2014年より「京都映画祭」から引き継いだ伝統と志を重んじ、「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに「新しいモノ・コト」にも積極的に取り組み、今年で7年目を迎えた「京都国際映画祭」。
今年は、新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るう未曾有の事態となり、新しい生活様式が求められる中で、皆さまにお楽しみいただける方法を検討し、第7回「京都国際映画祭2020」は、10月15日(木)~18日(日)の日程でオンラインにて開催されることが決定、ラフマガでも先日ご紹介していました。

関連記事:京都国際映画祭2020 オンライン開催決定!「『京都の生命力』を込めて発信」
京都国際映画祭、中村伊知哉実行委員長の想い「オンラインを活かし世界中に発信」
京都国際映画祭に際し門川京都市長「世界中の皆様に好きな場所で楽しんでいただけるイベントに」
京都国際映画祭に寄せる総合プロデューサー・奥山氏の想い「約束どおり大林宣彦監督特集を」

 

そんな中、京都国際映画祭・アートプランナーを務めるおかけんたと実行副委員長を務める上野公嗣から、京都国際映画祭2020のご挨拶が届きました!

アートプランナー・おかけんたから皆さんへ


コロナ禍、自宅で断捨離をし不必要なものを処分していたら、私にとって必要なものはなにか?が見えてきた。衣食住は最低限のものがあれば生きることはできるが、興味を惹かれるものがなければ活きていけない。「あぁ、街に出ていきたい」。そんな衝動に駆られるなか加速していったのが、連日のテレビでの映画鑑賞と芸術関連のネットサーフィン。気が付けば朝というのもしばしば。そして外出自粛が解かれ、繁華街やギャラリーに出向いた時の解放感たるや、半端ない。
普段慣れっこになってしまって感じなかったまちの華やかさ、そしてそれを支える人々のあきらめないというパワー。今年のアートのテーマは、そんな華々しさや一輪の花のような健気さを併せ持った『華のあるまち』。そしてそれを支える方々の『げんきの源』をキーワードに、コロナ禍、オンラインでアートとその他をお届けしたいと思っています。

おかけんた

実行副委員長・上野公嗣から皆さんへ


多くの催しが「吹き飛んでしまった!」コロナ禍!
リアル? オンライン? ハイブリッド?! 第7回目の【京都国際映画祭】はオンラインで開催させていただく事になりました。
何が正解で何が不正解かが、分からない状況ではありますが、長い歴史の中で未曾有の出来事に遭遇したからこそ、新たな発見をする事が出来るのでは無いかとも思います。
地元京都の皆様のお力添えを今回も多数いただいております。
伝統と革新が交差する、この京都の地から世界に京都国際映画祭を今回は「オンライン」で発信してまいります。 
初のオンライン京都国際映画祭をお楽しみいただければと思います。

上野公嗣

 
 

詳細については、京都国際映画祭公式サイト等にて適宜お知らせがあるとのこと。
オンラインで楽しむ新しい映画祭、ぜひお楽しみに。

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?