9月27日(日)、大阪・よしもと漫才劇場(以下、マンゲキ)、東京・ヨシモト∞ホール(以下、∞ホール)、東京神保町よしもと漫才劇場(神保町マンゲキ)の3劇場がコラボしたオンラインフェス『わちゃフェス2020』が開催されます。

10時間生配信される同イベントには、東西の若手芸人が多数登場。各劇場でのネタやオリジナルコーナーが楽しめるのはもちろん、劇場対抗バトルのオンライン審査に参加できるなど、盛りだくさんの内容となっています。

3劇場協力コーナー・対抗バトルには、各劇場の推薦メンバーと選抜メンバーが出演しますが、その選抜メンバーを決めるプレ公演が各劇場でスタート。8月28日(金)には、マンゲキにて『わちゃフェス2020への道〜マンゲキ編〜』が行なわれました。

関連記事:マンゲキ、徹底対策下で毎日公演リスタート!衹園木﨑「笑って幸せになって」

 

ミルクボーイや見取り図がステージに

今回のイベントでは、大喜利やクイズなどで争う『知力ブロック』、テーマやモノを使ってチャレンジする『運ブロック』、30秒の瞬間芸を披露する『特技ブロック』、動きで笑いをとる『体力ブロック』という4つのブロックで、選抜メンバーを目指して競い合いました。

オープニングにはミルクボーイ(駒場孝、内海崇)と見取り図(盛山晋太郎、リリー)が登場。「二代目EXITでございます!」と内海のコメントからスタートし、リリーがミルクボーイに「東京に行ったら華が出るっていうけど、1ミリも変わらん」とツッコミを入れるなど、冒頭から大盛り上がり。

そして、今回のイベントの説明とともに、「オンラインでチケットが1万枚売れたら、見取り図が誰かのネタを完コピする」という企画についても明かされました。

さらに、∞ホールにいる空気階段(水川かたまり、鈴木もぐら)と神保町マンゲキのネイチャーバーガー(三浦リョースケ、笹本はやて)と、イベント本番に先駆けてオンラインで繋ぐ試みも。しかし早速画面が固まり、会場からは笑いが起こります。

そんな中、水川が「わちゃフェスは『キングオブコント』決勝の翌日なので、優勝したらでっかい態度で出ます」と宣言すると、盛山は「優勝してもナダルみたいになったらあかんで」とツッコミ。爆笑に包まれる中、イベントがスタートしました。

関連記事:神保町よしもと漫才劇場も再開 令和ロマン、ネイチャーバーガーが展望を語る

 

頭を使った「知力ブロック」からスタート

最初は『知力ブロック』として大喜利やクイズ対決を実施。クイズコーナーでは、対象となった芸人のリアクションの第一声を当てる『第一声予想クイズ!』が行なわれ、ステージに内海が登場。

目隠しとヘッドフォンを着けられると、モニターには「巨大シャチでケツしばき」の文字が。そんな内海のリアクションを、バッテリィズ・角拳都が当てるという奇跡も飛び出しました。

換気休憩では、再びミルクボーイと見取り図がステージに。『M-1グランプリ2019』の裏話や、4人が会って一番キレイだった有名人など、レアなトークで盛り上がりました。

強運を持つメンバーは?

『強運ブロック』では、机に並んだペンから誰がビリビリペンを選ぶかという『エンドレスビリビリペン!』で運試し。ツートライブ・たかのりが2回当たる中、一度も当たっていない職人・こーぞーが「怖すぎてペンを押していない」とまさかのカミングアウトを行ない、笑いを誘いました。

続けて、30秒の持ち時間で何をやっても良いという『特技ブロック』。MCとしてラニーノーズ(洲崎貴郁、山田健人)、審査員としてさや香・新山、からし蓮根・伊織、ゆりやんレトリィバァがステージにやってきますが、早速ボケまくるメンバーに洲崎も心配な顔に。

そして、次々と登場するメンバーがモノマネや一発ギャグなどを披露。ゆりやんのモノマネを見せた天才ピアニスト(竹内知咲、ますみ)を、ゆりやん本人も絶賛する中、MVPには千鳥(ノブ、大悟)のモノマネをした戦士(げんせい、たむかい、銘苅)が選ばれました。

ラストは体力で勝負!

