2014年より「京都映画祭」から引き継いだ伝統と志を重んじ、「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに「新しいモノ・コト」にも積極的に取り組み、今年で7年目を迎えた「京都国際映画祭」。
今年は、新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威を振るう未曾有の事態となり、新しい生活様式が求められる中で、皆さまにお楽しみいただける方法を検討し、第7回「京都国際映画祭2020」は、10月15日(木)~18日(日)の日程でオンラインにて開催されることが決定しました!

今年の京都は特別な意味を持つ

©京都国際映画祭2020

そんな第7回「京都国際映画祭2020」のキャッチフレーズも決定!
「映画もアートも黙らない。」という同映画祭キャッチフレーズに込められた思いも発表されました。

©京都国際映画祭2020

また、京都国際映画祭実行委員会・名誉実行委員長を務める中島貞夫からもコメントが寄せられています。

名誉実行委員長・中島貞夫から皆さんへ

コロナ騒ぎの渦中にあって、今年の映画祭は果たして開催することが出来るのかどうか、正直言って昭和一ケタ生まれの昔人間にとっては、とんだ難題をつきつけられた思いだった。しかしとにもかくにも今の状況に合わせた形態-オンラインの使用等-による映画祭として開催に漕ぎ付けられたことは何よりであった。
未だ手探りの部分は多分にあろうかと思うが、そこは若い人たちの英知と実行力を存分に発揮して貰い、より楽しみのある映画祭に開催されればと念じている。一例を挙げれば、京都が日本映画の重要な揺籃(ようらん)の地であり、以後そこで生まれた大量にして質の高い映画作品の数々……それらは情報発信も一工夫さえすれば……。
いずれにしろ災い転じて福と為す。コロナ騒ぎの中から、ひょっとして新しい映画祭が生まれてくるかも知れない。
京都国際映画祭実行委員会 名誉実行委員長 中島貞夫

詳細については、京都国際映画祭公式サイト等にて適宜お知らせがあるとのこと。
オンラインで楽しむ新しい映画祭、ぜひお楽しみに。

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?