8月29日(土)、藤崎マーケット・トキがTwitterを更新。後輩からの問いかけに動揺してしまったと、とあるエピソードを明かし、ファンから爆笑のコメントが集まっています。

関連記事:「逆アウトレイジ」藤崎マーケット・トキ、パニックに陥った“とある公演”を明かす

 

「ドラム習ってる?」トキの返答は…

今回トキは、後輩とのエピソードを投稿しました。

なんでも、突然「トキさんドラム習ってるんですか?」と尋ねられたそうで、どうやらトキが無意識でやっていた“貧乏ゆすり”が原因だった模様。トキは「違うんだ後輩。これはただの貧乏ゆすりなんだ。」と心の中で否定したものの、少し間を開けてから「習ってみたいけどねぇ」と返したのだとか。

静かになった部屋で両手を組んで座っている最中、また無意識にドラム演奏のような貧乏ゆすりを再開してしまったと綴り、投稿を締めくくりました。

この投稿に、ファンからは「トキさん激しすぎ笑」「面白いです」「いっそドラムを習えば全て解決」など、様々な反応が。また、日常を面白く切り取るトキのエピソード投稿に、「トキさんのツイートが日々の楽しみ」「トキさんは文字数の魔術師ですね」といった声も届きました。

トキの“中二病”エピソードも話題

Twitterでは度々クスっと笑えるエピソードを投稿しているトキ。以前には、思わず共感してしまう“中二病”エピソードがファンの笑いを誘っていました。

中学時代のトキは、「格好つけてスイッチを押していた。ポケットに手突っ込んで、無駄に雲とか見ながら。」と周りの視線を意識しながら黒板消しクリーナーを使用していたと告白。さらに、クリーナーが壊れてからは“目が悪いアピール”に路線変更したそうで、ファンからは「目が悪いのがかっこいいと思ってたあのころ」など、共感の声が寄せられました。

関連記事:思わず共感?藤崎トキの“中二病”エピソードに爆笑の声「容易に想像できる」

 

今回も、貧乏ゆすりを“ドラムをやっている”と勘違いされたというまさかのエピソードが、ファンの笑いを誘っていました。

【芸人記事まとめ】


【関連記事】
【共感】「うちだけじゃない」山田花子、息子“大号泣”の訳
【話題】おいでやす小田“有吉の壁”BiSHモノマネ
【驚愕】ニンジンの切れ端が…シンクを見て驚いた理由
【報告】りんたろー。がまさかの涙、祝福相次ぐ
【写真】もらった大根 “食べられない”理由に共感殺到
【独占】結婚生活18年「僕はラッキーなんです」