2014年より「京都映画祭」から引き継いだ伝統と志を重んじ、「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに「新しいモノ・コト」にも積極的に取り組み、今年で7年目を迎えた「京都国際映画祭」。
今年は、新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るう未曾有の事態となり、新しい生活様式が求められる中で、皆さまにお楽しみいただける方法を検討し、第7回「京都国際映画祭2020」は、10月15日(木)~18日(日)の日程でオンラインにて開催されることが決定、ラフマガでも先日ご紹介していました。

そんな中、同映画祭実行委員長を務める中村伊知哉氏から、京都国際映画祭2020のご挨拶が届きました!

中村伊知哉から皆さんへ

コロナが地球を襲いました。
1151年前に疫病退散を願って始まった祇園祭は今回、
疫病のクラスターを生んではいけないと山鉾巡業を中止しました。
それでも神事は行われました。
五山送り火は大文字が6点、妙法らは1点だけのともしびでした。
それでも灯されることに意味がありました。
出町柳から眺めました。
「映画もアートもその他もぜんぶ」。
京都国際映画祭も見習って、最大限できることを致します。
千年の文化が息づき、映画・ゲーム・アニメ、ポップカルチャーを創り続ける街。
観光人気ランキングで世界トップを競い続け、文化庁が置かれる都市。
京都を愛するみんながつながって、「ぜんぶ」を楽しみ、創ります。
オンライン映画祭という試みで、いやむしろ、オンラインを活かして、世界中に発信します。
コロナ後の、令和の形を作り出したい。
よろしゅうに!
中村伊知哉

詳細については、京都国際映画祭公式サイト等にて適宜お知らせがあるとのこと。
オンラインで楽しむ新しい映画祭、ぜひお楽しみに。

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?