ラフマガでは9月3日から4日間にかけて芸人ライター記事を掲載しています!

本日のライターは何者ナノカ・裕太です。

芸人が芸人のYouTubeを紹介するとどうなるのでしょうか。では、どうぞ!

***

iPhone芸人かじがや卓哉が、自身のYouTubeチャンネルにてマスク着用中でのiPhoneの顔認証を解除する方法を解説しました。コメント欄では実践した方からの成功と感謝の声が寄せられています。

 

 

現在のFace IDの設定をリセット

まず、設定画面から現在のFace IDをリセットします。この後ある方法を使って新しく顔を認識させるのですが、この方法が目から鱗!

 

マスクを片面ずつ付けて再認証

画像のようにマスクを半分に折り、片面だけ顔に装着します(画像では顔の右半分に装着しています)。つまり右半分はマスクをした顔、左半分はマスクを外した顔をiPhoneに覚えさせるわけですね。この時の注意点が鼻の頭を出すこと。こうすることでスムーズに顔を認識します。

 

そして片側の認識を終えたらもう片方の顔を認識するのですが、この時『もう一つの容姿をセットアップ』をタップします。そして先ほどとは逆に右半分はマスクを外した顔、左半分はマスクをした顔を認識させます。当然こちらでも鼻の頭を出して認識しやすくしましょう。これらの認識方法は本来のやり方ではないため時間がかかるかもしれませんが、根気を持って試すことが重要のようです。

 

いざマスク着用のままロックを解除へ

 

動画の後半では、マスク着用のまま顔認証を解除する時の注意点に言及しています。それは鼻の頭付近を出した状態でマスクを装着すること。鼻を覆ったままでは認証してくれません。鼻の頭辺りを出した状態でiPhoneを覗き込んでみましょう。

 

すると。

 

すんなり解除ができました!

 

コメント紹介

動画内でかじがやはスムーズにiPhoneのロックを解除していました。しかし、実践してみた人はどうなのでしょうか。ここではかじがやの動画を参考に実践してみた人のコメントを紹介します。

「出来ました‼︎非常にありがたい情報をありがとうございました」「2度チャレンジして登録できました」「10回位やってやっとできた(^^)」この他にも多数の成功の声が寄せれられています。しかし一方、「こんなにわかりやすく教えていただいててるからそれ通りにやってるんですができない」「ん〜〜何回やってもできない」という声も。もともとは公式で推奨されている方法ではないので、うまくいかない方もいるみたいですね〜。

まとめ

いかがでしたでしょうか。マスクを片方ずつ装着して顔を登録し、鼻の頭辺りを出すことでスムーズにiPhoneのロックを解除していましたね。ただし、この方法ではマスクを手で直に触りますし、鼻の頭を出すことでマスクの密閉感が損なわれます。動画内でも、また動画説明欄でもそのことについての注意書きが書かれていますので、実践する際はご自身の状況やリスクを考慮するようにしましょう。

 

※画像・参考:かじがや電器店