「中田敦彦のYouTube大学」を筆頭に、累計チャンネル登録者数が300万人を突破したトップユーチューバーとして活躍を続ける中田敦彦の最新刊『幸福論 「しくじり」の哲学』が8月28日(金)に発売されるというニュースが飛び込んできました!

栄光と挫折が目まぐるしく交差

『幸福論「しくじり」の哲学』(徳間書店)

中田敦彦、その名前を聞いて皆さんはどんなイメージを浮かべるでしょうか? 
藤森慎吾とのお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」、NHK紅白歌合戦にも出演したダンス&ボーカルユニット「RADIO FISH」、そして今や多くの芸能人も参加し群雄割拠の様相を呈するYouTube界にて、トップクラスの人気とチャンネル登録者数を誇る「中田敦彦のYouTube大学」と、その活動の認識は世代によっても大きく異なるでしょう。
中田敦彦は数々の成功を収めてきましたが、しかしその道のりは実は平坦なものではなく、順風満帆と呼ぶにはあまりにかけ離れたものでした。
本書のサブタイトルに『「しくじり」の哲学』とあるように、栄光と挫折が目まぐるしく交差する人生でした。

「このままでいいのか?」ふと疑問に

オリエンタルラジオとしてデビューして間もなく、リズムネタ「武勇伝」でトントン拍子で芸能界を昇りつめ、冠番組を幾つも持つほどの人気を得ながら、ほどなく失速。話題性も仕事も激減しました。しかしそこから相方の藤森は「チャラ男」キャラで再ブレイク。続いて中田もテレビ番組 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』 の講師役が好評を博し、知性派芸人として相方藤森に負けず劣らずの再ブレイクを果たします。

しかしそんな最中のこと。中田は他のトークバラエティ番組に「ひな壇芸人」の1人として出演した際、ふと疑問を持ちます。
このままでいいのか。こうやって「ひな壇芸人」としてみんなとワイワイやるのは楽しい。それは間違いない。でもこのバブルのような状況はいつまでも続くものなのか――。

そんな疑問にとらわれたのを機に、自分のやりたいこと、スタンス、個性をより明確にしようと、芸能活動の方針を変えます。その一手がダンス&ボーカルユニット「RADIO FISH」の結成でした。
相方の藤森、中田の弟でダンサーのFISH BOYら総勢で6名からなる「RADIO FISH」は、楽曲『PERFECT HUMAN』で一世を風靡し、2016年の大みそかにはNHK紅白歌合戦にも出演を果たします。

RADIO FISHからトップユーチューバーへ

そしてさらに中田は「RADIO FISH」にとどまらず活動の領域を広げていきます。2019年4月からはYouTubeに注力。『中田敦彦のYouTube大学』と銘打たれたチャンネルは開設からわずか1年でチャンネル登録者数200万人を突破。そして2020年8月現在、チャンネル登録者数は280万人を突破し、トップユーチューバーの仲間入りを果たしました。

『中田敦彦のYouTube大学』はYouTubeの世界では「教育系」と呼ばれるカテゴリーに位置付けられています。中田はそこで「歴史」「文学」「物理」「数学」「ビジネス」といった教育系ジャンルを幅広く、独自の視点で楽しく解説。ひと口に「教育系」と言っても多彩な分野を取り込むことで、老若男女問わずファンを獲得しています。そんな中田の生活はいま『中田敦彦のYouTube大学』のための膨大な読書、そして撮影の時間と、自身が主宰するオンラインサロン『PROGRESS』の活動にほぼすべて費やされています。

本書では、中田敦彦のすべてが明かされています。初めて自ら語る家族のこと、相方藤森のこと、そしてさまざまな苦闘や喜び。自身の半生を幼少時から現在まで振り返り、「幸福とは何か?」について考察した、渾身の一冊です。
中田からはコメントが届いています。

中田敦彦から皆さんへ

『幸福論「しくじり」の哲学』(徳間書店)

ぼくにとって大きな節目になる本です。現時点でのぼくの集大成と言っていい。
成功も、失敗も、喜びも、涙も、おおよそぼくが経験したことのすべてが詰まっています。しくじってしくじって、笑われて笑われてきたぼくだからこそ、読者のみなさんに伝えられるものがあるんじゃないかと思っています。成功がすべてじゃないし、がんばることがすべてじゃない。たとえ失敗してもそのプロセスが楽しかったのなら、ぼくはそれを肯定したい。つらくてがんばれないひとがいるのなら、ぼくはそのひとを肯定したい。そうやって肯定していくことで世界は美しくなっていくのだと信じています。

タイトルどおり、この本のテーマは「幸福とはなにか」です。幸福とはなにか――。実は最近までぼくはそんなことを考えたことなんてありませんでした。でも、テレビを離れて、YouTubeやオンラインサロンの活動に軸足を移すようになって、ぼくのなかでなにかが大きく変わっていった。そしていつしか、ひとはいかに生きるべきか? という問いがぼくのなかに生まれたんです。
ぼくらはつねに成功を求めようとするけど、それを人生の基本にしようとするけど、ほんとうにそのスタンスは正解なのか。そこにしか幸福はないのか。

ぼくは「YouTube大学」を配信するようになって日々たくさんの書物に接してきました。そのたくさんの書物から得た知見も交えつつ、思索を深めてみたのが本書です。20代のぼくだったら“サクセス”のことしか考えられなかった。でもキャリアの浮き沈みを潜ったいまだからこそ言えることがある。みなさんに楽しく読んでもらえれば望外です。

中田敦彦の最新刊、ぜひチェックしてみてください!

