コント日本一を決める『キングオブコント2020』(TBS系)が、9月26日(土)に放送されます。準決勝を勝ち抜き、ファイナリストになったのは10組。今回は、これまで3度決勝進出経験のあるジャングルポケット(斉藤慎二、おたけ、太田博久)の決勝直前インタビューをお届けします!

昨年までは当日発表だった決勝メンバーですが、今年は装いも新たに事前発表に。今回、決勝の舞台に立つのは、うるとらブギーズ、空気階段、ザ・ギース、GAG、ジャルジャル、ジャングルポケット、滝音、ニッポンの社長、ニューヨーク、ロングコートダディの10組です。

新型コロナウイルスの感染防止対策などもあって、とにかく“異例ずくめ”だった今回の大会。苦しい状況のなかで決勝の切符を勝ち取った芸人たちの声を、連続インタビューでお伝えします。

昨年出場辞退のワケ

――今年はお客さんの前でネタを披露するのも難しかったと思います。3人にとってどういう年でしたか?

太田 いまだからこそ、コントができるありがたみを感じる部分があります。この前もお客さんの数を減らして、単独ライブをやらせてもらったんですけど、吉本のガイダンスだったり、共演者に濃厚接触者の方がいたりで、(一時期)ライブができるかどうか分からない状況になりました。奇跡的に歯車があってライブを開催できて、そこでできたネタで今回(大会に)臨んで……っていう。当たり前にコントができる状況ではないなかでいただいたチャンスなので、優勝できたらなと思います。

おたけ (コロナが明けて)久々に舞台に上がったときに、1、2年目のころ(の気持ち)のような緊張感がありました。(期間が空いて)舞台の怖さを感じているので、そのあたり帳尻合わせて臨みたいなって思います。

斉藤 僕ら“お笑い”だけが特別な環境になっているわけではなく、みんな同じ状況なわけで。いろんな仕事をしている人たちが改めて初心に戻って、「頑張らなきゃいけない」って前を向いているのが現状だと思います。今年は特に『お笑いの日』(さまざまなお笑い番組がラインアップされた8時間の生放送特番)の最後の番組が『キングオブコント』なので、1日中お笑いを観てくださっている方に印象づけるような笑いをとりたいです。

――昨年は出場を辞退しました。なぜ今年は出ようと思ったのですか?

太田 (昨年は)全国ツアー用にネタを作っていたので、俺は出たかったんですけど、おたけさんはもともと出たくない。斉藤の気持ち的にも「もう賞レースはいいんじゃないか」っていうことで、多数決で負けた感じです。(昨年作ったネタは)結果的に、今年の準々決勝でやれたり、ネタ番組でやれたりしたので意味のあるツアーにはなったんですけど、今年は斉藤から「出ようか」と。

斉藤 単純に(前回の)決勝をテレビで観ていて「何やってんだろう」って思っただけですね。忙しい人たちもネタを作って、ひたむきに頑張っている姿を見て、「この職業を選んだのに、なんで戦いの場から逃げてんだろう?」「自分は芸人をやっているのに、なんであそこに立っていないんだろう?」って恥ずかしい気持ちが増してきて……。今年出ると決めたのは僕のワガママでもあったので、モメながらもそこを通してもらったっていう申し訳ない気持ちが(2人には)あります。

正直怖い……決勝の舞台

――『有吉の壁』(日本テレビ系)などで、ネタを作る作業も増えたと思います。コロナ禍でも、番組で披露するネタ作りをしなければならない状況で、結果的に成長につながったということはありますか?

太田 正直、その時間(ネタ作り)は増えていますね。集まれなかったらリモートでもやるんですけど、若手のころみたいに「どーすんだよこれ!」ってスタッフさんがいるのに喧嘩したり(笑)、“いい意味”でぶつかり合えていると思います。

(これまで)ネタに関しては、あんまり言い合うことはなかったと思います。単独ライブの稽古中、僕が書いてきた5ページの台本を見て、おたけから「2ページくらいいらねーな」って言われた時に、キレたことはありましたけど(笑)、ネタでモメることはほとんどなかったんですよ。ただ、(『有吉の壁』は)全員スベりたくなくて震えているんで、コロナになる前より、言いたいことを言い合える環境にはなったかもしれないです。

斉藤 ストレッチャーズ(番組内で披露されたジャンポケのネタ)にしても、「こういう場で何かやってください」って言われて、必死に考えなきゃ出なかったですし、基本的に「やれ!」って宿題が出ないとやらない問題児の集まりなんですよ。第7世代がいるし、上は詰まっているし、ウチらいちばん窮屈な世代だとは思うんですけど、自分たちが何かを考えて披露する番組に出続けられたのは大きいです。今年は特に、恵まれた環境に甘えずやれた年だとは思います。

――最後に意気込みをお願いします。

太田 2年前に準決勝で落ちて、昨年は不参加だったんですけど、空いた期間でネタ作りをして、改めて“優勝”という目標を掲げて参加しました。いままで以上に“優勝”にこだわって戦いたいと思います。

おたけ 意識していたワケではないんですけど、(決勝に出ていない)ここ2年間ボーッとする生活が続いていて……。

太田 長いねー(笑)。

おたけ 腑抜けというかね。もしかしたら、決勝に出られなかったからなのかなって思っています。僕は逃げ出したくなるほど緊張するんですけど、それが自分の刺激になっているのかなって。久々に生きている実感を得られると思うので幸せです。

斉藤 僕もおたけと似ていて、正直怖いんですよ(笑)。舞台とか収録だと自分の好きなようにネタをやるんですけど、大会ともなると、ひとつのミスが致命傷になりかねない。これまで「優勝したい」と口にはしていましたけど、どこか決勝に行けて満足感があったんですよ。(大会に)出ている意味を模索するなかで、長いトンネルを抜けるためには“優勝するしかない”って思いますので、そこはおたけさんにも付き合ってもらって、頑張っていただきたいなって思います。おたけさんはタレントになりたいので。

おたけ 最後に俺を落として終わるってなんなの?

斉藤 フハハ(笑)。

『キングオブコント2020』は9月26日(土)、8時間生放送の特番『お笑いの日2020』の最後を飾る、19:00から放送されます。ジャングルポケットの公式プロフィールはこちらから。

番組概要

『キングオブコント2020』
放送日:2020年9月26日(土)19:00〜
放送局:TBS
公式サイトはこちらから。

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?