2014年より「京都映画祭」から引き継いだ伝統と志を重んじ、「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに「新しいモノ・コト」にも積極的に取り組み、今年で7年目を迎えた「京都国際映画祭」。
今年は、新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るう未曾有の事態となり、新しい生活様式が求められる中で、皆さまにお楽しみいただける方法を検討し、第7回「京都国際映画祭2020」は、10月15日(木)~18日(日)の日程でオンラインにて開催されることが決定、ラフマガでも先日ご紹介していました。

関連記事:京都国際映画祭2020 オンライン開催決定!「『京都の生命力』を込めて発信」
京都国際映画祭、中村伊知哉実行委員長の想い「オンラインを活かし世界中に発信」

 

そんな中、門川大作・京都市長から、京都国際映画祭2020のご挨拶が届きました!

門川大作・京都市長から皆さんへ

「映画祭」という概念にとらわれることなく、「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに京都から世界へ、発信しておられる京都国際映画祭。本年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を念頭に、「オンライン映画祭」という新たな試みで開催されますことを、心から嬉しく思います。
開催に当たり尽力してこられた中島貞夫名誉実行委員長,中村伊知哉実行委員長をはじめ、全ての関係者の皆様に、深く敬意と感謝の意を表します。
今回は、オンラインならではの特性をいかし、世界中の皆様に好きな場所で楽しんでいただけるイベントとなります。
新型コロナの影響により社会や経済が大きな打撃を受け、多くの文化芸術事業も中止や延期、見直しを迫られる中、本市では、映画をはじめとする京都の大切な文化や芸術、そして、その担い手の皆様の御活動をしっかりと支えてまいります。
文化芸術の発展と新たな可能性に挑戦するこの映画祭を、どうぞお楽しみください。

門川大作

 

詳細については、京都国際映画祭公式サイト等にて適宜お知らせがあるとのこと。
オンラインで楽しむ新しい映画祭、ぜひお楽しみに。

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?