書籍概要

『幸福論 「しくじり」の哲学』

『幸福論「しくじり」の哲学』(徳間書店)

著者:中田敦彦
発売日:8月28日(金)より全国順次発売
定価:1,350円+税
判型/仕様:新書判変型
発売:株式会社徳間書店
徳間書店のHPでの購入はこちらから!
Amazonストアでの購入はこちらから!

本書の構成

はじめに

Episode 1 ひと口のジュース
祖母がいつも見ていてくれた
最期の言葉

Episode 2 時間は噓をつかない
浮き沈みの激しい芸人人生
つねに時間は限られている
「このまま」はいつまでも続かない

Episode 3 二番目に手を挙げる
『PERFECT HUMAN 』で「紅白」に
お笑い芸人だからこそやれる音楽とは?
先行例に乗じる
弱点は個性
プロセスそのものが目的である

Episode 4 「知」は最高のエンターテインメント
中田敦彦のYouTube 大学
PDCAを高速で回す
ファンはどこにいるのか
ぼくのはるか先にいたDaiGoさん
ネタは書店にあり
落語から学ぶ

Episode 5 アイデアは準備された心に降り立つ
読書のハードルを取っ払う
時代の「エッジ」はいまどこにあるか
SNSは苦手
相方との自立した関係

Episode 6 「前言撤回」精神
寂しがり屋
ネバーエンディングスクール
無限のトライアンドエラーで磨き抜く
怖いから跳ぶ

Episode 7 「光」の魔力
いちど浴びたら忘れられない歓声の味
秋元康さんの凄み
ゲーム感覚で「数字」と向き合う

Episode 8 「自分」とは現象の蓄積である
理解とはその「歴史」を知ること
ベビーカーの上のぼく
一転して、勉強に打ち込んだ中学時代
「東大一直線」と心に決める
はたまた一転、お笑いを志す
漫才はイリュージョンを生み出す
思い知った、ネタ見せの恐怖
初めてのステージ

Episode 9 ひとりでは生きられない
ぼくの「相方」はどこだ
人間関係の「毒」は妙薬となる
藤森慎吾との出会い
「華」は努力では身につかない
ぼくらは漫才に向いていない

Episode 10 なぜ「武勇伝」はウケたのか
王道ではなく、「もどき」で勝負
セオリーを捨て、Mー1準決勝進出
ネタの精度より大事なこと
お笑いとは「波動」である

Episode 11 最強にして万能の武器は、言葉
言葉を磨かずして成功はない
世界は言葉でできている
「浮き沈み」への対処法

Episode 12 ぼくは「駄菓子」でありたい
「まだやれることはある」
ピンチのときはとにかく動く
アップデート主義
お笑いのネタ磨きは、他分野にも通じる
ぼくがやっていることはB級グルメ
正気に戻してくれた母の言葉
「ちゃん付け」で呼ばれ続けたい

Episode 13 ドラクエはレベル0から15までが楽しい
イロモノ扱いのぼく
トラブル続出のアパレル事業
「おもしろさ」とは多種多様だ

Episode 14 インプットとアウトプット
無茶するためのリスクヘッジ
絶え間ないインプットが情熱となる
6台のテレビモニターで全テレビ局をチェック
先輩に遊んでもらうのも「インプット」

Episode 15 良書には「知識」「思想」「感情」のすべてがある
読書は質、量ともに最高のインプット
ぼくの偏見を覆した文豪・安部公房
「当たり」本のインパクト
『古事記』の底知れなさ
『源氏物語』の現代性
『マクベス』『仮面の告白』のエンタメ性

Episode 16 絶対勝者なんて存在しない
オンラインサロンの化学反応
YouTubeとオンラインサロンに明け暮れる日々
強くて優しいひとになる
細部のこだわりが居心地のよさを生む
アドリブは準備の果てにある
時間内にできたものが実力
数字は数字でしかない

Episode 17 座右の書
渋沢栄一『論語と算盤』
サイモン・シン『フェルマーの最終定理』

Episode 18 普通ということ

おわりに

著者紹介

中田敦彦(なかたあつひこ) 1982 年生まれ。
2003年、慶應義塾大学在学中に藤森慎吾とオリエンタルラジオを結成。04 年にリズムネタ「武勇伝」でM‐1グランプリ準決勝に進出して話題をさらい、ブレイク。またお笑い界屈指の知性派としてバラエティ番組のみならず、情報番組のコメンテーターとしても活躍。14年には音楽ユニット「RADIO FISH」を結成し、16 年には楽曲「PERFECT HUMAN」が爆発的ヒット、NHK 紅白歌合戦にも出場した。マルチな活動はとどまるところをしらず、18年にはオンラインサロン「PROGRESS」を開設。さらに19 年からはYouTube チャンネル「中田敦彦のYouTube大学」の配信をスタートし、わずか1 年あまりでチャンネル登録者数が250万人を突破。いまもっとも注目されるユーチューバーです。

【関連記事】

りんたろー。に“妊娠7か月”報道
宇都宮まきが電撃結婚…!?
かつみ♡さゆりが緊急会見
あの芸人がついに初スクープ!?