不文律を耐え忍んだ先輩たちは、そういう気持ちになれず「私やったら『(自分たちも)苦労したんやから、後輩も苦労せい!』って言ってしまいそう」と胸中を吐露。

松本は、全寮制の高校にいた相方・浜田雅功の例を出し「そこでは3年が神様らしくて。『3年になるまで!』って頑張るから、やっぱり(浜田が上級生になったときに)みんなをしばきまわしていた」と回顧。笑いが起きる中、東野が「寮長だった」と補足を入れると「そのままの暴力性が現在に至る。浜田さんくらいが『辞めよう』って言うたら、健全なんですけど」と持論を述べていました。

番組概要

『ワイドナショー』
放送日時:毎週日曜10:00~
放送局:フジテレビ系列
公式サイトはこちら


【関連記事】
【話題】りんたろー。兼近に「何にもわかってない」
【激似】元はんにゃ川島、息子が“あの芸人”ソックリ
【驚愕】山田花子「リビング50畳あるのに…」
【写真】ガンバレルーヤ「イッテQ」ダイエットの成果
【激変】ギャルの正体に驚き
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」