『LOL: HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル~メキシコ版~』 4/16より日本のAmazon Prime Videoにて独占配信開始!

松本人志企画・プロデュースのPrime Original作品、『ドキュメンタル』のメキシコ版『LOL:HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル~メキシコ版~ 』(以下『LOL』)が日本のAmazon Prime Videoにて独占配信開始される事になりました!!!

『ドキュメンタル』とは

10人の芸人が参加費100万円を払い、芸人のプライドと優勝賞金1000万円をかけて笑わせ合い、最後まで笑わなかった者が勝ちという、密室笑わせ合いサバイバルで、密室に閉じ込められた芸人が、極限まで追いつめられる事で生まれる本能むき出しの笑いが大きな話題となっているAmazon Prime Videoの番組。
日本では、2019年4月現在、日本のAmazonランキング大賞2018(年間)Prime Video部門で本シリーズが1位を獲得するほど絶大な人気を誇っています。

メキシコの松本人志!?エウヘニオ・デルベス

『LOL』は、吉本興業が保有するドキュメンタルのフォーマットをAmazonにライセンスし、そのフォーマットに基づきメキシコにおける4作品目のPrime Original番組として、Amazonスタジオが現地の制作陣及び出演者と共に制作。
Amazon Prime Videoで配信されている日本のオリジナル作品が海外で制作されるのは、世界初となります。

Amazonスタジオと共に現地で制作したのは、メキシコのコメディアンであり、近年では俳優、作家、監督、そしてプロデューサーとしてハリウッドでも活躍し、アメリカのシネマコンなど国内外の賞を受賞しているエウヘニオ・デルベス氏(英字表記:Eugenio Derbez)と、共同制作会社のDerbez’s3Pas StudioとEndemol-Boomdogの三者。
昨年メキシコを含む200以上の国と地域では既に配信され、現地で大きな反響を呼んだ『LOL』。このたび日本語字幕版としていよいよ日本でも配信が開始されることになりました!

LOLってどんな番組?

エウヘニオ・デルベスはメキシコで最高の芸人10人を集め、名声を懸けて戦わせます。
制限時間は6時間。
制限時間内に参加者たちは相手を笑わせ、退場させていきます。
参加費は10万ペソ。笑わずに残った最後の1人が100万ペソの賞金を手にします。
本作は日本の大人気シリーズ、 松本人志企画「ドキュメンタル」のメキシコ版です。

出演者:
エウヘニオ・デルベス
マウリシオ・バリエントス “エル・ディアブリート”
カルロス・バヤルタ
アレックス・フェルナンデス
アレックス・モンティエル “エスコルピオン”
アレクシス・デ・アンダ
ミチェル・ロドリゲス
リリアナ・アリアガ “ラ・チュピートス”
マヌンナ
アルフォンソ・ボルボーリャ
ダニエル・ソーサ

視聴開始は4月16日。
Amazon Prime Video公式サイトをチェック!