ラストは『体力ブロック』。ネイビーズアフロ(皆川、はじり)チームとコウテイ(下田真生、九条ジョー)チームに分かれ、芸人たちが競い合いました。体を使ったチャレンジで白熱の戦いとなる中、審判の衹園・木﨑もキレキレのジャッジで盛り上げます。

そして最後の『条件付き大縄!』では、全員がヘトヘトになりながらもボケたネイビーズアフロチームが勝利。4時間に及ぶ『わちゃフェス2020〜マンゲキ編〜』は終了しました。

なお、選抜メンバーの結果発表は、9月5日(土)の神保町マンゲキ、9月13日(日)の∞ホールでのプレイベント終了以降を予定しています。

ゆりやんの審査は忖度なし

イベント終了後、ラフマガではゆりやんレトリィバァ、からし蓮根(伊織、杉本青空)に『わちゃフェス2020』への意気込みを聞いてきました。

――今日の感想をお願いします。

ゆりやん「非常にわちゃわちゃしていました。いつもはネタを見てもらって、ツッコんでもらう立場なんですけど、逆の立場だったので、普段の皆さんのありがたみを感じました」

――審査員は初めてですか?

ゆりやん「はい。審査員なんておこがましい……でもやるからには、忖度なしで。大先輩なんですけど、ガチャガチャ(かんちゃん、ジョージ)さんの舞台の見せ方については減点させていただきました(笑)」

――マンゲキで注目の芸人さんはいますか?

ゆりやん「みんなおもしろすぎるんです。天才ピアニストは私のモノマネをしてくれたんですけど、コンビ自体がおもしろい。ますみちゃんはモノマネが達者で、竹内さんは絶対にいそうって人を完璧にやる。フースーヤ(田中ショータイム、谷口理)は今日、ショータイムくんがやったゆずるさん(アインシュタイン・河井)のモノマネが似過ぎていて。あと理くんがヘリコプターの音をやって、そのヘリコプターで今日のイベントを見に来るっていう設定がおもしろすぎます。刺激を受けました。

そしてMVPに選ばせてもらった戦士くんもおもしろい。千鳥さんのモノマネで、“戦士にしかできないネタやな”っていうのをやって、すごいなと」

――自身の『わちゃフェス』での目標は?

ゆりやん「舞台に出させていただく機会が減ったり、単独ライブが中止になったりっていう状況だったので、お客さんの前で何かさせてもらえるっていうのがありがたいです。とにかく楽しんでいただけるようにしたいです」

――最後にメッセージをお願いします。

ゆりやん「勝って兜の緒を締めよ!」

――ありがとうございました!

からし蓮根の注目コンビはまさかの…!?

――今日の感想をお願いします。

杉本「そうですね……このイベント、なんなんですか(笑)。みんなでわいわいやったのが久しぶりやったんで、“帰ってきたな”と。楽しかったです」

伊織「夏が始まったなって感じで、懐かしい感じがしました」

――伊織さんは審査員もされていましたね。

伊織「初めての審査員ってことで緊張したんですけど、しっかりとジャッジさせていただきました」

――マンゲキでお二人がおすすめの芸人・コンビは?

杉本「若手じゃないんですけど、今日はツートライブ(たかのり、周平魂)さんの様子がおかしかったですね。2人ともすごいテンションで(笑)」

伊織「昨日、(藤崎マーケットの)田崎さんのイベントがあったんですけど、そこで初めて賞をとられて、そこからすごくテンションが上がっていて」

――今回、3劇場共同イベントになりますが、ほかの劇場の印象は?

伊織「神保町はまだ行ったことがないんで、どんなところか見られるのは楽しみですね」

杉本「令和ロマン(髙比良くるま、松井ケムリ)とかですよね。知らない人を見られるのも楽しみです」

伊織「∞ホールはめっちゃみんな仲いいなって思います。東京の芸人さんってけっこうフレンドリーなので」

――『わちゃフェス2020』の当日の目標はいかがですか?

杉本「当日何があるのかあまり知らない(笑)。でも、しっかり盛り上げて、お笑い盛り上がってるなっていうのを発信できるようにしたいです」

伊織「無観客ですが、お客さんがいるくらい盛り上げたいです」

――ラフマガ読者へメッセージをお願いします。

杉本「オンラインでも声出して笑っていただけるようにがんばりますんで、楽しんで見てください!」

伊織「家だからって、パンツくらいは履いてくださいね」

――そのコメントでOKですか……?

伊織「えーっと、そろそろ寒くなってくるっていうことで、衣替えしながら見てください(笑)」

――ありがとうございました!

 

10時間通してのダイエット企画や3劇場の楽屋をつないでのミニコーナーなど、どこをとっても爆笑間違いなしの『わちゃフェス2020』。同イベントでは、開演より72時間見逃し視聴サービスも予定しています。

『わちゃフェス2020~よしもと東西若手3劇場の10時間ぶっとおしオンラインフェス!~』

日時:9月27日(日) 開演:12:00/終演:22:00

公式サイト:https://wachafes.yoshimoto.co.jp/

■チケットはこちらから!

【芸人記事まとめ】

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?