8月28日(金)、ぱろぱろ・大久保健がTwitterを更新。大久保が以前に東京ディズニーランド(以下、ディズニーランド)に行った際に経験した、とある“神対応”を明かしました。

関連記事:“ディズニーランド”で一度は見たことある?デニス植野、あのアトラクションの名シーンを完全再現

 

さすが夢の国!徹底した安全に感動の声

出典: @bokuo_oukob

今回大久保は、以前にディズニーランドで経験したという、とあるエピソードについて投稿しました。

園内のレストランで注文をした際、苦手な卵を取り除いてもらうように頼んだ大久保。すると、スタッフから「アレルギーですか?好き嫌いですか?」と尋ねられ……本当は好き嫌いであるものの、とっさに「アレルギー」と答えてしまったのだとか。

すると、何人もの責任者が大久保のテーブルを訪れ、質問を重ねて「世界一安全な商品」を提供してくれたと言います。

とっさに「アレルギー」と答えてしまったことで、ここまで徹底した対応をとってもらったことから、大久保は「好き嫌い直そうとした瞬間だった。」と、当時を振り返りました。

ディズニーランドの素晴らしい対応を明かした投稿に、ファンからは「素敵なエピソードですね」といった反応が寄せられていました。

フィリピンハーフコンビ・ぱろぱろに注目

そんな大久保は、お笑いコンビ・ぱろぱろとして活動しています。ドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ)にて密着取材を受けた際には、そのコンビ名に意外な由来があることを明かしました。

2人ともフィリピンのハーフというバックボーンを持ったぱろぱろは、NSC東京にて出会い、意気投合してコンビを結成。“ぱろぱろ”という名前は、フィリピンの言葉で“チョウチョ”という意味を持ち、日本のフィリピンパブでは“浮気者”の隠語としても使われている言葉だそうです。

関連記事:「ザ・ノンフィクション」密着取材のフィリピンハーフ芸人“ぱろぱろ”に大反響「応援したい!」

 

今回、ディズニーランドでの素敵なエピソードを明かした大久保。ファンからは「徹底している夢の国」といったコメントも寄せられていました。


【関連記事】
【話題】りんたろー。兼近に「何にもわかってない」
【激似】元はんにゃ川島、息子が“あの芸人”ソックリ
【驚愕】山田花子「リビング50畳あるのに…」
【写真】ガンバレルーヤ「イッテQ」ダイエットの成果
【激変】ギャルの正体に驚き
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」